愛はあるけどセックスレス…離婚する前に考えて欲しいセックスレス解消法

「そういえば最近、セックスレスかも…」

そう感じているあなた!実は今、「夫婦の2組に1組はセックスレス状態にある」と言われているんです。

一般社団法人 日本家族計画協会が2016年に行った調査(第8回男女の生活と意識に関する調査報告書)によると、月に1回以上セックスのないセックスレスの夫婦が47.2%に上るという数値が発表され、衝撃が広がりました。

「これだけセックスレスの夫婦がいるってことは、私たちも大丈夫!」
「愛があれば、セックスしなくても大丈夫!」

なんて楽観視していると、危険かもしれません。

「愛情があっても、性欲は別物!」セックスレスが続けば、別の相手と性欲を満たすようになり、異性関係が原因で離婚につながることもあるのです。

そこで今回は、以下についてご紹介します。

  • セックスレスが原因の離婚はどのくらいある?
  • セックスレスが原因で離婚した人はどんなことで後悔している?
  • 後悔しないためのセックスレス解消法!

セックスレスが原因の離婚はどのくらいあるの?

セックスレスだけが原因の離婚の数字は明確にはわかりませんが、セックスレスが要因の1つと考えられる「性の不調和」「異性関係」が理由での離婚は、男女ともに決して少なくありません。

平成30年の司法統計『19婚姻関係事件数 申立ての動機別申立人別 全家庭裁判所』をもとに、裁判所に離婚申立があった63,902件のうち、離婚理由としてあげられたものトップ5の理由と件数をあげます。

【夫の離婚申立理由】

1位…性格の不一致(10,438件)
2位…精神的虐待(3,370件)
3位…異性関係(2,373件)
4位…家族・親族との関係が悪い(2,294件)
5位…性的不調和(2,141件)

【妻の離婚申立理由】

1位…性格の不一致(18,268件)
2位…生活費を渡さない(13,725件)
3位…精神的虐待(11,801件)
4位…暴力(9,745件)
5位…異性関係(7,378件)

これを見ると、特に夫側からの離婚申立の理由として、セックスレスが要因となってしまう可能性が高い、と考えられます。

性的不調和」とは、セックスレスや、相手の性的嗜好についていけないなど、性的にうまくいかないことを指します。

また、「異性関係」では、たとえ夫婦として愛情があったとしても、セックスレス状態で、どちらか、または両方が性欲を別の相手で満たしたい!となった場合、夫婦以外の異性と関係を持つようになってしまい、離婚につながる可能性は十分にあります。

セックスレスが原因で離婚した人はどんなことで後悔している?

あるアンケート調査によると、離婚した人の約半数は離婚したことを後悔している、というデータがあります。このように、理由があって離婚したけれど、後悔している人も多いのです。

ここからは、実際にセックスレスが原因で離婚した人が、どういったことで後悔しているのか、についてご紹介します。

経済的に困窮して後悔

専業主婦やパート、病気やケガなどが理由で働けない人などが離婚してしまうと、経済的に困窮し、苦労することになります。

子供がいる場合は、子供を育てながら仕事もがんばることになるので、身体的にもハードで負担が大きくなります。

子供への影響で後悔

子供がいる場合、片方の親と会えなくなることで、さみしく辛い思いをさせてしまうこともあります。

また、いじめの対象になってしまったり、経済的に困窮して行きたい進路に進めないという間接的な要因にもなり得ます。親としても、片方は、子供の成長を見守ることができず、さみしい思いをする人も多いです。

しっかり話し合えばよかったと後悔

離婚という結論を出す前に、本当に離婚以外の選択肢や解消法がなかったのか、もっと話し合うべきだった、という後悔もすごく多いです。

特にセックスレスはデリケートな問題なので、話し合いもしづらいですが、ここをうやむやにしてしまっては、結婚生活を続けるのが難しくなってしまいます。

このように、離婚するということはともに生きる相手を失うことになるので、自分1人に負担がかかり、様々な場面で後悔することがあることを覚えておいてください。

関連記事

バツイチやシングルマザー・ファーザーは、それほど珍しくない世の中となってきています。結婚するときには、「こんな日が来るとは思わなかった……」と思っていることでしょう。 また、離婚のリの字もないご夫婦も、「ウチは大丈夫!」と思っているで[…]

セックスレスで離婚しないための解消法!

セックスレスの原因は様々です。原因が違えば、適切な対処法も違ってくるので、ここでは原因別の解消法をご紹介します。

多忙が原因の場合

仕事が忙しすぎて、「とにかく眠って身体を休めたい」常に「休みたい」というような状況だと、性欲よりも睡眠欲が強くなるため、どうしてもセックスする気持ちにはなりにくいです。

そんなときは、おいしい食事をとってエネルギーチャージしたり、湯船にゆっくりつかって疲れを回復させてみましょう。

それだけだとなかなかセックスに結びつかない、という場合は、お互いに肩を揉んだり、手のひらのマッサージをすると、疲れもとりつつ、スキンシップが自然に取れるので、セックスレスの解消につながりやすくなります。

関連記事

「夫にセックスを拒否される...」 夫にセックスを拒否されると悲しいですし、寂しい気持ちになってしまいますよね。 セックスレスになってしまうと愛されているかわからなくなり、「私は必要ないのでは?」と感じてしまうかもしれません。 […]

子供が原因の場合

子供が生まれると、「夜なかなか寝付いてくれない」「眠りが浅くて夜中に何度も起きる」という状況になりがちです。

そうなると、「最中に子供が起きないか気になる」「子供に睡眠時間を削られるので眠れるときに眠りたい」という心理から、セックスレスになりがちです。

そんなときは、子供を預けて2人の時間を作ってみましょう。近くに祖父母がいれば数時間預けたり、自治体の一時預かりなどを利用するのもいいですね。子

供がいる場合、夜に預けるのはハードルが高いので、セックス=夜にこだわらず、昼間もアリ!だと考えましょう。また、子供が眠ってから2人でゆっくりお風呂に入るのもおすすめです。

自分が原因の場合

結婚前と比べて、自分の魅力がなくなっていませんか?特に女性は妊娠出産などで体型が変化しやすく、産後もなかなか戻らない、という方も多いです。

また、産後はカップつきキャミソールをずっと身につけている、など下着に気を配らなくなることも多いと思います。そんなときは、自分磨きをしてみましょう。

男性は「視覚で異性を意識する生き物」、体型が崩れてしまっていると、性的な対象として見られなくなり、セックスレスになることもあります。

体型が崩れているなら、女性らしい身体になるようダイエットしたり、視覚に訴えるセクシーな下着をつけるなどを意識してみてください。

身体的原因がある場合

どんなにその気があっても、勃起しない濡れない、など身体的な問題が原因となってセックスレスになることもあります。この場合、相手に非があると考えるのは短絡的すぎます。

身体の原因には、心の状態や体調など様々な要因がからんでいることがあるので、とにかく焦らず、お互いの身体にリラックスして触れ合う時間を持つなどじっくりと向き合う時間が必要です。

関連記事

いざ行為に及ぼう!という時に、男性が勃たず気まずい雰囲気になったことはないでしょうか。そんなことになったら、自分の魅力が足りないのでは・・・と悩む女性もいるかもしれませんね。 しかし多くの場合、行為に及ぼうとしているのに勃たないなら、[…]

原因不明の場合

まずはコミュニケーションをとって、お互いの気持ちを素直に言い合える環境を作ってみましょう。その会話の中から、解決の糸口が見つかるかもしれませんよ。

それでもどうしても、はっきりとした原因がわからない場合は、「セックスを習慣化する」ことを試してみてください。

脳科学的には、食後に歯磨きをするように、「●曜日はセックスの日」など、習慣化することで、自然とセックスレスを解消できる、と言われています。

一般的には互いの気持ちやムードなど、雰囲気が大事と考えられがちですが、「習慣」にしてしまえばすんなりと解消するかもしれませんよ!

また、以下の記事では、実際にセックスレスを解消した体験談が載っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

関連記事

『セックスレス』 今や社会問題化しているこの問題を取り上げたいと思います。私も今の旦那と2年間ほどセックスレスが続いていましたがある時を界にして元の様にセックスを楽しめる様になりました。 今回はママ友を中心にセックスレスを解消し[…]

セックスレスで離婚となって後悔しないために

セックスレスは、どちらも求めていないのであればあまり問題ありませんが、どちらか一方が拒否している状況だと、拒否される側はもちろん、拒否する側も気持ちに答えられず自己嫌悪になるなど、とてもデリケートな問題です。

しかし、デリケートな問題だからといって見てみぬふりをしつづけていると、夫婦として必要なコミュニケーションもうまく取れない、ということにもなりかねません。

そうならないためにも、セックスレスにとらわれすぎずに、まずは夫婦として普段からお互いの気持ちを伝えあって、尊重してともに生きる、という姿勢を忘れないようにしたいですね。

最新情報をチェックしよう!