浮気された時の対処法と予防策!夫が憎い…そんな方はまずはこの方法を試して!

一生愛すると誓ってくれた夫が浮気していた!

なんて信じられないことですよね。あまりの衝撃でどうすればいいのか、この怒りや悲しみをどう対処すればいいのか、戸惑います。

今回はそんなとき、どう対処したらいいかを詳しくみていきます。どうすればあなたが望む結果になるのか、ゆっくり息を吸って、しっかりと考えながら参考にしていただければ幸いです。

浮気されたときの対処法

まず、浮気された!と発覚したらすぐに怒りや悲しみが湧き上がってきますよね。でもそのままそれを夫にぶつける前に、一度息を吸って考えてみてください。

どう対処するかで、今後にも大きく関わります。ショックで動揺が大きく正常に考えることは難しいかもしれませんが、いくつか紹介していきます。

まずは放置する

言葉の通りなにもしない、ということです。

特になにも触れず、今まで通りの日常生活を送る方法です。旦那を責めることもないので、揉めることを避けることができます。

子供がいたりして、今の生活を変えたくないという方は、自分が大人になって諦める女性も少なくありません。

しかし、この方法のデメリットはあなたの気持ちは冷める一方、旦那のほうも戻ってくる可能性が低いということです。

また、夫はあなたが浮気に気づいていない、または許してくれていると勘違いし、浮気を繰り返してしまう可能性もあります。

旦那の様子を観察して証拠集め

先ほどの「放置」と違うのはしっかりと旦那の行動を見ながら泳がせる、ということです。これは法的な措置をとったときのための証拠集めになります。

また、夫に追及するときも証拠がしっかりあったほうが有利に話を進めることができ、夫はしらばっくれることはできなくなります。

浮気がわかった時点ですぐに夫を責めてしまうと、夫も警戒してしまい浮気の証拠を集めにくくなってしまいます。

いったん気持ちをぐっと抑えて普段通りの生活をしながら、決定的な証拠をつかみましょう。

話し合いをする

浮気が発覚したら思い切って話を切り出して見ましょう。やはり話し合いをすることはとても大事です。

話し合いをして揉めるより、見て見ぬフリをしたほうがいいのではないか、と考える方もいますよね。

しかし、あなたの辛い気持ちはどうしますか?そこは大人になって気持ちをしまい込む、なんてことは必要ありません。人生のパートナーである夫にあなたの悲しい気持ちを分かってもらいましょう。

話し合いをする際、夫を責めすぎてはいけません。あくまで自分の悲しい、辛い思いを伝えるのみに留め、今のあなたの気持ちを夫にわかってもらうことだけに集中してください。

また、先ほども言ったように証拠をしっかりもっておくと話し合いを有利に進めることができます。証拠がないと「やっていない」と夫が言い張ってしまう可能性もあります。

お互いに時間に余裕があり、気持ちが落ち着いているときに話し合いをするのがベストです。

少しだけ自分磨きを頑張って見る

そんな気分になれないかもしれませんが、今こそやってほしいことです。夫に浮気されて、少なからず自分に自信がなくなってしまいますよね。

また、ショックでなにもする気が起きなくなっている方もいると思います。そんなときこそ自分を可愛がってあげましょう。

普段家事や育児に追われ、自分のためになにかすることが少なくなっていませんか?

ぜひずっとやってみたかったことに挑戦してみたり、趣味に没頭してみたり、自分のための時間を作ってください。

資格を取ってみるのもいいでしょう。夫に執着しなくても充実した生活を送ることで、浮気から立ち直るきっかけになります。

最終的に許すか許さないか

様々な対処法がありますが、最終的にはあなたが浮気を許すか、許さないかです。もちろん完全に許すことはできませんよね。

しかし、このままというわけにはいきません。許したふりをしてこのまま夫との生活を続けるか、やはりどうしても許せなくて夫から離れるか、その2択になります。

どちらにするにしても、夫にはなぜその選択をするのかしっかりと伝えることが大事です。どちらの選択も、とても勇気がいることです。

人生が大きく変わるかもしれません。しかしその選択した勇気があれば大丈夫です。自信を持って次のステップに進みましょう。

民法上の浮気とは?

夫婦間でも浮気のラインは様々です。

2人きりになったら浮気、明らかなラブメールは浮気、肉体関係を持ったら浮気、好きになったら浮気、など人によって浮気と思う行為は違います。

では、民法上の浮気とはどういうものなのでしょうか?

民法上での浮気の定義

法律上での浮気は、配偶者以外と肉体関係を持つことです。先ほど言ったような、2人きりになったり、メールをしたりする行為は法律上は浮気ではありません。

浮気と判断するのが微妙な事例

配偶者以外と肉体関係を持つという不貞行為は、離婚の理由として認められます。しかし、中にはその判断が微妙なものもあります。

  1. 一度きりの浮気
    もちろん一度でも不貞行為をすれば浮気なのですが、1度きりの場合、認められなかった事例もあります。理由としては、まだこれから夫婦としてやり直すことができると判断され、離婚を認めないというものです。
  2. 風俗
    金銭のやりとりがあったとしても、配偶者以外と肉体関係をもったのならそれは不貞行為になります。しかし、本番行為をしていない場合は不貞行為と断言できない場合があります。
  3. 同性
    浮気相手が同性の場合もあります。もし夫が男性と浮気をしていてもかなりショックですよね。しかし、相手が同性の場合、法律上は肉体行為があっても不貞行為とされないのです。ただ、それが夫婦の生活にどれほどの影響を与えたかによって、離婚が認められる場合もあります。
  4. 夫婦生活がすでに破綻
    すでに夫婦生活が良好でない場合も、不貞行為が離婚の理由にはならないので注意しましょう。

法的にできることは?

民法上での浮気に当てはまる行為ならば、パートナーと浮気相手の両方に慰謝料を請求することができます。

金額は数十万~数百万になります。浮気していた期間の長さや頻度、それに伴ってのあなたの精神的苦痛に応じて金額が決まります。

お金で解決できる問題ではありませんが、しっかりと法律によってしてもらうことで、少しでもあなたの気持ちが晴れるのならすることもいいでしょう。

結果的に離婚の道を選んだ方は以下の記事が参考になります。

関連記事

バツイチやシングルマザー・ファーザーは、それほど珍しくない世の中となってきています。結婚するときには、「こんな日が来るとは思わなかった……」と思っていることでしょう。 また、離婚のリの字もないご夫婦も、「ウチは大丈夫!」と思っているで[…]

夫に浮気されない再発防止のために

ここからは、この先夫婦生活を続ける人向けです。浮気されてしまい、辛いですがいつまでもその気持ちのままでいるのももったいないです。

夫婦生活を続けるという選択をしたその勇気で、前向きにいきましょう。ここでは、一度浮気をしてしまった夫の再発防止策を紹介していきます。

いつまでも「魅力的な女」でいる

どうしても家事や育児、仕事に追われ、生活が忙しいと身なりを気にしなくなってしまいますよね。妻のことを女として見ることができなくなってしまい、浮気に走ってしまう男性は多いです。

いつまでも夫に可愛いと思ってもらうために女でいる努力を忘れてはいけません。また、夫のためでなくても、可愛い服を着たり、メイクやネイルをすることって気分も上がりますよね。

そんな「女性であること」を楽しんでいるあなたは夫から見てとても魅力的に見えるはずです。

束縛しすぎない

一度浮気をしてしまうとどうしても束縛をしたくなってしまいますよね。しかし、束縛をしすぎてしまうと、逆に男性は浮気しやすくなってしまいます。あなたのことを信用しているのよ、と言って放置しすぎず、夫と程よい距離感で接するのが好ましいです。

自分の好きなことを見つける

束縛をしすぎないためにも、自分の好きなことを見つけたり、増やしたりすることで夫なしでも生活を充実させるのもとてもいいことです。気持ちのリフレッシュにもなり、充実感を得ることで、自然と素敵な女性になることができます。

居心地のいい家庭の雰囲気を作る

仕事が終わると、片付いた綺麗な部屋で、美味しいご飯と家族の笑顔が待っている、そのような理想を描いている男性がほとんどです。

女性は家事に育児に仕事にやることが山積みでそんなの無理!と思うかもしれません。共働きで、難しいようなら、週末のみでも構いません。

また、忙しくても笑顔で出迎えることは心掛けましょう。帰りたくなるような、居心地のいい家庭があれば、リスクを背負ってまで浮気をする男性は少ないです。

まとめ

いかがでしたか?今回は浮気された時の対処法について詳しくみていきました。

浮気をされてとても辛い思いをされたと思いますが、ここでどうするかで今後が大きく変わります。一度冷静になって、今後自分たちがどうありたいかしっかりと考えてから行動することをおすすめします。

あなたがたくさん考え、勇気を出して選択した答えは、どちらだったとしても間違いではありません。

きっとその決断が間違いではなかったと思う日が来るでしょう。そのとき後悔しないためにも、この記事を参考にして、今後を考えて頂けたら幸いです。