クジラ女子は潮を出し切ってからがオーガズムの始まり!潮吹き=イクではない!

潮吹きとは、女性の性感が高まった時に、尿道から体液が吹き出す現象のことを言います。

AVなどで、女性が激しく潮を吹きながらイク場面を見た時に、「あんな風に、潮を吹くほど気持ちよくなってみたい」と思った人もいるのではないでしょうか?

しかし、実際に潮吹きの経験がある「クジラ女」の女性からすると、必ずしも潮吹き=イクというわけではなく、単に性感が高まっているだけ場合も多いのです。

この記事では、潮吹きの実態と女性のオーガズムの仕組みを紹介し、潮吹きしてオーガズムに達するには何が大切なのかについて解説します。

潮吹きの経験があるのは4割程度

潮吹きの経験がある女性は、性経験がある女性の3~4割程度といわれています。あまり多くないからこそ、男性がAVなどを見て「彼女にも潮を吹かせてみたい」と思うのかもしれませんね。

そんな潮吹きの経験がある女性のなかでも、潮吹きと同時にイク人や、潮吹きが気持ちいいと感じる人は4割程度にとどまっています。

つまり、クジラ女子のうちの6割は、潮吹きすることを特別気持ちいいとは感じていないのです。

こういったデータを見ると、潮吹きと同時にイクという女性はむしろ少数派だということになり、必ずしも「潮吹き=イク」ではないということが分かります。

感じているからこそ潮吹きは起こる

「だったら、潮吹きなんて意味がないの?」と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。潮吹きで吹き出す液体は、Gスポット付近にあるスキーム線から分泌される「スキーム線液」だといわれていて、性的な快感があると分泌されます。

詳しいことはまだ分かっていませんが、このスキーム線液がたくさん分泌されることで膀胱に染み出し、性的な刺激とともに尿道から吹き出すのではないかと考えられています。

ですので、潮を吹く女性は、スキーム線液がたくさん溜まるほど性感が高まっているということになります。

潮吹きそのものは特別気持ちよくなくても、セックスの快感は十分に感じていて、オーガズムに向かっている途中であるといえるのです。

潮を吹いてからがオーガズムの始まり

ここまで見てきたように、潮を吹く女性は、むしろ潮を吹きだしてからがオーガズムの始まりであることが多いのです。

なので、潮を吹いた段階でセックスをやめてしまうと、オーガズムに達しないままで終わってしまうことになります。

せっかく潮を吹くほど感じているのに、それではもったいないし、フラストレーションも溜まってしまいますよね。

潮を吹いても今一つ気持ちいいと感じられない人は、女性がオーガズムに達するまでの仕組みについて、自分自身やパートナーに間違った思い込みがあるのかもしれません。

特に男性はAVの大げさな演出を見て、「潮吹き=最高のオーガズム」と勘違いしている人が少なくありません。

これから潮吹きに挑戦をしたいと思っている人も、彼とのセックスでもっと気持ちよくなりたいと思っている人も、まずは女性のからだの仕組みについて正しく知ることが大切です。

女性がオーガズムを迎えるまでの段階

私たちの体は、セックスによる快感で、次のような段階を経て変化していくと言われています。

  1. 興奮期
    愛撫を受けることで徐々に興奮が高まり、性器が濡れ始める段階のことをいいます。性的な刺激ですぐに興奮する男性と違い、女性は時間をかけた丁寧な愛撫やムードが必要になります。
  2. 高原期
    性器全体がぽってりと膨み、膣の入り口が開いてペニスを受け入れられる段階のことをいいます。女性が潮を吹きはじめるのは、快感が高まってペニスの刺激も加わる、この頃からになります。
  3. オーガズム期
    挿入や愛撫で快感が高まるとオーガズム期に入り、いわゆる「イク」という状態に達します。一度射精したらオーガズム期が終わってしまう男性と違い、女性は何度も繰り返しイクことができます。

このように、女性は時間をかけて快感を高めると潮を吹いたり、何度もイケる「イキっぱなし」の状態になることもできるのです。彼と潮吹きに挑戦してみたいという人は、こちらの記事も合わせて読んでみてください。

関連記事

あなたは女性に潮を吹かせた事がありますか?女性であれば潮を吹いた事はありますか? 潮を吹いた経験のある女性は35%程度と言われています。『AVではよく見かけるけど実際体験したことがない』という方がほとんどではないでしょうか。 そ[…]

女性用風俗についてはいかが参考になります。

関連記事

最近、巷で噂になっている謎の新業態…女性用風俗。特に東京や横浜を中心に人気急上昇中とのことですが... 一体、どんな事をしているのでしょうか?プレイ内容は?料金は?どんな業態?ホストとは違う? 好奇心はあるものの実際に行くのは…[…]

潮を吹きできるようになるには?

ここからは、潮吹きを体験してみたいという人のために、潮吹きをしやすい人の特徴ややり方について解説していきます。

潮吹きができる人の特徴としては、次の3つがあげられます。

  1. リラックスできる
    女性がセックスで快感を得るには、精神的にリラックスしていることが重要です。そのためには、相手が信頼できる男性であること、裸や対する羞恥心が少ないことなどが条件としてあげられます。
  2. Gスポットが感じやすい
    スキーム線液を分泌するスキーム線はGスポットの付近にあるので、潮を吹くためにはGスポットへの刺激は欠かせません。指でGスポットを刺激したり、バックや騎乗位などのペニスがGスポットに当たりやすい体位もおすすめです。Gスポットへの刺激や中でイクのが好きな人は、潮も吹きやすいと言えます。
  3. 潮を吹くことを怖がらない
    潮が出そうな時というのは、おしっこを我慢しているような落ち着かない感覚になります。そこで「もらしてしまうのではないか?」と恐れて、その感覚を我慢してしまうと潮は吹けません。男性にとっては、彼女が感じて潮を吹くのは嬉しいことですので、我慢せずに出してしまいましょう。心配な人は、万が一尿が出ても困らないお風呂などで試してみるのもおすすめです。

他にも、子供を産んだ女性や性的な経験が多い女性の方が、膣内で感じやすいため潮を吹きやすいことが多いようです。もっと体を開発して潮吹きを体験してみたい方には、こちらの記事がおすすめ。

関連記事

AVを見る人なら誰でも「潮吹き」を一度は見たことや聞いたことがあるのではないでしょうか。 AVでしか見たことのない噴水のような潮吹きってとっても気持ち良さそうで、憧れますよね。 今回はそんな憧れの気持ちのいい潮吹きができるトレー[…]

潮吹きにこだわるとイキにくくなる場合も

潮吹きは女性が感じているサインではありますが、体質的なものや精神的な要素も大きく影響します。彼と潮吹きに挑戦するのはいいのですが、潮を吹くことにこだわりすぎるとそれがプレッシャーになって、かえって感じにくくなってしまうことがあります。

また、Gスポットや膣への過剰な刺激は、痛みを感じたり、膣を傷つけてしまうことがあるので注意してください。

指で刺激する時は爪を切って清潔にしてもらう、あなたが嫌がるおもちゃを無理に使わないといった、最低限のマナーは守ってもらうようにしたいですね。

あなたが嫌なのに彼が無理に潮を吹かせようとする場合には、我慢しないで嫌なものは嫌だときちんと伝えることが大切です。

まずは、潮吹き=イクではないことや、女性がオーガズムに達するには時間がかかることを彼に理解してもらうようにしてください。

関連記事

女性用風俗で200人以上の女性をオーガズムに導いたトレーナーより『女性がオーガズムになるまでの平均時間』を聞きました。 [outline] オーガズムの定義 中イキの場合 女性は男性と違い、オーガズムになったかどうかが非常にわか[…]

どうしても自分で潮を吹けない場合はプロにお任せも…

どうしても自分で潮を吹けない方は女性用風俗を利用して、プロのセラピストにお願いをして見るのもありかもしれません。

ただし潮吹きもまずは中イキを経験しておかないと難しいこともあるので自分で中イキの感覚を少し磨いてみるといいかもしれません。以下の記事が参考になります。

関連記事

これまで経験がある方はさておき、中イキができずに迷っている方や初めて中イキを経験しようとしている方は多いのではないでしょうか? 今日はまだ中イキを経験したことのない方へ向けて、必ずできる中イキ開発方法を解説してゆきます。 [ou[…]

まとめ

潮吹きの経験がある女性は全体の3~4割程度で、そのなかでも潮吹きと同時にイク女性は半数以下と少ないのが現実です。

しかし、潮を吹くのはたくさん感じているからで、そのまま続ければ、オーガズムに向かって昇りつめていくことができます。

潮を吹くのはGスポットの感度が重要ですので、潮を吹いてみたいと思う女性は、オナニーで刺激するなどしてみてください。

彼と一緒に挑戦する場合には、まずはあなたの気持ちや女性のオーガズムの仕組みをよく理解してもらうことが大切です。以下の記事も併せてご覧ください。

関連記事

みなさんはセックスのとき、挿入にどれくらい時間をかけていますか? 前戯はしっかりしているけれど、挿入時間は短いかも…という男子は要注意!女子はひそかに不満を募らせているかもしれません… [outline] 挿入時間の理想と現実[…]