女性側からセフレを作る方法!?楽しく安全なセックスライフを手に入れる

「最近シてないな…」「ムラムラしてきたな…」なんて思うことありませんか?性欲が溜まってきても、欲を満たす相手がいないと結局一人ですることになっちゃいますよね。

本命の相手ではなくても一時的な欲を満たすだけの都合のいいセフレ相手が欲しい!そんな思い抱える女性は少なくありません。しかしただセフレを作るだけでは”なんだか不安・・・”。

そんな思いをなくし、安全に女性がセフレをゲットするための方法を紹介します。私は実際にこの方法を試して、楽しく・安全にセックスライフを堪能しています。皆さんも是非試してみてください。

出会いを増やす方法3つ

では実際にセフレと出会う方法について説明をします。

セフレを作るにはまず出会い系アプリを使用する人も多いかと思いますが出会い系アプリを使う前に実践すべきことがあります。

ただ何も考えずセフレを作るだけでは身の危険を晒すことになりますので是非実践してみてください。

身だしなみを整える

まずせフレを作るには身だしなみを整えるようにしましょう。セフレを求める男性は”できれば可愛い女の子がいい””清潔感のある女性がいい”などある程度条件を持った上でセフレを探しています。

一夜限りの関係であろうと多少身だしなみを整え清潔感のある女性でなければ相手の男性もムラムラしません。もし継続的に関係を持ちたい場合はさらに身だしなしを整え、セフレに「また抱きたい」と思われる女性にならなければいけません。

男性にとってセフレにする女性は他に選択肢があるわけですから油断していると別のセフレに気持ちがチェンジしてしまう可能性があります。

さらに本命の彼女を作ってしまい、自分と一夜を共にしてくれなくなる可能性も・・・。そんな可能性を出来るだけ減らすために以下の3つを徹底するようにしましょう。

  • 全身毛の処理をする
  • 口臭ケアをする
  • 化粧の研究をする

さらにセフレだからと雑な扱いをせずしっかりと相手を一人の人間として扱うようにするとせフレとしての関係を長続きさせることができるでしょう。

飲みの場に積極的に参加する

身だしなみを整えた後は出会いの場を増やすために飲みの場に積極的に参加をするようにしましょう。

飲みの場ではお酒が入りやすく夜遅くまで時間を共にすることができます。夜遅くまで時間を共にするということは「終電がなくなる」、相手がお酒を飲んでいない場合車で「家まで送ってくれる」可能性が出てきます。

飲み会の間に出来るだけ距離を縮め「恋人・妻子はいないか」だけ確認をしておくようにしましょう。もし「いないよ」と返事が返ってきたら、狙いの男性との距離を縮めていきましょう。

できるだけ相手の顔を見て話を楽しそうにする、聞くようにしましょう。そしてさりげなくボディータッチをしておくと「この子俺のことが好きなのかな」と意識してくれます。

そうすることで、いざ飲み会がお開きになり終電がなくなった場合は一緒に帰る約束もしやすくなりそのまま彼の家にGO♡なんてこともしやすくなります。

また一緒に飲んでいた友人も一緒に家まで車で送ってくれる場合は、一番最後に家へ送ってもらうように誘導します。「私の家遠いから一番最後でいいよ」などと言い、相手の男性密室で二人きりになれるように誘導します。

二人きりになることで男性はドキドキし、エッチな気持ちに誘導しやすくなりますのでぜひ試してみてください。飲みの場が解散になる前に連絡先を交換しておくことで、関係を長く続けるきっかけを作ることができますよ♡

出会い系アプリを使う

もし「飲みの場が苦手」、「もっと手っ取り早くセフレが作りたい」タイプの女性は出会い系アプリを使うことをお勧めします。

出会い系のアプリではセフレを作ることを前提にメッセージでやりとりを始めることができるので、時間に無駄なくセフレを作ることができます。

しかし出会い系のアプリやセフレを作るようなサイトで使用するプロフィール画像は顔全体を写さないようにしましょう。

アプリでは位置情報を使用して近くにいる相手をマッチングしてくれます。そのため同じサイトやアプリに登録している友人や近隣の人に顔バレしてしまい、犯罪に巻き込まれる可能性があります。

楽しく安全な関係を築くセフレの3つのタイプ

楽しく安全にセックスライフを楽しむためには、むやみやたらに男性と体の関係を持てば良いというわけではありません。

楽しく安全な関係を保つために欠かせない3つの要素を今回は紹介しますのでセフレを作るときに参考にしてみてください。

誠実な人

まず1つ目、ズバリ誠実な人です。誠実な人とは簡単に裏切らない人です。裏切らないと言ってもセフレの関係を一方的に解消する裏切り行為をしない、というわけではありません。

しっかりと自分と相手のことを考え、紳士に対応をしてくれる男性のことです。このような男性はあなたの体を大切にしてくれます。

せっかくセフレをゲットしたのに「避妊をしてくれない」、「全然尽くしてくれない」、そんな男性であればきっぱりとお断りして次の男性を見つけましょう。

体だけの関係だと”割り切っている男性“だと女性に対する扱いも雑で、欲が満たせればなんでもいい、と誠実な心を持っていません。

それではあなたの心が満たされるだけでなく体が傷ついてしまいますので辛い思いをする前にしっかりと見極めておく必要があります。

女性関係が少なそうな人

出会い系のアプリでセフレに出会う場合、この質問をするのはなかなか難しいかもしれませんが「何名くらいの女性と関係を持ったことがあるのか」こっそりと聞いておくことをお勧めします。

女性関係が多い人は、女性の扱いが上手で優しいエッチをしてくれる傾向があります。しかし多くの女性と関係を持っている分、数多くの性病にかかっている可能性があるのです。

性病によっては相手の性器を口に含むだけで感染してしまう可能性もありますので気をつけるようにしましょう。以下でも解説しています。

関連記事

現代では、若い女性にも広がる性病。実際に「性病にかかったかも?」と感じていて、誰にも相談できず、不安な人もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、主な性病と、その症状や移り方など、詳しく解説していきます。正しい知識を知って、対処方法[…]

そのためセフレにするのであれば食事や飲みの場でしっかりと過去の異性関係について話し合った後行為に及ぶ、もしくは過去の異性関係をよく知る友人屋知人をセフレにするほうがより安心でしょう。

また避妊に失敗した時などにも知人や友人、家を知っている相手の方が安心して行為に及ぶことができますよ。

ある程度経済的に余裕のある人

経済的に余裕のある人と体の関係を持っておくと、もし避妊に失敗した時などにも逃げられたりする可能性が下がります。

経済的に余裕がないとわかっている上で妊娠に失敗してしまうと自分が辛い思いをしてしまいます。

セフレを作る前に抑える4つの重要ポイント

セフレを簡単に作るには要注意です。そのためせフレを作る前にこれだけは守ってほしい4つのことを紹介します。

この4つを実行しておくだけで、セフレとのセックスライフを楽しく安全に過ごすことができますので是非行ってみてください。

既婚者・恋人持ちはNG

これは自分の身を守るために守らなくてはいけないことです。既婚者と体の関係を持ち奥さんにそのことがバレた場合、かなりの慰謝料を請求されます。

また子供がそのせフレにいる場合は子供の今後の将来にも影響を及ぼしてしまいますので既婚者は避けておく必要があります。

恋人持ちの男性の場合慰謝料を請求されることはありませんが、女の修羅場はとても怖いので事前に修羅場を防ぐために彼女持ちには手を出さないことをお勧めします。

関連記事

一生愛すると誓ってくれた夫が浮気していた! なんて信じられないことですよね。あまりの衝撃でどうすればいいのか、この怒りや悲しみをどう対処すればいいのか、戸惑います。 今回はそんなとき、どう対処したらいいかを詳しくみていきます。ど[…]

避妊の方法を知っておく

皆さんは避妊の方法いくつ知っていますか?男性器に装着するコンドームや女性の膣内に装着する避妊具、避妊のためのピルなど様々な避妊方法があります。

どれだけ女性側が避妊に気を使っていても、セフレは何も気にしていない可能性が高いです。「コンドームをつけた」と偽り、リングをつけあたかもコンドームをつけているように見せかけ中出しをする男性がいたり、バックの体位になった際にコンドームを外す男性がいたりします。

もし不意に中出しをされてしまった場合。48時間以内に産婦人科やレディースクリニックへ行き、アフターピルを処方してもらいましょう。必要なものは保険証です。病院によって処方されるアフターピルが違うため、値段も異なりますが相場は約20000円です。

「高い」と感じるかもしれませんが、もし身ごもってしまった場合は出産するだけでも30万円以上かかります。そのためもし不意に中出しされてしまった場合は必ず病院へ行きましょう。

アフターピルは保険が効かないため相場が20000円と高いですが、保険が効かないのでアフターピルが処方されたことが記録として残りません(初診のために保険証が必要なだけです)。そのため両親や身内にバレずに処方してもらうことができるのです。

自分の体に危険を感じた場合は、ためらうことなく病院へ向かうようにしましょう。

関連記事

みなさんは普段から性病予防に気を付けていますか? 決まったパートナーとしかしないという人なら、あまり気にすることもないかもしれませんが、パートナーがいない人だとあまり知らない人と関係を持ってしまう事あります。 そんな時に気をつけ[…]

定期的に性検診を受けよう

性的な関係を持つことは、セフレが過去に関係を持った相手の病気も自分に移ってしまっている可能性があります。そのため定期的に性病の検査を受けるようにしましょう。

この検査は保険が適応するので安く行うことができますし、子宮頸ガンなどの検査も行うことができるので自分の体をよく知るきっかけにもなります。

またHIV検診に関しては保健所で無料にて利用が出来ます。

関連記事

皆さん全国の保健所でHIV検査が無料で受けられるって知っていましたか? [outline] 検査までの流れ 検査は基本的には予約制ですが、予約が不要な保健所もあるそうです。 こちらから検索できます。 また診療時間は、平[…]

本気の恋をしない

体の関係を持ってしまう女性によくあるのが、「セフレに恋をしてしまう」です。セフレはあなたを性欲を解消するためのパートナー、という前提で関係を持っています。なぜその前提で関係を続けているのかというと”楽”だからです。

恋人を一から作り体の関係に持っていくのは長い時間がかかるもの。その手間を省くためにセフレという関係を続けているのです。

そのためそれ以上の関係を求められれば、「めんどくさい」と思われ関係を切られてしまう可能性があります。自分の気持ちを大切にするためにも、”割り切って”関係を続けるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

自分の体を大切にしつつ、ムラムラした気持ちを解消するために今回紹介した重要なポイントを押さえつつセフレを作ってみてください。