性病予防の総集編!コンドームの使い方からピルのデメリットまで専門家が解説!

みなさんは普段から性病予防に気を付けていますか?

決まったパートナーとしかしないという人なら、あまり気にすることもないかもしれませんが、パートナーがいない人だとあまり知らない人と関係を持ってしまう事あります。

そんな時に気をつけるべきなのが「避妊対策」の他に「性病予防」です。今回は性病予防について、どんな対策をするべきなのか性病予防の専門家が解説していきます。

ピルだけではNG!ピルと性病について知ろう

みなさんの中には、さまざまな目的でピルを使っている人もいるでしょう。ピルを使っているから避妊対策はバッチリ!そう思っている人もいるはず。しかし避妊はできたとしても性病予防の観点から言うとピルだけで安心していてはダメなんです。

避妊には効果的!

ピルは正しく使っていれば、確かに避妊にはとても効果的です。数ある避妊方法の中でも、トップクラスの避妊率を誇る方法です。ですからパートナーが変わりやすい人や、複数の人と関係を持っている人でも、ピルを服用していて妊娠しないからコンドーム無し、いわゆる「生」で行為に及んでいることもあるのではないでしょうか。しかしそれは危険な考え方であることを知っておきましょう。

性病予防にはならない

なぜピルを服用しているからと言って、コンドーム無しで性交渉をすることが危険なのでしょうか。それはピルを服用していれば、妊娠については心配がないものの、性病には感染してしまうからです。なぜならピルには性病予防の効果はないからですね。

もちろん恋人や配偶者としかしないという人なら、妊娠を望まないときにピルを使って性交渉を楽しむのも良いでしょう。しかしそれ以外の人とすることもある人は、たとえピルを飲んでいてもコンドームを使うべきなのです。

コンドームは避妊だけではなく性病予防にもなる!

前述のとおりピルを飲んでいても、複数の人と関係を持っている人はコンドームを使うべきです。ここからはそのメリットとコンドームについてご説明していきます。

ピルを飲んでいてもコンドームを使うメリット

前述のとおりピルは避妊にはなっても、性病予防にはなりません。ところがコンドームには性病予防の効果もあるんです。性病というのは、セックスによって感染する病気です。例えばクラミジアや淋病は感染者数がとても多い性病です。

クラミジアなんかは放置すると不妊の原因にもなる怖い性病です。また、HIVもセックスで感染することのある病気ですね。こうした性病のほとんどが、直接性器と性器や体液が触れ合うことにより感染するため、コンドームを使って直接触れ合うことを防げば、性病予防になるのです。

もちろんコンドームを使っても性病に感染することはあります。例えば毛ジラミやオーラルセックスによる咽頭クラミジアの感染は、コンドームを使っても防げません。しかし、それでも危険な性病のほとんどが、コンドームを使うことによって感染確率がぐっと下がるのです。

ですからピルを使った避妊をしていても、複数人と関係を持ったり、パートナーがよく変わったりするという性病感染リスクがある人は、日常的にコンドームを使うべきなのです。

正しいコンドームの使い方が重要

コンドームを使っている人の中には、最初はコンドーム無しで挿入をし、射精をする少し前からコンドームをつけるという使い方をしている人もいるでしょう。しかし、これは絶対NGです。

例えば『今は子供は要らないけど、もし妊娠してしまったら産む』という夫婦や結婚目前のカップルなど、妊娠も考慮に入れている場合は良いかもしれません。しかし、しっかりと避妊をしたい場合、絶対NGです。

直接射精をするよりは妊娠確率は減りますが、避妊にはなっていませんし、直接性器・体液が触れ合うので性病には感染します。ですからコンドームは挿入する前からしっかり着けて使うようにしてください。

セックスライフを楽しめるおすすめのコンドーム

「コンドームを使うとセックスを楽しめない」「あまり気持ちよくない」なんて感じている男性は多いものです。実際感度の面で言うと、コンドームがある方が感度は落ちます。そこでおすすめしたいのが、とても性病予防に有効コンドームです。今回は2商品に絞って、おすすめコンドームをご紹介します。

1つ目のおすすめが女性向けのラブグッズ販売でとても有名なLCが販売している「うすぴた2500(12個入り)」天然ゴム100%を使用することで、やわらかい使用感・密着度を実現。「特殊二段くびれ」によって、コンドームの脱落を防止します。女性にとっては、女性向けラブグッズ販売の老舗LC発祥なのも嬉しいポイントですね。

うすぴた2500(12個入り)
1,254(税別)

そして2つ目のおすすめは極薄コンドームで非常に有名なサガミの「サガミオリジナル001」です。こちらはなんと0.02mmという超極薄でこれだけ薄いのに、強度は従来のコンドームの3〜5倍ですから、薄くても安心です。お互いの体温を感じられるほどの薄さで、まるで「生」のようだとユーザーからも好評です。

0.02EX(6個入り)
971(税別)

まとめ

今回は性病予防の観点から、ピルやコンドームについてご説明しましたが、いかがでしたでしょうか。不特定の相手とセックスを楽しむことは悪いことではありません。

時にはそんなシチュエーションに陥ることもあるでしょう。しかしそこにはリスクがあることもしっかり理解し、必要な対策をして思う存分行為を楽しんでくださいね。

またもし何か心配事や思い当たる行為があった際は全国の保健所でHIV検査が無料で受診できます。以下に詳細を書いているので併せてご覧ください。

関連記事

皆さん全国の保健所でHIV検査が無料で受けられるって知っていましたか? [outline] 検査までの流れ 検査は基本的には予約制ですが、予約が不要な保健所もあるそうです。 こちらから検索できます。 また診療時間は、平[…]