初めての舌ピアスの開け方!メリットや感染症など注意点を解説

オシャレをすると決めた時最初に思いつくのがピアスってこと多いですよね。

ピアスからボディーピアスに移行するのはオシャレな人なら普通の道筋なのですが、そこからさらにもっとオシャレにとなっていくと、舌ピアスやへそピアスにたどり着くわけです。

なので、舌ピアスをしている方はかなり個性的なオシャレを楽しんだりしていますよね。

またエッチなお話になるとフェラをしたとき男性がいつも以上に喜んでくれるというメリットも。

この辺のお話は後半に詳しく説明させてもらうとして、まずは初めての舌ピアスの開け方をご紹介していきます。

安全に舌ピアスを開けたい方必見!

初めて舌ピアスを開けるのって結構勇気が必要だったりします。

耳に開けるのと違って舌はいろんな神経や血管が通っているので、ピアスを開けるにしても一歩間違えるととんでもないことになりそうで怖い場所でもあります。

なので、ここで安全な舌ピアスの開け方をご紹介します。

舌ピアスを開ける時の場所

まずは舌ピアスと言っても舌のいったいどの辺にあければいいの?

という疑問なのですが、舌ピアスを初めて開けるという人は舌の真ん中に開けることがオススメです。

舌の真ん中のことをセンタータンと言います。そのまんまですね。

その他にも舌の縁部分に開けるのをタンエッジ、裏側に引っ掛けるようにピアスをする場合はタンウェブといいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#舌ピ #舌ピアス #舌ピアス二連 #タンリム #タンエッジ #ピアス #ボディピアス #pirce #pirced #pircedgirl

@ m_fav_0がシェアした投稿 –

なぜセンタータンがいいの?

なぜセンターたんの方が初めて舌ピアスを開ける人にとって以下のメリットがあります。

  1. 神経や血管を回避できる可能性が高い。
  2. センターだと傷の治りが比較的早い。
  3. 慣れれば違和感を感じづらくなる。

それでは早速舌ピアスを開ける準備をしていきましょう。

舌ピアスを開けるときに準備するべきもの

ニードル

穴の開いた針です。注射針の太いバージョンと思ってくれればいいです。

舌ピアスを開ける時のニードルの大きさは14Gくらいが一般的でオススメです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

インナーコンクはよ開けたい。腫れるかな、ピアス開けるの止められない#インナーコンク #ボディピアス #14g #ニードル14g #ピアス

kana911さん(@kana_91120)がシェアした投稿 –

できれば消毒済みや無菌のものを使うようにしましょう。

ファーストピアス

ファーストピアスもニードルで開ける穴の大きさに合わせたものが良いので14Gということになります。

消毒液

消毒液は口の中を消毒するもの、イソジンやリステリンなどが良いのですが、開ける前と後の消毒に使うので刺激の少ないイソジンがオススメです。

アメニティ

筆者は舌ピアス開けたことがないのでどれくらい血が出るのかは不明ですが、ただ口ピアスを開けた時、結構血が出たので、最低でもティッシュやコットン、あとは清潔で捨ててもいいようなタオルを準備しておくと良いでしょう。

マーカー

マーカーはなにに使うのかというと、穴を開ける際の目印をつけるために使います。開けた後になってイメージした箇所よりもズレていると痛い思いをして開けた分ショックも大きいですから。

痛み止め

あとは抗生物質入りの軟膏や、痛み止め薬を準備しましょう。

クランプ

クランプも出来たら揃えておいた方が良いです。舌を挟んで固定し開ける場所を正確に開けるためです。

舌ピアスを開ける時の4つのリスク

いざ舌ピアスを開ける前に、ちょっとここで舌ピアスのリスクも頭に入れておいた方が良いでしょう。

そうすればその後の対策もできるので安心です。

舌ピアスリスク① 感染症や味覚障害

口の中には5000億近くの細菌が存在していてそれが舌ピアスを開けた最初の傷口から侵入し感染症を起こしたり、最悪味覚障害を起こしたりする場合があります。

舌ピアスリスク② 肝炎やヘルペス

舌から細菌が入ることで、肝炎やヘルペスにかかりやすくなる場合があります。

舌ピアスリスク③  痩せる

開けた当初は物が噛めないので、食事が柔らかい食事や流動食みたいなものになりやすい。そのため痩せることもしばしば。

舌ピアスリスク④ 滑舌がわるくなる

やっぱり人は舌をつかって言葉を話すため、舌ピアスが邪魔で滑舌が悪くなってしまいます。

これ以外にもリスクは人によって様々です。なので舌ピアスを開けるときはよく考えて慎重に開けるようにしましょう。

病院で開けてもらいましょう

上記のようなリスクを少しでも軽減したいなら病院などで開けることをお勧めします。

ただしどんな病院でも開けてもらえるわけではありません。

どんな病院に行けばいいの?

舌ピアスは主に美容外科や整形外科クリニックなどで開けてもらえます。

たまに普通の病院でも開けてもらえることがありますが、それは耳のピアスに限りです。

価格は?

舌ピアスを開ける価格は平均して10000円から12000円くらいが相場です。

その価格の中には麻酔代金なども含まれます。

保険は適用?

保険は適用外になります。保険が適用できるのは生命の維持に必要な怪我治療や病気の治療のみになります。

なので全額負担だけは頭に入れておきましょう。

病院で舌ピアスを開けるメリット

病院で舌ピアスを開けるメリットはずばり、上記の舌ピアスに対するリスクを減らしてくれる安心感です。

あと、麻酔を打ってくれて痛みを緩和したり鎮痛剤も処方してくれるのは嬉しいですよね。

いざ舌ピアスを開けてみよう!

さてここからはいよいよ舌ピアスを開けていきます。

口の中を消毒

まずはイソジンなどの消毒液でしっかりお口の中を消毒し、清潔な環境にしましょう。

マーキング

次に開けたい箇所にマークをつけます。

マーキング箇所をクランプで挟む

そのマーク場所をクランプで挟みます。クランプで挟むことで穴がずれてしまう失敗を軽減します。

ニードルを刺す

血が出ても大丈夫なようにタオルを敷いておきましょう。それと近くにコットンとティッシュも準備お願いします。

これからニードルを指すわけですが、とても大事なことは舌の裏の真ん中の白い筋と筋の両脇に走っている太い血管を傷つけないように気をつけましょう。

それは神経と静脈でして、傷つけると大変なことになります。

ニードルで開けるコツ

ニードルを刺す際は上からでも下からでも良いのですが、下から刺した方が血管や筋を傷つけずに穴を開けることができます。

ニードルが舌に対して垂直になるように刺します。舌は筋肉であるため緊張すると筋肉が硬くなり開け辛くなるので出来るだけリラックスしましょう。

ファーストピアス

ニードルが貫通したらニードルを舌のギリギリまで押し進めその上からファーストピアスも一緒に推し進めます。ニードル貫通→そのままの流れでファーストピアスセット。

ピアスを開けた後のケア方法と注意点

ファーストピアスをセットしたらキャッチを閉めて完成です。1日5回程度イソジンで口内消毒を行いましょう。

痛みが徐々に出てくるのと口から唾液が出やすくなるのでタオルやティッシュは当分一緒に持っていた方が良いです。

エッチなあなたにこっそり教える舌ピアスのメリット

さて前半の方で少し触れました舌ピアスをした時のエッチな話ですが、

実は舌ピアスをつけ彼のペニスをフェラするととっても彼が喜んでくれるって知ってますか?

舌ピアスって大体がキャッチがボール型になっていますよね?それがちょうどペニスの裏筋の刺激になって気持ちいいんです。

ただ攻めれば良いのではなくしっかり「性感帯を優しく刺激する」ことが大切です。

そこで、気持ちよくするにはどういった箇所を攻めれば良いのか。ということを以下で解説しています。

関連記事

いきなりですが、フェラが苦手な女性も多いのではないでしょうか? でもそれ以上に、大好きな彼を悦ばせてあげたいですよね。大丈夫です。安心してください。これから、彼が悦ぶフェラのやり方とコツを伝授します。 彼はあなたに惚れ直し、そし[…]

舌ピアスでフェラする時の注意点

舌ピアスをしているとき気をつけて欲しいのは舌ピアスは金属でとても硬いので強めのフェラはやめた方がいい。

もう一つはちゃんとキャッチが付いているかを毎回確認することです。キャッチが外れているとペニスが傷だらけになってしまいその後の行為が傷が癒えるまでお預けになってしまいます。

くれぐれも注意しましょう。

あとは気持ちよくさせすぎてすぐに果てさせないように!これも後の行為ができなくなってしまいますので。

まとめ

舌ピアスは見た目オシャレ、フェラもいつもよりも上手くなった感じがしてメリットも多いのですが、開ける時の痛みや感染症などにも十分に気をつけて舌ピアスに挑戦しましょう。