初心者必見!彼を確実にイカせる上手なフェラ!様々な方法を紹介!

いきなりですが、フェラが苦手な女性も多いのではないでしょうか?

でもそれ以上に、大好きな彼を悦ばせてあげたいですよね。大丈夫です。安心してください。これから、彼が悦ぶフェラのやり方とコツを伝授します。

彼はあなたに惚れ直し、そしてあなたから離れられなくなりますよ。

フェラで大切なポイントはこの4つ

焦らし

焦らしは最強のスパイスです。まずは急にペニスを急にくわえたりしてはいけません。お腹や内モモ、ペニスまわりに軽いキスをして「あ、これから始めるんだ」と期待を膨らませます

そして、期待通りの刺激が来ないことへのはがゆさ、もどかしさは、後に与えられる快感を何倍にも増幅させます。

クンニの時に、彼に最初からいきなりクリトリスを舐められるよりも、内ももや膣の周辺をじらされるように舐められてから、クリトリスを舐められた方が気持ちいいですよね?それと同じです。

唾液

口の中に含んだたっぷりの唾液はとても重要です。なぜなら、摩擦がなく、ぬるぬるとした感触が男性は気持ちいいからです。よだれは溢れるくらいがちょうどいいですね。多すぎて困ることはありません。よだれまみれでフェラをしましょう。

そして折を見て空気を入れて音を出すこと。チュッ、というかわいい音から、ペニスを吸うジュパッジュパッと鳴る激しい音まで、男性は聴覚からも興奮を覚えます。意識してほどほどに出してみましょう。

舌使い

男性器は女性器に比べて単純な作りになっていますが、以外にも奥が深いんです。代表的なフェラの種類として、掃除機のように吸い込む「バキュームフェラ」、舌をぐるぐる回す「ローリングフェラ」、横から舐める「ハーモニカフェラ」などがあります(やり方は後述)。

それぞれの場所にあったフェラの種類を使いこなして、多くの性感帯を刺激しましょう。

いろいろなところから新鮮な刺激が来るため、彼は飽きがきません。接触場所や面積を変えながら、様々なフェラの種類を使いこなせれば一人前です。

後ほど、フェラの流れを解説する時にまた出てきます。

フェラでやってはいけないこと

歯を立てない

その理由は痛いからです。フェラのポイントはなんといっても”唇と舌で包みこむ”イメージ。そこに歯の存在は必要ありません。

金玉は優しく

野球やサッカーを見ていると、たまに金玉にボールが当たって、ものすごく痛そうにしてうずくまっている選手を見かけたことはありませんか?

蹴られたり何かが当たったりすると気絶するほど痛いらしいです。男にとってここは急所なのですね。すごく繊細なので、優しく撫でたりキスをしたり口で含んだりしてあげる程度でOKです。

フェラ前の流れを解説

フェラはいきなりチンチンを咥えたらいけません。焦らして焦らして、我慢汁を出させてから咥えた方が彼は気持ち良いんです。

基本は、刺激の弱いものから、だんだんと強いものに行くイメージです。

まずは雰囲気を作りましょう。何事も焦ってはなりません。いきなり行為に及ぶのではなく、甘い雰囲気を作りましょう。

体を密着させたり、キスをしたり、ボディタッチをします。「会いたかった」「淋しかった」などと彼が間接的に性欲をそそるような言葉もムードを作るのには大切ですね。

ペニスにアプローチ

次は焦らしながらアプローチします。

指先や唇を使ってキスしたり、優しく撫でながら耳、首、乳首というように、上半身からだんだんと下半身、ペニスのほうに向かいます。ですが、まだペニスには触れてはいけません。

あくまでも、まだ周辺です。これが焦らしテクニック。彼は今か今かと待ちわびています。ちょっと息を吹きかけてあげたりするのもいいですね。

そして、ペニスを優しく撫でます。一番最初は、キン玉からペニスの裏側、亀頭(亀の頭のような形をしたペニスの先)までをそーっと撫でてあげます。

さわさわーっと、触れるか触れないかくらいの感覚で撫でるのです。それだけでも十分勃起するんですよ。

いよいよフェラ突入

さあ、いよいよフェラに突入です。最初から飛ばしてはいけません。まずは、小鳥がつつくように、「チュッ、チュッ」とわざと音を出しながらフレンチキスをペニス全体にします。

小鳥攻め

フェラの種類の一つで「小鳥攻め」といいます。コツは軽く唇をしぼませてから前へ弾くようにキスすると、音が鳴りやすくイヤらしい感じになるのでオススメです。特に裏筋のキスはゾクッとします。

口をしぼめない、柔らかくて暖かい唇がペニスに触れるチューと半々くらいの割合で行います。唇をグロスで濡らしておくのもいいですね。

男性は「あー、これから始まるのか」との期待から半端なく興奮してきますよ。ただ、あまり長くやりすぎないように。これ自体は彼はあまり気持ちよくありません。あくまでも、焦らし目的です。

次は、手でペニスを持ち、竿の側面を舌で舐めまわします。撫でてキスをしたら、いよいよ咥えてもらえる!という期待を思いっきり裏切るのです。

ハーモニカフェラ

ハーモニカを吹くような感じで、側面から舌や唇で刺激します。これを「ハーモニカフェラ」といいます。裏筋(ペニスの竿の裏側にある筋)や、亀頭、ガリ(ペニスの上部あたりにあるエラのような出っ張りの部位)はわざと避けて舐めます。

なぜなら、ここは性感帯だからです。性感帯である亀頭やカリを舐められそうで舐められない焦らしは、とにかく男性がドキドキすること間違いなし!後から責めるのでとっておきましょう。

竿だけでなく、金タマも舐めてあげましょう。軽く吸うように口に含んで、舌先でレロレロと舐めます。その時、竿を手で優しく握って上下に動かすと良いです(しごきと呼ばれるものです)。

彼のペニスの先から我慢汁が出ていたら、たっぷり焦らされた証拠。さあ、ペニスをくわえるときがやってきました。

バキュームフェラ

ペニスを口全体で包み込む感じで行うと、口内の36度~37度の温もりがペニスに伝わり快感へと導きます。また先ほども述べましたが、口内に唾液を多く溜めるのがポイントです。

ヌルヌルと滑りがよくなり、ジュルジュルとエッチな音もするので興奮します。ペニスを口に含んだら前後にゆっくりと動かします。

そこで思いっきりペニスを吸い上げる「バキュームフェラ」をはさんだら喜ばれること間違いなし。何度も繰り返しますが、絶対に歯を立ててはいけません。

ローリングフェラ

次は彼の快感のクライマックス。ペニスの先を口に入れて、舌を回転させるようにして亀頭のまわりをなぞるように舐めまわします。

これを「ローリングフェラ」といいます。

舌先だけで回そうとするのではなく、舌の根元を中心に回そうとすればうまく回すことができます。裏筋は、最初は舌先でチロチロと小刻みに舐めます。

その次は、ペニスの神経は上下に渡ってあるため、上下に舐めてあげます。カリは、ペニスで1番気持ちいい性感帯であるといわれていますので、最後に念入りに舐めてあげると喜びます。

舐めているときは手を遊ばせていてはダメです。

しごく時は人差し指と親指で輪っかを作り他の3本の指はペニスを包み込むような感じにし、カリに引っかかるように上下させます。あっちこっち忙しいですが、大好きな彼を気持ちよくしてあげるためです。頑張って!

フェラの最中に彼をますます興奮させる小技

上目遣いをする

フェラをするときは下を向かずに、彼の顔を見てやってあげます。

少し恥ずかしいかもしれませんが、こうすると彼がキュンとするエロかわいい自然な上目づかいになるのです。

さらに、自分のペニスを舐めてくれているというヴィジュアルが男の征服感を刺激し、興奮度が倍増します。

髪をかき上げて顔をみせる

フェラを一生懸命やっていたら髪の毛が落ちてきますよね?そういう時、さりげなく髪をかき上げます。

女が髪をかき上げるポーズは、男は大好物なのです。何回もやると狙っているのが分かってしまうので、1,2回にとどめておきましょう。

彼が喜ぶ言葉を言う

フェラを始める前は、彼のキャラに合わせて「舐めてもいい?」「舐めちゃうよ?」「舐めてほしい?」のうちのどれかをお茶目な感じで聞いてあげるといいでしょう。

途中、「こんなに大きくなってる♪」最後の方は「もう入れてほしくなってきちゃった」など、フェラをしているのが嫌々ではなく、うれしい雰囲気が伝わるよう言葉で表します。

言うのが恥ずかしかったら、吐息や喘ぎ声だけでもいいのです。フェラをしながら自分自身も感じてしまってる感を出すと、「俺のを舐めながら感じちゃってる、こいつ可愛い奴」的な感じになります。

フェラを盛り上げるラブグッズ

彼のペニスをより美味しくできるローションがあります。フェラが苦手な人もこのラブアイテムを使えば克服できるかもしれません。

こちらのラブシロップは蜂蜜の様に甘くて、エッチな香りのするアイテムです。食品の許可も出しているのでなんと食べる事もできます。

ラブシロップ(メープル&ナッツ)
952(税別)

まとめ

セックスにおいて、「彼が気持ちいい」そして「女性がコントロールしやすく主導権を握れる」のがフェラなのです。

なぜなら、挿入で女性が腰を動かすのもありですが、サイズの問題があったり、腰使いが難しい場合もあります。

手でしごいてあげる「手コキは」女性自身で簡単に刺激をコントロールできますが、普段彼がオナニーでしているため、男性の感動が薄いです。快感をもたらすフェラは、相手を思いやる気持ちから来ています。

生理中のデートでも、フェラはしてあげることができますね。フェラを上手にできるようになって、彼との仲をますます深めましょう。

以下ではフェラ以外にも彼を喜ばせるテクニックを載せています。

関連記事

勃たない男子のアレを元気にするテクニックを知りたくないですか? まず勃たないときは、最初にリラックスしてもらうことが大切です。そのあと最終的に彼が喘いでしまうほどのキスやフェラ、手コキなどの裏技テクニックをお教えします。 『とに[…]