男子だけでなく実は女子も!?お酒を飲む事でイキにくくなるって本当?メリットもある?

よく男性はお酒を飲みすぎると勃ちにくくなり、イキにくくなると言いますが女性はどうなのでしょうか?

お酒を飲んだ時の体のメカニズムとオーガズムの関係をわかりやすく解説してゆきます。

お酒を飲むことで性欲が増す?

よく男性は、お酒を飲みすぎるとイキにくくなる(勃たなくなる)と言われますが女性はどうなのでしょうか?

男性の場合は、適度な量であれば、性欲が増し、セックスに効果的だと言われています。

これは脳内物質の1つであるドーパミンという快楽物質が発生し、男性器を元気な状態に保つ効果があります。

飲みすぎて泥酔に近い状態だと、当然ですがイキにくくなります。

女性の場合はどうでしょうか?

女性も同様にドーパミンが発生し、「セックスをしたい」という欲求が増してきます。

ドーパミンは快楽的な興奮状態を保つときに役立ちします。

しかし、ドーパミンが脳から出ていると人間は「さらなる快楽」を求めるようになります。

マウスの脳に電気信号を繋ぎ、スイッチを押すとドーパミンを自動的に排出するという実験を行った科学者がいました。

マウスはスイッチを押し続けて、ドーパミンを排出し続けていたそうです。

人間も同様にドーパミンを排出する為に色々な事を考えます。

その1つが性欲であるとされています。脳の構造的に避けられないということですね!

お酒を飲むことでセックス中にどんなメリットがある?

次にお酒を飲むことで、血行の流れが良くなります。

血行を改善することで、膣を収縮したり、体を温める効果があり、オーガズムにも達しやすくなると言われています。

またドーパミンとも関係するのですがオーガズムで頭が真っ白になった経験がある方がいらっしゃると思います。

それはドーパミンやオキシトシンといった快楽物質が脳内に溢れることによって起こるそうです。

お酒を飲むとドーパミンが増えますが、その延長にオーガズムもあります。

一度この様なオーガズムに達すると、以下で書いた様なメリットが得られます。

関連記事

今回の記事では、オーガズムにより得られる美容効果と幸せ効果についてご紹介します! 美容に重要な要素といえば、例えば、食事・運動・趣味・エステなどありますが、どうしてもこれらから得られない成分があります。 それが「オキシトシン」で[…]

まとめ

お酒によってオーガズムに到達しにくくなるという意見もちらほらありますが、適量のお酒を飲めばオーガズムに効果的と言えるでしょう。

女性用風俗はこれまで感じたことのないオーガズムを貴女に提供します。女性用風俗は以下から予約できます。

カンブリアの予約はこちらからお願い致します。東京・横浜を中心に人気急上昇中の女性用風俗・性感マッサージ・エステ店。イケメ…