結婚、仕事、同棲、子育て…決断できない彼の背中を押す!女々しい男を変える方法!

彼氏や夫が女々しい性格の持ち主だとイライラしますよね。

女友達のパートナーと比べて、リードしてくれない優柔不断な男性だと付き合い続けることに不安を感じます。

イイ男を育てるできる女は、様々な人生のターニングポイントでパートナーの背中をそっと押すことができるのです。そんなできる女になる為の、女々しい男を変える方法を「結婚編、仕事編、同棲編、子育て編」に分けて詳しくご紹介していきます。

女々しい男を変える方法!結婚編

何年付き合っても、彼が結婚に前向きにならない彼には、どのように背中を押せばいいのでしょうか?以下で、女々しい男に結婚を決断させる方法をご紹介していきます。

彼を信用していることを伝える

女々しい彼に結婚を決断させる方法は、心の底から信用していることを日頃から態度や言葉で示すことです。なかなかプロポーズしてくれない彼氏を持つと、女性は本当に愛されているのか不安になります。

その不安を口に出すのが怖くて、浮気を疑ったり試し行為を無意識の内にしてしまい“あなたを信用していません”という態度をしてしまいがちです。

女々しい男性は自分に自信がないので、彼女に信用されていないと、ますます自分に自信が持てなくなり結婚に踏み切れません。

その点、できる女は愛した人を心の底から信用することができるのです。男性は自分を信用してくれる彼女がいると、相手の気持ちに応えたいという心理から結婚を決心できます。

曖昧な態度なら別れることを伝える

女々しい彼と結婚の話を進める方法は、曖昧な態度のままなら別れることを伝えることです。女々しい彼がズルズルと結婚を先延ばしにしているのは、現状を許してくれる彼女に対して甘ったれた気持ちがあります。

交際が長くなると、マンネリ化してきて、彼女の大切さを忘れてしまうのです。彼の女々しい性格を変えるには、大切なものを失うかもしれないというプレッシャーが必要な場合もあります。

女々しい男を変える方法!仕事編

将来性もなく不安定な仕事をダラダラとしている彼には、どのように背中を押せばいいのでしょうか?以下で、女々しい男性に仕事のやる気を出させる方法をご紹介していきます。

少しダメで頼りない女を演じて相手を立てる

なかなか安定した仕事を見つけない彼には、少しダメで頼りない女を演じて彼を立ててみましょう。彼女がしっかりし過ぎて、それに甘える形で女々しくなってしまう男性も多くいます。

キャバクラ嬢に貢ぐ男性やメンヘラ女性を献身的に支える男性は「俺が支えなくてはいけない」という使命感をくすぐられているのです。自分が女性を助けてあげられる状況ができると、女々しい男性でも一気に男らしくなります。

なので、しっかり者の女性は思い切って彼に弱々しい部分をさらけ出して、彼の男性的な部分を立ててあげて下さいね!

仕事の話を聞いて褒める

仕事に対して向上心のない女々しい彼には、仕事の話題を興味津々で聞いて持ち上げることが大切です。女々しい男性は、自分に自信がなく傷つくことが怖いので、大きな責任が発生する仕事を避けようとします。

彼にもっと将来性のある仕事に転職してもらいたいなら、過去の仕事の経験や転職活動などの話を楽しく聞ける聞き上手な女になってみてください。

彼女に興味津々に聞いてもらえて「すごーい!」と褒めてもらえることで自信がつき前向きな気持ちになります。彼女に仕事の実績を自慢したいがために、仕事に対して向上心を持つのです。

女々しい男を変える方法!同棲編

引っ越しや同棲など生活に大きく関わる重要な場面でハッキリしない態度を取る彼には、どのように背中を押せばいいのでしょうか?以下で、引っ越しに踏み切れない女々しい男を変える方法をご紹介していきます。

彼の希望を聞き入れる

同棲や結婚生活で引っ越しをなかなか決断できない女々しい男性には、彼の希望を聞き入れるという雰囲気を日頃から出すことです。

引っ越ししたいと女性側が強く思っている場合、新居の場所や間取りなど拘りが強く出ます。その迫力に圧倒されて、男性側が本音を言えず優柔不断な態度を取ってしまう事もあるのです。

実は「ゲーム部屋が欲しい」や「通勤時間20分以内がいい」など男性側が言いたくても言い出せない空気感を女性に対して感じると、引っ越しの話が進みません。

なので、普段から彼の希望を尊重する彼女になると、自分の意見を主張して計画的に動ける男性に変わります。いいカップルになる為には、お互いの本音を聞き合える関係性を作っていきましょう。

急かさない

同棲の話が進まない女々しい男には、急かさないことが大切です。早く引っ越しをしたいという女性側の都合で男性を急かすと、自分がリードできないことにプライドが傷つき、引っ越しの話を避けようとします。

できる女は、男性自身が決定し行動を起こすようにさり気なく誘導するのです。一見ずるい女に見える行動ですが、男性は立ててもらっていると感じます。男性自身のベストタイミングまで、グッと我慢して待つことも大事なのです。

女々しい男を変える方法!子育て編

父親らしく振る舞えない夫には、どのように背中を押せばいいのでしょうか?以下で、子育てで頼りない女々しい男を変える方法をご紹介していきます。

子供の前で父親を褒める

子育てに関して頼りない男性には、子供の前で父親を褒めることが得策です。男性は、父親として認められていることを日々実感して、父親であるという自覚が持てます。

男性は出産を経験できない分、子供との間に心と身体の距離があるのです。女性側が男性を父親として日々頼り、感謝の言葉を伝えることで、少しずつ父親になります。

母親が父親を褒めることで、子供は良い父親だという認識になり、父親を頼るようになります。男性は頼られることで「かわいい!もっと父親としてしっかりしよう」という自覚が湧いてくるのです。

逆に、妻と子供がしっかりし過ぎると「俺は必要ないんだ」とネガティブな気持ちになり、頼りない父親になっていきます。

家庭内で夫に「俺は必要とされているんだ!」という気持ちを持たせることが、女々しい男を変えるキッカケになるのです。

子供に好かれていることを夫に伝える

父親として頼りない女々しい男を変えるには、子供に好かれていることを伝えてください。男女問わず子供は、父親よりも母親の愛情を求めます。

また、父親は仕事で家にいないことの方が多いので、母親と子供の間に入っていけない男性も多くいるのです。家庭内で蚊帳の外にいるような気持ちになり、子育てに協力的になれないこともあります。

このような時にはさり気なく「娘がパパの似顔絵描いてたよ」や「子供が一緒にパパの好物のハンバーグ作るって張り切ってたよ」など子供に好かれて慕われてることを伝えてください。

子供が父親を好きでいるには、普段から父親の愚痴をこぼしたり夫婦喧嘩を子供に見せることがないような家庭を築いていくことが大切です。

まとめ

女々しい男を変える様々な方法をご紹介してきました。女々しい男は、男としての自信を失っている状態なのです。

また、女性の社会進出が進み、男性の立場が弱くなってきたことも要因にあります。なよなよして人生の重要な場面でハッキリしない彼を見てしまうと、気持ちも冷めてしまいますよね。

彼に男らしく振る舞ってほしいなら、普段から彼に女性的な弱さを見せることが、彼の立場を立てることに繋がります。

時には可愛く甘えて頼って、男らしい彼を育ててくださいね!

最新情報をチェックしよう!