外国人に恋をした人が抱える問題あるあるとは?対処法を紹介!

誰しも1度は、外国人との恋愛を夢見たことがあるのではないでしょうか。

国境を超えた愛というものには憧れがありますが、国際恋愛にはなにかと問題がつきまといます。

そこでこちらの記事では、外国人に恋をした人が抱える問題あるあると、その対処法を紹介していきます。

「外国人と恋をしたい!」と思っている女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

外国人との恋愛において生じる問題とは?

言語の壁を感じる

外国人と恋愛するにあたって、1番最初に立ちはだかる壁は「言語の壁」です。

2人で会話をしているとき、自分の言いたいことがきちんと相手に伝わっているのかどうか、さらに相手の言葉がきちんと理解できているかどうか気になりますよね。

言語の壁は簡単になくなるものではありませんが、会話の中でお互いの歩み寄りが重要になってきます。

まず相手の話はしっかりと聞く、こちらが話すときには分かりやすい言葉を、表情や身振り手振りを使ってていねいに伝えるなどなど…

お互いが思いやりを持ってコミュニケーションを行うことにより、円滑に進んでいくでしょう。

友達と恋人のラインがわかりにくい

日本でカップルが成立するといえば、どちらかがどちらかに「告白」をして、返事がオッケーだったら晴れてお付き合い、というのが一般的な流れです。

しかし海外には「告白」という文化がない国がほとんど。

しかもお互い好き同士になったからといって、すぐに付き合いはじめるわけではありません。少しの間のお試し期間を経て、お互い合うようであれば交際に至ります。

「告白」という文化がないため、交際スタートのラインが非常にわかりにくいのが特徴。

外国人男性との恋愛中、「私達って付き合っているのかな…?」と不安になってしまう日本人女性も少なくありません。

対処法としては、彼を信じてベストタイミングを待つか、自分から思い切って告白してみるという方法をおすすめします!

会って間もないときにはおすすめできませんが、自分の中に明確に「好き!」という気持ちがあるのであれば、思い切って彼にぶつけてみるというのも、関係性を打破する上では得策といえます。

ここは勇気がいるところですが、一歩前へ踏み出すためにもぜひおすすめしたいところです。

遠距離恋愛が辛くてストレスに

外国人彼氏との国際遠距離恋愛にも、なにかと悩みがつきものです。

遠距離恋愛の場合、彼と会えないさびしさから、ストレスや不安を感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

外国人の彼氏と遠距離恋愛をする場合は、「将来結婚する」など、具体的な予定をしっかり立てておくことにより、不安を軽減することができるでしょう。

「○年後に結婚」など、具体的な数字を決めておくとより良いです。

また「毎日○時にスカイプする」「おはようとおやすみのメールのやりとりを必ずする」など、2人のルールを決めておくのも良いですね。

人前でスキンシップをとろうとする

外国でのスキンシップといえば、ハグやキスなど、日本では見かけないものばかりです。

国際恋愛のなかでも、外国人男性のスキンシップの多さに戸惑う日本人女性は少なくありません。

外国人にとっては、自宅であろうが人前であろうが、どこでもスキンシップをするのが普通です。

もしも抵抗があるようでしたら、彼に伝えてみるようにしましょう。日本の文化だということをきちんと伝えれば、きっと理解してくれるでしょう。

また伝えるときの注意点ですが、ただ「こういうことをしたくない」というだけでは、相手を傷つけてしまう恐れがあります。

「違う場所でしたい」「人目のないところでしたい」などと伝えることにより、相手も納得してくれるはずです。

言語の壁があるぶん、外国人男性とのコミュニケーションははっきりとした言葉で行う必要があります。

日本人同士であれば、空気を読んだり、言葉にしなくてもなんとなくお互いを察したりなどというコミュニケーションのとり方もありますが、外国人彼氏相手であればそうもいきません。

なるべくストレート名詞で、相手にわかりやすくはっきり伝えましょう。

結婚後の住居

外国人彼氏と結婚する際大きな問題になってくるのが、どちらの国に住むのかということです。

もしも結婚して旦那さんの国に住むことになれば、環境の違いや言語、その他さまざまな要因によりストレスを感じることもあるでしょう。

しかもまわりに家族や友人もいなければ、相談相手もおらず孤独に感じてしまうこともあります。ひとりで抱え込んでいると、ますます辛くなってしまう一方です。

ちょっとしたことでも良いので、なにかストレスを感じたり悩みがあったりするときには、旦那さんに相談してみましょう。夫婦の仲を深める良いチャンスかもしれませんよ。

国際恋愛から結婚に至るカップルの割合は?

結婚をゴールに定めてお付き合いする国際恋愛カップルは多いです。

それでは、いったいどれぐらいの割合のカップルが結婚までたどりついているのでしょうか?

まず厚生労働省の調査によると、婚姻件数のうち3.5%が国際結婚という結果が出ています。

国際結婚に興味がある女性は多い!

そして国際系の大学で、筆者の知人女性20人にアンケートを実施したところ、少し偏りはあるかもしれませんが、約50%の方が「国際恋愛&国際結婚に興味がある」という結果が出ました。

およそ半分の人が、国境を越えた恋愛や結婚を視野に入れているということがわかります。外国人男性との恋愛に憧れを抱いている女性も多いようです。

国際恋愛から結婚に至る率は?

さらに次は、同じく国際系の大学の筆者の知人のうち、国際恋愛を経験したことのある20人に調査を行ったところ、そのうち6人の方が国際結婚までたどり着いていました。

およそ3人に1人の方が国際結婚までたどりついていることになります。

恋愛相手の出身地は?

さらに国際恋愛を経験した方には、お付き合いした相手の方の出身地についてチェックしてみました。そのなかで最も多かったのが「アメリカ」という結果に。

続いて「韓国」、「中国」とアジア圏の国が並びますが、多民族国家であるアメリカの男性とお付き合いに発展する女性が多いようです。

国際恋愛の出会いの場所は?

また国際恋愛の出会いの場として最も多かったのは「仕事」であり、20人中8人を占めています。

そのほかは友人の紹介や旅行先、留学などがちらほら挙げられますが、注目したいのは20人中2人の割合を占めている「インターネット」です。

インターネットで外国人と出会うというと、なんだか意外な感じもしますが、現在は外国人と出会いやすいマッチングサイト、アプリなども存在しているため、新しい出会いの場も増えているようですね。

「外国人と恋愛したい!」「出会いたい!」という方はぜひ、SNSでの出会い探しも視野に入れてみると良いのではないでしょうか。

まとめ

以上が、外国人に恋をした人が抱える問題あるあると、対処法についてでした!外国人との恋は憧れですが、さまざまな問題が生じるというのも事実です。

しかしひとつひとつの問題に向き合い、しっかり対処していけば、お互いの絆が深まること間違いありません。

言語の壁、文化の壁など、ぶつかる問題はさまざまですが、2人の歩み寄りがあれば必ず突破することができるでしょう。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!