半日断食を10日間連続チャレンジ!半日断食は本当に痩せるのか!?

断食という言葉、耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。現在ではファスティングとも呼ばれ、美意識の高い国内外セレブや有名人あいだで流行ったことがきっかけで、最近ではすっかり浸透した感がありますよね。

興味はあるけど、何日間も行なう断食はハードルが高い‥と始めの一歩を踏み出すのに躊躇している人も多いはず。私もそのひとりです。そんなとき耳に飛び込んできたワードが「半日断食」

やり方を調べたところ、想像以上に簡単そう!これなら私でも気軽にチャレンジできそう!ということで、10日間の半日断食に挑戦することになりました。

ここでは半日断食についてと、10日間実践した内容や結果についてご紹介します。

半日断食とは?

半日断食は、食事を摂取しない時間を16〜18時間つくる断食方法です。夕食から翌日の朝食までの間の食事を抜くことがメインです。

週に1回でも取り入れると太らない身体になると医師も注目している体質改善法であり、現在注目を集めています。

半日断食で得られる効果や注意点についてこちらの記事でもご紹介しています▼

半日断食をお勧めする理由

できるだけ安全に、負担なく痩せたいしキレイで健康になりたいというのは誰しもが思うことですよね!そんな女性になぜ半日断食がお勧めなのか、その理由について解説していきます。

短時間なので我慢しやすい

半日断食は24時間1クールで行います。夕食から次の日の昼食までの間を断食期間とし、ここには睡眠時間も含まれているため比較的我慢しやすいのがポイントです。勿論、水分はとっても大丈夫なので暑い時期でも挑戦しやすいですね。

体への負担を抑えた断食ができる

長期間の断食は体に大きな負荷を与えますが、半日断食なら負荷を最小限に抑えることができます。人の体は食べ物を消化する場合、胃で平均3~5時間、小腸で平均5~8時間を要すると言われています。

つまり8~13時間で胃と小腸は空っぽになるということです。(勿論食べるものによっては、これよりも長くかかることがあります。)16〜18時間断食をすることで約3〜5時間程度の休憩時間ができます。

この休憩時間のおかげで、通常なら24時間稼働し続ける消化器官が休まり万全の状態に回復することができるのです。そのため消化機能の休憩時間を効率よく作り出すことができるので、体に負担をかけたくないという人でも気軽に取りかかることができるのです。

半日でも断食の効果が期待できる

半日断食というと「本当にそれだけで効果がでるの?」という声が必ずあがります。これに関しては、勿論個人差が出ますが前述した通り内臓を休める時間ができることで、消化吸収するカロリーを失った体は脂肪を燃焼してカロリーに変える働きを行います。

内臓が休まって働きが良くなることで、基礎代謝の向上も期待できるため断食のメリットとして挙げられる効果の殆どが半日断食でも期待できるでしょう。

そのため長時間の断食を行うのは自信がないという方でも半日断食で効果を感じることができるかもしれません!

半日断食、実践編!

実際に半日断食をするとどのような効果が得られるのか実践をしてみました!ここでは半日断食の実践方法と筆者のルールを踏まえ、状況を解説していきます

基本的な半日断食実践法

半日断食とは朝食を抜くことです。前の食事から16〜18時間以上あけて次の食事を摂るのが実際の定義となっているため、夜20時に食事をとった場合、次の日の昼食まで食事を取らないということになるでしょう。

朝起床したら、昼食まではミネラルウォーターかノンカフェインのお茶のみで過ごします。昼食に制限はないのですが、胃腸を休めるのが目的なのでできれば和食など胃にやさしいものを選択したいですね。

わりと簡単に始められるぶん、基本は毎日続けるのが効果的です。朝はデトックス(排泄)に充てて、身体のリズムを整えましょう!

筆者実践時のルールと目標

まずは10日間と期限を決めて、日々の食生活や身体に注目しました。朝食を抜くことはたびたびあったし、なんだかとっても簡単そう‥と思いながら始めた10日間半日断食。目標は美肌と体重-2kg!

夕食から次の食事まで最低16時間は空ける事を意識して行ないました。※持病をお持ちの方や体調面に不安のある方は医師に相談するなど、各自で責任をもって進めてくださいね。

半日断食体験スタート

初日の様子からお伝えします。前日の夕食は19時半頃食べ終えました。がそのあとうっかりお酒を飲んでしまい、23時頃まで白ワイン2杯、アーモンド15粒ほどを摂取いたしました‥。

朝8時起床。いつもなら朝のコーヒーはマストなのですが、10日間まじめにチャレンジしようと、ミネラルウォーターと炭酸水のみで過ごしました。16時間空けると決めたので、昼食は15時以降に摂らなければ‥と12時頃から感じ始めた空腹は炭酸水で紛らわせることに。

念願の昼食は15時きっかりにトマトソースのパスタ(アラビアータ)とチキンサラダを。いつもより味わってゆっくり食べました

2日目

8時起床。お昼まではミネラルウォーターと炭酸水のみで過ごします。炭酸水は昨日買いだめしておきました。レモン風味がお気に入り。

お昼は家で豚肉を使った野菜炒めをつくって、ご飯、ミネストローネスープとともに食べました。炭酸水のおかげで空腹によるどか食いもなく、いい滑り出しです。

夕食は赤身のお肉を焼いて、バゲッドとグリーンサラダ、ポテトサラダと一緒に20時頃食べました。

3〜4日目

内容的には2日めとあまり変化はないのですが、4日目は午前中どうしてもカフェインを必要としてしまい、ブラックコーヒーを一杯飲んでしまいました

もともとブラックが好きなこともあり砂糖やミルクは使用しませんでしたが、できれば水や炭酸水に切り替えるべきだったなと今は思います。

5日目

午前中は特に変わりなし。今日は昼に仕事のミーティング兼ランチがあり、ディナーの予定もありますお昼は中華のコースを食べにいき、お腹パンパンです。

ディナーはお蕎麦屋さんで飲みました。だし巻き卵や野菜の天ぷらをいただきながらビールや日本酒を飲み、天ざるで締めました。お店を出たのは23時過ぎです。食べ過ぎ飲み過ぎの日になり少し反省です‥。

私の場合、残り6日間お酒を控えるのは難しそうだと判断し、ひとつルールを付け加えることに。翌日の昼食時間を考えて22時までにお酒を含む飲食を終了すること残り6日間は必ずこれも守ります!

6日目

ついにちょっとした変化が!お通じはもともと午前中に1回でるのがノーマルで悩みは少なかったのですが、この頃から朝昼(もしくは朝夕)の2回でるようになりました。

便の状態も良く(バナナ状で匂いが少なく、スルリとでるものが腸内環境良!らしいです)、美肌が叶いそう‥!と期待がふくらみます。食事内容はお昼にペペロンチーノ、鶏のささ身を使ったサラダを食べ、夜は和食でした。

7〜9日目

8日目のお昼にカフェランチしてデザートまでいただいた以外は特筆すべきことはないのですが、明らかに自分自身の中でも選ぶ食事が変わってきたのを実感しました。ランチのメインが肉か魚を選ぶ形式で、わたしは魚を選択。今までなら90%の確率で肉を選んでいました。

自炊のときも、ベーコンを炒めたりはしましたが、お肉をメインにする日は3日間で一度もなく、豆腐をメインディッシュにした日までありました!

最終日

普段どおりの午前中を過ごし、昼食までは自宅で。夜はしゃぶしゃぶを食べに行き、お酒もたしなみましたが22時終了はギリギリ守りました!最近、お通じも含め体調が良いので最終日にすこし緩みがでたかな‥?

半日断食終了!結果は‥?

正直、思っていたより楽に実践することができました!!特に6日目以降は朝食を食べないことに身体が慣れ、空腹に悩まされることも少なくなりました。

食生活にも変化が。自然とヘルシーなものを好んで食べるようになり、お魚や和食を選ぶことが多くなりました。さて、目標に設定していた「美肌」と「体重-2kg」。

まず美肌からですが、いつもなら月経前にできる吹き出物ができませんでした!環境の変化があったわけではないので、おそらく半日断食の効果としてお通じが良く快便であったことが理由だと考えられます。

体重は1.2kg減りました!目標には届かなかったですが、特に大きな食事制限をしたわけでもなく、好きなものも食べていたので、こんなにストレスなく1kg以上減ったのはかなり嬉しかったです。

ストレスの少ない半日断食で美ボディをゲットしよう!

10日間の半日断食を通じていちばん感じたことは、自然と身体に良い生活習慣にシフトしたということです。以前は1食でも抜くとフラフラするほどお腹が空いて、次の食事がハイカロリーになりがちだったのですが、そもそも猛烈な空腹がなくなりました

身体がストレスフル状態から正常に戻ったような感覚があります。たった10日の楽チンチャレンジで効果がでたことも嬉しい!10日間チャレンジは一旦終了しますが、これからも私らしくゆるゆると半日断食を続けていこうと思います。

最新情報をチェックしよう!