サンクコスト理論を恋愛へ応用!?女性があなたへ依存してしまうルール

大好きな彼女に自分だけを見ていてほしい…。恋する男性なら、一度や二度はこのようなことを思ったことがあるでしょう。

大好きな女性の心を独り占めできたら嬉しいですよね。そこで今回提案するのが、サンクコスト理論を恋愛へ応用する方法です。

サンクコスト理論とは何なのか、具体的にどのようにすれば良いのかを解説していきます。

サンクコスト理論とは?

サンクコスト理論とは一体何なのでしょうか?まずはサンクコスト理論について簡単に解説していきます。

サンクコスト理論はマネー用語

サンクコスト(Sunk Cost)とは、既に回収できないことが分かっている費用や労力のことです。経済学やファイナンスでよく使用される言葉なので、聞いたことがある人もいるかもしれません。多くの費用や労力を費やした場合、損切りするのはもったいないと感じる人が多いでしょう。

そのもったいないという気持ちから判断が遅れ、さらに損失を拡大してしまうのがサンクコスト理論です。

サンクコスト理論と恋愛の関係

サンクコスト理論の意味が分かったところで、次は恋愛との関係性について説明します。恋愛におけるサンクコストとは、例えば相手におごってあげる費用であったり、相手に会いに行く為の時間だったりします。

相手に費やした費用や時間が多ければ多いほど、それに対する対価を得ようするのが人間の心理です。そして結果的に相手に強く依存してしまいます。

サンクコスト理論を恋愛へ応用するメリット

サンクコスト理論を恋愛へ応用することで、具体的にどのようなメリットがあるのか解説していきます。彼女に自分のことをもっと好きになってもらいたい人必見です。

帰属エラーで好きだと勘違いさせされる

サンクコスト理論を恋愛に応用する方法とは、簡単に言えば「相手に尽くしてもらうこと」です。例えば、食事代を女性側に出してもらう、時間を掛けて自分に会いに来てもらうなど…。

女性は最初そのような状況に反発するかもしれませんが、次第に「私はこの人に尽くしている→それだけこの人が好きなんだ」と勘違いする可能性があります。一般的には「好きだから尽くす」なのですが、脳内で帰属エラーが起こることで「尽くしているから好きなんだ」と勘違いするというわけです。

相手があなたに依存しやすくなる

サンクコスト理論とは、費やした費用や時間に対する対価を得ようとする心理状態です。恋愛においてサンクコスト効果がかかった場合、相手側は「コストを掛けたのだから、この人を手放すのはもったいない」と感じるようになります。その結果、深く相手に依存してしまい離れられなくなってしまいます。

恋愛の主導権を握れる

今までデートプランは誰が決めていましたか?一般的に、女性の行きたい場所に合わせてあげる男性が多いと思います。しかし、サンクコスト理論を恋愛に応用した場合、基本的にはあなたが彼女を振り回す立場になります。あなたが恋愛の主導権を握れるいうメリットも大きいです。

サンクコスト理論を恋愛へ応用する方法

では、どのようにすれば女性にサンクコスト効果を掛けられるのでしょうか?具体的な例を挙げて紹介していきます。

セックスをする

女性にとって一番のサンクコストはセックスをすることです。セックスという行為は女性にとって「妊娠する可能性がある」「行為が終わったら捨てられるかもしれない」などのリスクがあります。

つまり、セックスをした時点で女性側はサンクコストを背負うことになるので、あなたへ依存しやすくなるというわけです。

食事代を出してもらう

一般的にデートの食事代は男性側が出す場合が多いと思います。女性にサンクコスト効果を掛ける為には、女性側に食事代をすべて出してもらうことがポイントです。難しい場合は、ひとまず割り勘にしてみても良いでしょう。

男性側が毎回すべて出してしまうと、逆にサンクコスト効果が掛かってしまい、女性側に主導権を握られてしまいます。

時間を掛けて会いに来てもらう

何時間も掛けて彼女に会いに行っていませんか?もしもそうなら今すぐやめて、女性側に会いに来てもらうように仕向けましょう。あなたに会うために労力を使えば使った分、彼女はあなたに依存しやすくなります。難しい場合は、お互いの家の中間地点で待ち合わせする程度でもOKです。

プレゼントをもらう

相手に尽くす定番といえば、やはりプレゼントです。手作りのお菓子や手編みのセーターなど、労力のいるプレゼントをもらえるように仕向けましょう。その為に、まずはあなたが彼女にプレゼントすることが重要!

プレゼントされると自分も返したくなる、返さなければいけないと思うのが人間だからです。間違ってもあなた自身が貢ぎすぎないように注意してくださいね。

サンクコスト理論の注意点

実は、サンクコスト理論を恋愛へ応用するのは危険な方法でもあるのです。やり方を間違えると最悪の結果を招くので注意しましょう。

一発で彼女に嫌われる可能性がある

ここまで読んできてお気づきの方も多いと思いますが、サンクコスト理論は危険な方法でもあります。女性側に食事をおごってもらう、時間を掛けに会いに来てもらう…。相手との関係性やタイミングによっては、一発で嫌われてしまう可能性があります。

相手が気づかないうちに、少しずつサンクコスト効果を掛けていくのが重要です。

飴と鞭を使い分けが必要

彼女にサンクコスト効果を掛け続けていると、相手は怒るか病んでしまう可能性があります。そうならない為にも、時には思いっきり優しくしてあげることがポイントです。飴と鞭を上手に使い分けることで、彼女はより一層あなたへ依存してしまうでしょう。

逆にサンクコスト効果を掛けられているケースが多い

あなたが彼女にサンクコスト効果を掛ける前に、すでに自分が掛けられているケースが多いことをご存知ですか?今まで彼女にたっぷりと貢いできた、ワガママを聞いてきてあげた男性は要注意です。自然にサンクコスト理論を使って主導権を握っている女性が多いので、まずは冷静に彼女との関係性を見直してみましょう。

やりすぎは要注意!上手にサンクコスト理論を恋愛へ応用しよう

大好きな彼女を独り占めしたい、もっと自分に依存してもらいたい…。そんな願望がある男性は、ぜひサンクコスト理論を恋愛へ応用してみてはいかがでしょうか?

ただし、やりすぎや関係性によっては破局の原因にもなる大変危険な行為です。相手との関係性を考えながら、適度に応用していくことをおすすめします。

最新情報をチェックしよう!