セフレが好きになった女子必見!セフレに本気になる男性と割り切る男性の違い

セフレを好きになってしまい、彼女に昇格したいと悩む女子はたくさんいます。なかなか進展しない関係に、「男子はセフレを好きになることはないのかな」と落ち込む人も多いのではないでしょうか。

しかし、実は男子にも、セフレを好きになったという人は多いのです。セフレに本気になる人と、割り切れる人はどのような違いがあるのか気になりますよね。

それぞれの特徴や、どのような時にセフレに本気になるのかを解説します。

セフレは体だけ?本気になることはあるの?

「付き合う」という言葉がないため、セフレという関係に果たして愛があるのか気になりますよね。セフレはただの遊びなのでしょうか、それとも実は本気で好きになることがあるのでしょうか。

女子だけじゃない!男子もセフレに本気になる

そもそも、セックスができる相手は異性として本能的に求める相手です。つまり、セックスをしている時点で、異性として好みであるということです。女子の方が、この傾向が強く、さらに相手に感情移入しやすいため、セフレ=本気の相手になりやすいですが、男子も同様に本気になることはよくあります。

そして、男子だけでなく女子にも、セフレ止まりで関係を続けようとする人が多い現代。男子も、本気になってしまったことをなかなか言えずに関係を続けている人が以外と多いのです。

どうしてセフレからスタートするの?

本気になる可能性があるのなら、なぜ最初からお付き合いをせず、セフレという関係をスタートさせるのでしょう。それには、様々な理由があります。

遠距離になるとわかっている、公に公表しにくい間柄、最初は彼女を作るつもりがなかった、飲み会の時に勢いでホテルに行ったなど、環境や心理状態によるものです。

女子からすれば失礼な話ですが、出会った時は本気になると思っていなかったり、付き合うつもりがなかったりするため、始まりはセフレになってしまうようです。

セフレに本気になる男子の特徴

それでは、セフレに本気になる男子はどのような特徴があるのでしょうか。好きな彼が、本気になるタイプだと嬉しいですね。

惚れやすい

ストライクゾーンが広く、異性に惚れやすいタイプです。出会ってすぐに、恋愛モードになるため、早い段階で肉体関係になりやすいです。しかし惚れやすい人は、男女共に相手に合わせる傾向があります。

惚れやすい人には、自分の理想の恋人像や恋人の条件があまりないからです。また、自分に自信がないため、パートナーに自分にない部分を見つけやすく、強く憧れる傾向があります。

そのため、本気になっても交際を申し込む自信がなく、さらに相手に交際する気がなければセフレのまま関係を続けます。交際を匂わせる発言をする人や、交際する気があるのか探ってくる人はこのタイプかもしれませんね。

シチュエーションに弱い

セフレに本気になる男子は、その場の雰囲気に流されやすい人が多いのも特徴です。雰囲気に流されやすい人は、交際を申し込む勇気を持っていても、交際前に肉体関係に発展してしまうことがよくあります。

雰囲気に流されやすいということは、シチュエーションにも弱いということです。セフレとはセックスだけの関係になりがちですが、ふとした時に手を繋いでみたり、寒い日は彼のポケットに手を入れてみたりとベタなシチュエーション作りをしてみましょう。彼の気持ちを本気にさせるかもしれませんよ。

実は恋愛に奥手

このタイプは、そもそも最初から本気で好きになっているのに、奥手なので先に進めません。しかし、ネットの情報や恋愛本などで情報を詰め込んでいるため、体の相性などを気にして先に肉体関係に陥りがちです。

セフレ期間が長く、相手の好意を感じられるのであれば、こちらからもしっかり好意を伝えると安心して交際を申し込んでくる可能性があります。

自分に自信がない

自分に自信がない男子は、振られる事を恐れます。振られる事を恐れる男子は、交際自体を始めないことが多いです。そのため、セフレ止まりになることが多く、本気になっていてもなかなか交際まで発展しません

彼が頑なに交際することを拒否するのであれば、その理由を優しく聞き出してみると良いでしょう。彼の本音を聞き出し心を開かせることが、彼を本気にさせるポイントです。

セフレを割り切れる男子の特徴

次に、セフレを割り切れる男子はどのような人が多いのでしょうか。セフレを割り切れる男子も、状況や環境によっては本気になることはゼロではありません。彼らの特徴を理解し、アプローチするタイミングを掴めば、彼女の座をゲットできるかもしれませんよ。

付き合うことへのハードルが高い

こちらは、「付き合う=結婚する」と考えているタイプです。家柄が良すぎたり、高学歴であったりするため、親が気に入る相手か、など結婚相手としてふさわしいかどうかを気にしすぎて交際に発展しにくいのです。

特に、結婚適齢期前の相手とはセフレとして割り切って付き合う場合が多いでしょう。ある程度女性経験を積み、年齢的にも熟して結婚に向けて覚悟が決まると、本気の恋愛をする可能性があります。

複数セフレがいる場合、相手を値踏みしているのかもしれません。しかし、このタイプは残念ながら、セフレの中から本気になることは少ないでしょう。なぜなら、結婚を視野に入れているため、交際前にセックスはしない固い女性を選ぶからです。

現在気になっている彼にセフレがいるという噂があっても、あなたがセフレになっていないのなら、彼のハートを射止められるチャンスは充分ありますよ。

理想の彼女像がはっきりしている

理想の彼女像がはっきりしている人も、セフレを割り切れる人が多いです。理想の彼女像にぴったり当てはまる人が現れれば、もちろん本気の恋愛に発展します。ところが、ほんのり恋心を抱いていたり、気になる相手でも、彼女としての条件を満たしていなければセフレ止まり。

複数の女性と遊びたいというのではなく、なかなか本気になりきれないことが多いようです。このタイプも、本気の恋愛では最初から交際を申し込むでしょう。ですから、セフレから始まった恋に本気になる可能性は極めて低いです。

本気にならないようにマインドコントロールする

男性だって人間ですから、恋愛で不安定になると、例えば仕事が手につかなくなるなど悪影響が出ます。それでも上手に切り替えられる人もいますが、中には何日も引きずってしまうという人も。

このタイプは、敢えて本気の恋愛をしません。本気にならないように自制してお付き合いをしようとします。つまり、実は相手に振り回されやすいタイプだということです。

セフレを本気で好きになったきっかけは?

セフレに本気で好きになる場合、どのようなことがきっかけになるのか気になりますよね。上手にきっかけを作って、セフレから彼女に昇格しましょう。

セックスをしなくなった時

セフレに本気になるのは、セックスをしなくなった時が多いようです。正確には、セックスではなく普通のデートをしたくなったり、セックス以外の時間を共有したいと思った時です。

セックスは体が触れ合うため、心の距離も近いように感じやすいですが、セックスだけの関係では相手と会話をする時間が短かったりと相手のことをよく知らない場合があります。肌を重ねている間は特別な関係のようで、離れると赤の他人です。

セフレと何気なくお互いの話をしたり、今まで知らなかった部分を知ったりすると、セックス以外の時間を共有したいという気持ちが湧きやすくなります。その気持ちが、セフレを本気で好きになるきっかけになるのです。

「彼氏ではないから」と一線を引かれた時

セフレはあくまでセックスをする相手です。彼氏ではないので、家にあげない、昼間のデートはしないと割り切っている女性もいます。一方で、セフレに対して恋人と変わらない態度で接する男子もいますよね。

このような男子は、「彼氏ではないから」と相手に割り切られると本気になりやすいです。相手が遠くにいるような気がして寂しさを生み出します。

また、逆に彼氏になったらできることがたくさんある、と夢が広がることで、彼氏になりたい気持ちを掻き立てます。

セフレを本気にさせるなら、恋人のような態度で過ごすのではなく、セフレと彼氏の境界線をしっかり引くのが良いでしょう。

女性がセフレを本命と感じる時については以下の記事でも紹介しています▼

関連記事

「身体だけの関係…」セフレってある意味気楽でいいですよね。 面倒な恋愛の駆け引きもいりませんし、相手を深く知る必要もありません。相手も自分のテリトリーに入って来ることがないので、ただお互いの欲求を満たし合うだけです。 しかし、始[…]

セフレでも諦めないで!本気の相手になれるかも?

今彼との関係がセフレだとしても、彼がどのようなタイプか、どのような状況かで本気の相手に逆転することは充分可能です。彼を本気にさせたいのなら、冷静に相手を判断し、時には優しく寄り添い、時には厳しく線引きしてみてくださいね。

ぜひセフレから一歩踏み出して幸せなカップルを目指しましょう!

最新情報をチェックしよう!