シミが消えない原因とは?最新のシミの撃退法「ピコレーザー」とオススメクリニックを紹介

年齢とともにシミやくすみが気になってきたという悩みを抱える人はとても多いです。シミがあることで、実年齢より老けて見えてしまい、鏡を見たくなくなってしまいます。

しかし、諦めるのはまだ早いです!美容の技術は着実に進化しており、色々試してダメだった方でもシミを消すことができるかもしれません。シミに対する悩みを抱える方には最新技術「ピコレーザー」の施術がオススメ!

では、「ピコレーザー」とは一体どんな技術なのでしょうか?本記事ではピコレーザーについてとオススメクリニックもご紹介していきます。

シミが消えない原因とは?

毎日美白化粧品を使ってケアしても、シミはビクともしないことがほとんどです。そもそも、どうしてシミは消えないのでしょうか?

ポイントは、誰もが耳にしたことのある「メラニン」という色素が、肌の中でどう振る舞うかにあります。ここでは、シミの正体について見ていきましょう。

そもそも、シミができる原因とは?

シミの原因とは、簡単に言うと、メラニンが垢となって剥がれ落ちなくなる状態が続くことによります。メラニンとは、肌や髪の色を決める色素のことです。

メラニンは悪者としてのイメージが強いですが、健康な肌では、メラニンが身体に有害な紫外線を吸収して、肌内部に入れないように働きます。

紫外線を浴びたメラニンにより一時的に肌の色は黒くなりますが、ターンオーバーという肌の新陳代謝、つまり肌の生まれ変わりによって角質とともにはがれ落ち、綺麗な肌が保たれているのです。

ターンオーバーの乱れによって、メラニンが肌の内部から排出できなくなったときに、肌に色素沈着が起こり、これがシミの原因となります。

ターンオーバーが乱れる原因としては、生活習慣の乱れやライフスタイルや、紫外線や乾燥などの外部からの肌へのダメージなどがあげられます。

日々のスキンケアでシミが消えない原因とは?

シミが消えない原因は、本来肌のターンオーバーで、メラニンが排出されるはずなのに、そのメラニンが行き場がなくなって、肌の中で絡みついてしまうことから始まります。

多量のメラニンの存在で、肌は細胞分裂能力を失い、生まれ変わることができずに、メラニンが肌の奥にたまり続けます。この状態になると、メラニンを作るように指示を出すメラノサイトが増殖し始めます。

メラノサイトが増殖すれば、肌の中のメラニンも増えてしまうことから、負のスパイラルが発生してしまい、シミを強制的に除去することでしか、消すことはできません。

よほど画期的な美白化粧品が存在しない限り、日々のスキンケアで一度できてしまったシミを消すことは極めて難しいことがわかります。

確実にシミを消す「ピコレーザー」とは?

シミが消えない原因がわかったところで、いよいよ「ピコレーザー」がどうやって、シミを消すのかを見ていきましょう。
長年シミに悩む人もピコレーザーによって悩みが解消するかもしれません!

ピコレーザーとはどんな技術?

ピコレーザーとは、肌の奥に溜まったメラニンを衝撃波で粉砕する技術です。微細なメラニン色素を破壊することができます。

ピコレーザーの適用範囲は、薄いシミからタトゥーの除去までに応用されています。ピコレーザーは今までシミ治療のスタンダードであったナノ秒レーザーよりも更に短いピコ秒レーザーで照射することが可能になった革命的なレーザーです。

ピコ秒とは1秒の1兆分の1を意味しており、ピコレーザーの由来となっています。狙ったメラニン色素のみを衝撃波で破壊します。粉砕されたメラニン色素はとても小さく、リンパ管を通して排泄されます。

ピコレーザーにはどんなメリットや特徴があるの?

痛みやダウンタイムの軽減

ピコレーザーの一番のメリットとしては、痛みやダウンタイムの低減が可能となったことです。ピコレーザーの照射方法は、連続照射ではなく、一定の時間を空けて間欠的に照射するパルス照射という方法で照射します。

このレーザー照射時間を「パルス幅」といいます。このパルス幅が短ければ短いほど、周囲の肌にダメージを与えません。

狙ったメラニン色素だけを衝撃波で破壊するので、シミやそばかすだけを撃退し、周囲の肌へのダメージを極限まで軽減することが可能です。なので、痛みやダウンタイムが軽減されるようになったのです。

リスクの低減

また、レーザーによるシミ治療のリスクとして、炎症後色素沈着の発生が挙げられます。かつて一般的だったQスイッチナノ秒レーザーでの施術では、色素が薄くなってくると、照射強度を上げなければならず、照射部位の周囲の肌にダメージを与えるものでした。

中でも、炎症後色素沈着が起こるリスクは30%~50%とかなり高かったのですが、ピコレーザーはその半分程度の発生率であるという報告が挙がっています。

したがって、ピコレーザーは照射時間が非常に短く、従来のレーザーと比較して桁違いであることから、周囲の肌へのダメージを極限にまで抑えたシミの治療法であるといえます。

オススメのピコレーザーを受けることができるクリニック

ピコレーザーマシンの中には未承認機器があります。大切なお肌を傷つけないためにも厚生労働省の認可が下りたマシンを取り扱っているクリニックをご紹介いたします。

無料カウンセリングで、複数のクリニックに相談したり、見積もってもらってから、実際に施術を行うクリニックを選ぶのも一つの手です。

特に、ピコレーザーは、マシン選びが肝となります。レーザーの強さや、医師の経験にも依っても、安全性が変わってきますので、料金が安ければよいというものではありません。じっくり選んでください。

エトワールレジーナクリニックのピコレーザー

料金 ピコトーニング 全顔 1回 19,800円
ピコスポット 顔 シミ1個 長径1cm未満 2,980円
営業時間 月~金 :12:00〜21:00   土日祝日:11:00〜20:00
住所 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目3-8 LA GRACIA表参道 2F

おすすめ第1つ目はエトワールレジーナクリニックのピコレーザーです。クリニックは表参道駅から徒歩5分の場所にあります。

エトワールレジーナクリニックでは、厚生労働省の薬事承認取得の「PicoWay」というマシンを使用しています。施術を受けるに当たって、料金が気になる方も多いでしょう。エトワールレジーナクリニックでは、追加料金なしの明朗会計を掲げています。

公式ホームページで一回当たりの料金から、コース料金まで記載されており、それ以上の追加料金は基本的にかかりません。そのため予算に応じて計画的にシミを撃退することができます

ピコレーザーの施術を受けることを検討されている方は、是非一度、無料カウンセリングに行って、予算を見積もってもらったり、不安な点を質問して疑問を無くしましょう。

特に料金や回数については固定ですが、施術は丁寧なオーダーメイドということで、仕上がりのイメージについて「こうして欲しい」など要望があれば、伝えておくのがよいでしょう。

こんな人にオススメ

  • 気になる部分だけをしっかりと無くしたい
  • オーダーメイドで自分にあったプランで行いたい
  • 細かな追加料金がない明朗会計が良い

ガーデンクリニックのピコレーザー

料金 ピコレーザー シミ取り放題 顔 300,000円
営業時間 営業時間 10:00〜19:00
住所 池袋院 〒171-0022  東京都豊島区南池袋 2-26-6 島倉ビル3・4F

おすすめ2つ目はガーデンクリニックのピコレーザーです。ガーデンクリニックには、7つの医院があります。首都圏以外でも、名古屋院、大阪院、福岡院があり、近辺に住んでいる人には嬉しい立地です。

ガーデンクリニックはenLIGHTen(エンライトン)という、厚生労働省医療機器製造販売承認を受けたマシンを使用しています。

料金体系は、シミ取り放題という部位別のコースとなっています。また顔だけでなく手やデコルテなどシミができやすく年齢の出やすい部分にも施術可能です。

ダウンタイムについてですが、低出力照射が可能であり、また、照射時間が極めて短く、熱の発生を抑制できるため、火傷や、炎症後色素沈着のリスクを回避できます。術後のケアは紫外線対策を行えば十分で、いつも通りの生活を送ることができます。

術後のアフターケアにも万全を尽くしており、術後に異変を感じたときや不安に思ったときにはすぐ相談ができ、コース料金には、術後の診察費用、お薬代も含まれています。

こんな人におすすめ

  • 複数あるシミをまとめてとりたい
  • アフターケアを万全にしたい
  • 顔以外のシミにも対応してほしい

無料カウンセリングはこちら

頑固なシミにはピコレーザーがおすすめ!

シミのない肌になれば、素肌に自信を持つことができ、心もトーンアップすること間違いなしですね。

いつの頃からか、メイクが、魅せるためではなく隠すためのメイクになってしまっていて、つい、厚化粧になってしまうことも、経験がある方が多いでしょう。

ピコレーザーを上手く取り入れることで、日々の悩みを取り除き、化粧の厚塗りを辞めるきっかけとなるかもしれません。

シミにお悩みの方はぜひ一度ピコーレーザーを検討してみてはいかがでしょうか?また予算や施術箇所でお悩みの場合は、まずは無料カウンセリングを利用してみましょう!

最新情報をチェックしよう!