恋愛を楽に諦める方法を解説!最小限のダメージで次の恋に備える対策とは?

「片思いをしている人を諦めたいけれど、なかなか気持ちが切り替えられない…」と悩んでいる人は多いことでしょう。

でも、叶わない恋にいつまでも囚われていたら、新しい恋をするチャンスも逃してしまいます。そこで今回は、恋した相手を最小限のダメージで諦める方法をご紹介します。

苦しい片想いに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

時には諦めることも重要!一つの恋に執着することのデメリット

恋を諦める方法をご紹介する前に、叶う可能性が限りなく低い恋にこだわり続けるデメリットの一例を紹介しましょう。

長い片思いをしている人は、恋に限らず思っている以上に多くのチャンスを逃していることもあります。この項目を読めば、「がんばってつらいばかりの恋を諦めてみよう」という勇気もわいてくるかもしれません。

新しい恋のチャンスを逃がしてしまう

恋をしていると、「運命の相手はこの人しかいない」と相手以外は目に入らなくなります。そんな状態が長期間続くほど、新しい恋のチャンスを逃がしているのです。

片思いをしている人は、「相手以上に素敵な人など、現れるはずがない」とも思い込みがちですが、そんなことはありません。

苦しい片思いから解き放たれれば、「素敵な人」に出逢える可能性は、いくらでもでてくるでしょう。片思いが長ければ長いほど、「新しく素敵な恋をするチャンス」は少なくなっていくのです。

重たい人と思われる

片思いをしている最中、なんとか相手に振り向いてもらおうと、いろいろなアプローチをする人は多いことでしょう。

頻繁にLINEを送り、遊びのお誘いをかけ、相手からやんわりとたしなめられても気づかぬふりをしている、などということもあるかもしれません。

そんなことが続けば、片思いの相手だけでなく、自分の周りにいる人達からも「重たい人」と思われてしまいます。「恋をすると面倒くさそう」というイメージがついてしまえば、新しい恋もしにくくなってしまうでしょう。

視野が狭くなってしまう

思い通りにいかない恋をしていると、視野がせまくなりがちです。

「自分の恋がうまくいかないのは、相手にライバルが多いからだ」と思い込んで、相手に近づく人達を一方的に敵視してしまったり、「この恋が実らなければ、生きている価値なんてない」と極端に思いつめたりすることもあるでしょう。

その結果、余計に相手に嫌われるような行動をしてしまうこともあります。悪循環ですね。

恋した相手を楽に諦める方法6選

片思いを長く続けているほど、デメリットが大きくなることは分かっていただけましたか?では、この項では、恋した相手をできるだけ楽に諦める方法を6ご紹介しましょう。

自分ができる方法を実践してみてください。今までなかなか諦められなかった恋をすっぱり断ち切れるかもしれません。

相手に会えないように物理的な距離を取る

まずは、物理的に距離を置くことがオススメです。人間は顔をあわせる頻度が多いほど相手に好感を持つ習性があります。

そのため、物理的に相手と距離を取り、相手が立ち入りそうな場所は行かないようにしたり、時間帯を避けて直接合わないようにしましょう。

職場が同じ場合でどうしも顔を合わせなくてはいけない場合などはこちらの記事も参考にしてみてください▼

連絡手段やSNS上から相手を削除する

物理的に距離を置くだけでなく、連絡手段も絶つことでまずは、自分の身の回りから彼の情報を消し去るようにしましょう。

極端に感じてしまうかもしれませんが、すんなりと彼への恋心を忘れたいと考えるのであれば、彼の情報を目につくところに置いておくことは得策ではありません

仕事上などでどうしても連絡を取らなければいけない場合は、連絡先の削除はできないかもしれませんが、SNS上から削除したり、極力メールを使ったりなど、できる範囲で行なっていきましょう。

誰かに話しを聞いてもらう

自分の気持ちを言葉にすると、気持ちが整理されて冷静になれます。「なぜ、相手を諦められないのか」「相手のどこに惹かれるのか」など、この恋に固執する理由を信頼できる相手に話してみましょう

最初は感情的になってもかまいません。話しているうちに気持ちが整理されるので冷静になってきます。アドバイスなどはせず、黙って聞いてくれる相手を選ぶとより効果的です。

また、人は誰かに共感をしてもらうと気持ちが落ち着き、満足感を覚えます。同じように長い片思いを諦めた人に話を聞いてもらえば、失恋の悲しみを共感してもらいやすいでしょう。

なお、誰も話しを聞いてくれる人がいない場合は、失恋をテーマにした映画を見たり本を読んだりしても、共感を得られるのと似たような気持ちになることができます。

とことん好きなことをする

時間があると、どうしても相手のことを考えてしまいます。考えるほど相手のことが忘れられなくなったり思い出が美化されて新しい恋に踏み出せなくなる可能性もあるでしょう。

ですから、考える暇をなくすために、自分の好きなことにとことん没頭してみてください。たとえば、好きな映画を見まくったり休みが取れるなら長めの旅行に行ったりしてもいいですね。やりたくてもデートを優先してできなかったことがあるならば、それをやってみるのもおすすめです。

仕事ならば、大きなプロジェクトに参加するのもキャリアも積めて一石二鳥でしょう。恋愛を一時的忘れる時間を作ることで、失恋の痛手も癒えやすくなります。

新しい出会いを探すために行動する

失恋の痛手から立ち直るためには、新しい恋で記憶を上書きしてしまうのもひとつの方法です。

新しい出会いを探すために、まずは行動を起こしてみてください。いい出会いに巡り会うことができれば、つらい恋の記憶も薄れていくことでしょう。

思いきり泣いて気持ちをスッキリさせる

思い切り泣くことは、ストレス発散の効果があります。失恋のダメージで泣きたくなったら、遠慮なく泣きましょう。「泣きたくても泣けない」という場合は、泣ける映画やドラマをみるのもおすすめです。

思い切り泣いてスッキすれば、辛い気持ちもリセットされ、新たに前を向けるようになるでしょう。また、前述したように誰かに自分の気持ちを聞いてもらうと、感情が解放されて泣けることもあります。

ですから、仲のよい友人や同じ経験をした人に話を聞いてもらいながら泣くのは効果的です。

つらい恋とは早めにさよならしよう!

片思いは長ければ長いほど、相手への執着が強くなって諦めるのに力が必要になります。また、諦めてからもその傷を長く引きずり、新しい恋に向かって歩き出すまでに時間がかかるでしょう。

恋愛は、必ず成就するとは限りません。あなたがどんなに魅力的で素敵な人でも、相手にそれが伝わらないこともあるのです。

「何年かかっても相手を振り向かせたい」と意地になるより、早めに気持ちを切り替えて新しい恋を探す方が、幸せになれる可能性は高いのです。

最新情報をチェックしよう!