恋愛における冷却期間とは?次の恋に進む為に必要な回復時間はどのくらい?

付き合っている彼氏・彼女であれば、ちょっとしたことで喧嘩になったり、気まずい雰囲気になることもあるでしょう。

そんな時は冷却期間を設けることで、今まで見えていなかったことが見えたり、今後の2人の関係性が大きく変わることもあります。

ここではそんなカップルにおける冷却期間と、新しい恋を始める場合の期間についてご紹介します。

冷却期間とは何?

冷却期間とは一定期間カップルが会ったり、連絡を取ったりしないことを言います。

主に2人の関係性がこじれた場合に設ける期間であり、冷却期間を経た後に絆を深めて再度関係を修復させるカップルもいれば、そのまま新しいパートナーを見つけ、関係を終わりにするカップルもいます。

何れにせよ、カップルが今後もともに過ご過ごすパートナーとして、互いを認め合うことができるかどうかの分岐点とも言える、見極め期間ともいうことができるでしょう。

冷却期間を必要とする理由とは?

ではなぜカップルは冷却期間を設ける必要があるのでしょうか?ここではカップルが冷却期間を設ける理由について見ていきましょう。

自分の相手に対する気持ちが分からなくなった

大好きだと思っていた相手でもずっと一緒にいると嫌な部分が見えてくることもあるでしょう。そのため本当に相手のことが好きなのか、自分の気持ちが分からなくなることがあります。

そのような時は冷却期間として一旦相手と距離を置いて、自分の気持ちと向き合う時間を持つ必要があるでしょう。

一緒にいることがベストなのかわからない

お互いに好きな気持ちはあるけれど、環境の問題、性格の問題などすれ違いが起きてしまい、互いに一緒にいることが本当に幸せなのかわからない…ということもあるでしょう。

そのため、一定期間距離を置くことで、相手といたほうが自分にとっても相手にとっても幸せなのか見極める必要があるのです。

恋愛することに疲れた

いつも相手のために頑張ったり、相手の気持ちを理解しようと努力している人は、恋愛に負担を感じてしまうことがあります。

相手のことは好きだけどこの関係性に少し疲れてしまった、このままこの状態を続けていていいのかな…と真面目で頑張り屋の人ほど、思いつめてしまうこともあるでしょう。

恋愛と距離を置くことで、今一度相手との関係を見直したり、心の休憩を取りたいと感じている傾向にあるでしょう。

自分自身の悪い部分に気づいて、反省をしてほしい

相手の良くないところになかなか本人は気づいてくれなかったり、気づいていても直そうとしない態度を見て、距離を置く場合があります。

本心では別れたいと思っているわけではないけれど、距離を置く!という強硬手段を取ることで相手に自分自身を見つめ直して欲しい、反省してほしい!と感じているのでしょう。

別れたいと思っていて、すぐには言い出せない

もう別れたいと思ってはいても、なかなか言い出せずに距離を置く人もいます。まずは直接的に別れを切り出すのではなく距離を取ることで自分の決意や気持ちを明確にしたい!というケースもあるでしょう。

この場合は単に直接気持ちを伝えることを躊躇している状態です。

冷却期間で考えるべきポイントは?

様々な理由から冷却期間が始まった場合、その期間をどのように過ごせばよいのでしょうか。

できるだけ冷静な気持ちを保ちながら、冷却期間中にできることを考えてみましょう。相手を責めるのではなく、自分が変えられることはないかどうか、以下のトピックを参考にみていきましょう。

相手の気持ちや考え方

相手の立場になった状況を想像してみましょう。育った環境の違う二人が一緒にいれば様々なことですれ違いは起こります。

相手と接しているとついイライラしてしまったり、文句を言ってしまいがちなことでも、距離を置くことで相手の気持ちを冷静に考えることができるものです。

相手とすれ違いになった理由を振り返りながら、相手の気持ちや考え方を今一度考えてみましょう。

自分自身に改善点があるか

カップルはどちらかの要望だけではうまく進めることができません。そのため、相手に改善点があると感じる場合でも、自分自身に改善点や反省点があるのかどうか今一度振り返ってみましょう。

2人の関係がこじれている場合、相手が10:0で悪いということはなかなかありません。自分自身に改善すべき点や相手に寄り添える部分があったのか考えてみましょう。

2人の関係を継続するべきか

どのような関係が、お互いにとってより良いものなのか、考えてみましょう。バランスのとれた良い関係を築くために、必要なことは何だったのか冷静に見つめ直す必要があります。

改善策や、互いに見出すものがないまま冷却期間を終えてしまうと、また単に同じことの繰り返しになります。同じことを繰り返さないためにも本当に一緒にいることが重要なのか考えてみましょう。

相手がいない生活を想像してみる

あなたに取って相手がいない生活はどんなものでしょうか?考えられない!と思うのか、それとも意外とそれでも成り立つと思うのか…相手への気持ちを測る上でも重要な指標になりえます。

自分にとって彼は本当に必要な存在なのか、それとも単に情から一緒にいるだけなのか自分の気持ちをはっきりさせておきましょう。

冷却期間は約1〜3ヶ月までが理想!

冷却期間は長過ぎても意味がありません。お互いにしっかりと時間をとって、今までの関係性を見直す必要がありますが、ダラダラと考えてばかりいても仕方がありません。

人間は3ヵ月以上期間をおくと、ネガティブな感情や嫌な出来事は忘れていく傾向にあります。さらに半年の期間を置くとより忘却が進んでしまうので、そもそも問題であった内容や、互いに抱いていた感情についても忘れてしまう傾向があります。

そのため、問題点をしっかりと解決させて、互いに向き合うのであれば3ヶ月以内の期間を設けると良いでしょう。

期間が短すぎると負の感情がなかなか捨てきれず冷却しきれていない場合もあるので、少なくとも1ヶ月程度の時間は取ることがおすすめです。

今の恋とはサヨナラ!次の恋は別れから平均3ヶ月以降!

海外の研究結果で、1つの恋が終了後3ヶ月で、何らかの明るいきざしを見つけているというものがあります。

明るいきざしとは、100%完全復活ではなく、「この失恋からたくさんのことを学んだ」とか「前の自分よりもっと強くなれた」…など過去の恋愛に対してポジティブに捉えられる状態のことです。

そのため、冷却期間が終了して別れを選択した場合…「この恋は終わった」と認識してから約3ヶ月後にようやく心理面としては新たな恋愛に目をむけやすくなるのです。

ただし最初から別れるつもりで冷却期間を切り出した場合や、冷却期間早々に「もう別れよう」と決断する場合など、相手に気持ちがなくなった状態で冷却期間をスタートしている場合、3ヶ月待たずして新たな恋愛を始めたくなることもあるでしょう。

しかし、冷却期間中に新たなパートナーを作ったり、冷却期間終了後すぐにお付き合いを開始するというのは、今までお付き合いしていた相手に対して配慮に欠ける部分があります。

総合的にみてもやはりきちんと別れてから3ヶ月というのが一般的なタイミングでしょう。

(参考文献:Journal of College Student Psychotherapy)

冷却期間は自分の気持ちを見直そう!新しい恋は別れから3ヶ月必要!

恋愛は楽しいことばかりではないため、辛い気持ちになってしまうこともあるでしょう。大好きな彼と冷却期間を取ることになったら最初は辛く悲しい気持ちになるかもしれません。

しかし互いに自分を見つめ直すことで本当に彼が必要なのか、彼にできることはあるのか、互いに負担なく幸せになれるのか考える良い機会になるでしょう。冷却期間は自分の気持ちを見つめ直す良い機会です。そのため次の恋に行くと決断ができた時も後悔はないでしょう!

冷却期間をしっかり過ごして、復縁の場合も、次の恋に行く場合も気持ち良いスタートを切れるようにしましょう!

最新情報をチェックしよう!