好きな人へ送ったLINEが既読にならない!未読の状態にしておく彼の心理とは?

気になっている人や好きな人に緊張しながらメッセージを送ってみたら、既読にならず未読のまま…

既読スルーも悲しいですが、メッセージを開いてもいないとしたら、もっと虚しいですよね。迷惑だったり脈なしと思ってしまいますが、実は違う理由がある場合も。

今回は、未読スルーの場合の男性心理や、対処法、また、未読スルーでも気にしなくても良い場合などについて解説していきます。

好きな人へ送ったLINEが未読のままなのはどうして?

そもそも、女性と比べて男性はLINEの既読スルーはそこまで気にしない場合が多いです。

男性のLINEは目的ありき(コミュニケーションツールに過ぎない)でしているので、その目的が達成されれば自分の中で納得して会話が終わっているために返していないということも多く、実際に男性同士のLINEでは既読スルーが当たり前だったりします。

つまり、女性ほどLINEの返信の有り無しに執着していない人が多いんです。そういったことも踏まえつつ、LINEが未読スルーされている理由を見ていきましょう。

忙しくて読んでいないから

仕事と恋愛など多くのことを同時並行して考えられるマルチタスク脳な女性と比べて、男性は一つのことしか考えられないシングルタスク脳の人が多いです。

そのため、仕事や予定が忙しい時にLINEが来ると、メッセージを確認する余裕が無いため、未読のままになってしまうのです。

後で返信しようと思っているから

既読にしてしまうとすぐ返信をしないと無視したと思われてしまうため、メッセージが来たことに気づいていてもあえて未読のままにしておく場合もあります。

これは未読スルーをしているというよりも、後で時間のある時にしっかり考えて返信したいと考えているのです。一度既読にすると通知が消えてしまうのでタスクの1つとして後に取っておきます。

会話が終了したと思っているから

女性はLINEをコミュニケーションツールとして使用しているのでやりとりが会話のように続くことが多いですが、男性は連絡用ツールだと捉えていることが多いです。

よって、自分では会話が完結したと思い、目的の無い内容に返信していないだけという場合もあるでしょう。

相手に興味が無いから

好きな人にLINEを送った女性としては悲しいケースですが、相手が興味を持って無かったり「脈無し」と感じてもらうためにあえて未読スルーのままにしているという場合も。

女性に比べてLINEのやりとりが得意じゃない男性は、興味が無くやりとりする必要が無いと思う相手には、未読のまま返信しないのです。

返信に困るような内容だったから

何か用事のある返信が必要な内容では無く、「おはよー」といった挨拶LINEや「今日○○行ったんだー」というような日記LINEはどう返信しようか困る男性が多いです。

どう返そうかなと考えているうちに忘れてしまい、そのまま放置して気づいたら返信するタイミングを失ってしまった、なんてことも。

LINEが既読無視になる男性の心理と、メッセージの送り方についてこちらでもご紹介しています▼

関連記事

LINEは非常に便利な連絡ツールで、毎日活用している方は多いでしょう。特に恋人同士なら密に連絡を取り合うこともよくあることです。 しかし、彼氏がLINEをなぜか既読無視し、それが原因で大喧嘩に発展してしまうケースが増えています。LIN[…]

未読のままのLINEが未読スルーになるのはいつから?

そもそも、LINEが「未読」では無くあえて無視している形の「未読スルー」になるのは、どのぐらいの時間でしょうか?

学生であれば頻繁にチェックできるはず

まず、好きな人が学生の場合。人にもよりますが、日中学校があっても昼休みなどの休み時間もあり、学校が終わった後に予定があったとしてもその間とか、1日に何度かLINEを確認する時間があることが多いでしょう。

社会人であれば夜にしか返せないことも

社会人でも昼休みなどもありますが、仕事で取れなかったり上司とランチに行っていてメッセージを見るタイミングが無い事も多いでしょう。また、夜も接待や打ち上げなどの仕事が入る事もありますので、学生よりはチェックできる時間が格段に少ないのが基本でしょう

旅行や体調不良など相手の状況も考慮に入れて

また、相手が旅行に行っていたり体調不良であったりと、急なタイミングでやむなく既読スルーのままという場合も稀にあるでしょう。

相手がLINEを頻繁にやりとりするマメな人じゃ無い場合も考えて、数時間〜1日であれば「未読スルー」とは言えません。

ただ、2〜3日が過ぎ、1週間経っても未読のままの場合は、意図的に「未読スルー」していると考えて良さそうです。

好きな人へ送ったLINEが未読の場合の対処法は?

好きな人へLINEを送って未読でも、男性は元々LINEを返信しないこともありますし、相手の状況などもあったりと、それほど未読スルーを気にする必要が無いことが分かりました。それでは、好きな人に送ったLINEが未読だった場合、どう対処すれば良いのでしょうか。

相手が返しやすいタイミングに送る

いくら相手がマメな人でも、やはり日中仕事しているタイミングなどにメッセージを送ってしまうと、返す余裕がなく未読スルーとなってしまいやすいです。相手の1日の動きを把握しながら、相手が時間に余裕があるタイミングにLINEを送るようにしましょう。

返信しやすい追撃LINEを送る

1回未読スルーがあったとしても、相手とタイミングが合わなかっただけかもしれません。返信が無かったことを責めるのは1番NGなので、少し時間を置いてから相手の趣味や得意分野についての疑問形のメッセージなど、相手が応えやすい形でLINEを送って反応を見てみましょう。

しばらく放置してみる

未読スルーされた場合、相手があなたのテンションに若干引いていてメッセージを返さない場合も考えられます。こんな場合は一旦メッセージをこちらから送るのを辞め、引いてみるようにしましょう。「押してダメなら引いてみろ」という言葉もあります。

しばらくこちらからメッセージを送らないでいると、あなたの悪いイメージがリセットされ、こちらから送ったメールに嬉しそうに応えてくれるようになることもあるでしょう。

好きな人へ送ったLINEが未読でも脈なしでは無い場合も

例え送ったLINEのメッセージが未読であっても、「脈なし」とは決めきれない場合もあります。では、どのような場合であれば送ったLINEが未読でも脈なしでは無い可能性があるのでしょうか。順番に見ていきましょう。

これまではやりとりが続いていた

1度未読スルーされてしまったとしても、これまで送ったメールには返信が来るなどやりとりが続いていた場合には、1度メッセージが未読でも気にすることはないでしょう。相手の状況を、それとなく周りに聞いてみたりする必要がありそうです。

未読のタイミングが1日以内

先ほども未読スルーの定義としてお話ししましたが、男性側の未読スルーのタイミングとしては、2日以上が多いようです。逆に言えば、未読でも1日以内に返信が帰ってくるようであれば、未読スルーかどうか悩む必要はありません

最終的に返信が来る

既読スルーのまま2、3日経過してしまったとしても、最終的にちゃんとLINEでメッセージが返ってくるようなら心配は要りません。なぜなら、どう返信したら良いか考えていたり、つい返信するタイミングを失ってしまったりして、つい返信が遅くなってしまっただけという可能性が高いためです。

相手にもペースがある!焦らずに

好きな人へ送ったLINEが既読にならない時は辛いですが、冒頭でも話したようにあえてあなたのメッセージを無視している訳ではない場合がほとんどです。

そんな時は少し間を置きながら、対処法を試してみましょう。案外、こちらが重く受け止めすぎたにも関わらず、何でもないことが多いものです。男性にとってラインはコミュニケーションツールの1つに過ぎません。

相手の返信ペースもあるので、一方的に返事を求めすぎず相手の状況も考慮する余裕を持っていきましょう!

最新情報をチェックしよう!