女性が男性に見せる脈アリ・脈ナシの態度とは?女性の行動別に心理を解説!

男性の皆さんは、女性の気持ちをきちんと理解出来ていますか?しかし一般的に男性は女性の心理を理解することがなかなか難しく、女心に悩まされるという男性も多いでしょう。

ここでは女性が男性に見せる脈アリ、脈ナシの態度をご紹介します!意中の女性の気持ちがわからなくて悩んでいるという方はぜひ女性の行動を当てはめながら、みていきましょう!

男性の女心が分からない理由

自分が何か悪いことをしたわけでもないのに、なぜか女性の機嫌が悪い、自分に冷たい態度をとられている…など思い当たる節がないにも関わらず女性の態度に困惑したことがある方も多いのではないでしょうか?

実は男性が女心をわからない理由はいくつか存在します。ここではなぜ女性の気持ちがわからないのかその理由についてみていきましょう。

男性は視覚情報を重視する

恋愛に例えるとよく分かるのですが、まず女性は男性の内面を見て恋愛対象になるかどうかを決める傾向があります。一方男性は、女性の外見を重視して美人であるかどうか、自分の好みがあるかどうかを判断してから、恋愛対象を決める傾向があります。

これについては、男性に面食いが多いことから否定出来ない事実なのではないでしょうか?つまり男性は視覚情報を重視しているために、なかなか内面まで手が回らないので、女性よりも気持ちを察する能力が落ちてしまうのです。

恋愛の優先順位が男女で違う

男女は様々な面で優先順位が大きく異なっています。特に恋愛に関しては、実のところ男性の優先順位はそれほど高くなく、はっきり言ってしまうと「仕事」「友人」より下になるでしょう。

一方で女性は、ありとあらゆるものの中で「恋愛最優先」という方が多く、この恋愛に関する価値観の違いがまた女心を分からなくさせている要素となるのです。

女性が男性に見せる脈アリ態度

気になる女性のハートを掴みたいと考えたときに、相手が自分のことをどう思っているのかは必然的に気になるものです。良い関係性であってもこれは友達なのか、恋愛対象なのか、女心がわからず悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

ここでは女性のとる脈アリ態度と合わせて、動の裏にある心理についても見ていきましょう。女性の心理を理解すれば、関係の進展に大いに役立つでしょう!

好き避けをしてしまう

これは「好きな人だからこそ避けてしまう」という態度を指します。男性によくある「好きな子をいじめる」という行為とほぼ同じでしょう。

女性の場合いじめるということはほとんどありませんが、妙に態度が冷たい…なんてあるのではないでしょうか?好きな人にその気持ちを気付かれたくなくて、本能的に「避け」が現れてしまうのだと思われます。

メッセージの返信が遅い

好きな人相手であれば、脈アリであれば、メッセージの返信はすぐにやる!…と一般的な男性は考えルことでしょう。しかし、女性の場合は、「すぐに返信すると好意がバレるかも?」と懸念を抱き、わざとメッセージを遅らせることがあるのです。

女性には元々、男性に追ってきてもらいたいという心理があります。そのため、「自分が追う」という状況を作りたくない気持ちもあり、それがメッセージの返信が遅いという理由の根底にあるのです。

気持ちと裏腹の言動を取る

気持ちと裏腹の行動を取るという態度は、自分の気持ちに対して比較的素直に行動出来る男性にはなかなか理解しにくい部分でしょう。女性というのは自分の気持ちに素直になれず、時として好きな男性に意地の悪いことを言う、また否定的なことを言うことが少なくありません。

しかしこれは、ただ会話の取っ掛かりとしているだけで、照れ隠しのようなケースもあります。からかいやいじりなどでよく絡んでくる女性がいればそれは脈アリのサインかもしれません。

別の男性と比較する

男性は、自分の好きな女性の前では絶対に他の女性を臭わせるようなことはしません。今好きな女性が目の前に居るのに他の女性を臭わせるのは失礼に値する、また女性に嫌われてしまうことを懸念するからです。

しかし脈アリの女性の場合は、やたらと他の男性を引き合いに出して、わざわざ煽るようなことをする場合があります。これは目前の男性に競争心を煽っている嫉妬させているもっと自分に興味を持ってほしいという気持ちの表れなのです。

女性が男性に見せる脈ナシ態度

好きな相手からの脈ナシの態度を履き違えて積極的に行動をしてしまうと、脈ナシどころか嫌われてしまう可能性があります。脈ナシ対応は比較的わかりやすいものが多いので、女性からの脈ナシメッセージをきちんと把握する必要があるでしょう。ここでは脈ナシの際に女性が取る行動についてご紹介していきます。

予定が合わない

何度も何度もデートに誘っても、女性側の予定が全く合わないという場合、それはあえて予定を合わせないようにしている可能性があります。もし少しでも興味を持っているのであれば予定を合わせようとするものではないでしょうか?

デートの誘いをことごとく断られているのに、しつこく誘い続けることはかえって逆効果です。断られ続けたら、一度誘うのをやめてみることが賢明です。

メッセージの返信がない

メッセージを遅らせてくるのは脈アリの際の女性側の策略とも言えるのですが、メッセージの「無視」というのは、返事の遅れとは全くの別物です。返事を無視するという行為は相手からのメッセージをあまり重要視していないことが伺えます。

メッセージの返信が途絶えた場合には、何度もしつこく送ることは避けましょう。不安なあまり自分本位にならないようにする必要があるでしょう。

二人きりを避ける

誘いには応じてくれるものの、いつも誰かがおまけで付いてくる…ということもあるのではないでしょうか?その場合は、女性が「二人で居るのは都合が悪い」と思っていると考えている可能性があります。

好意を抱く相手とならば邪魔者が入らず二人で甘い時間を過ごしたいものですが、それを避けるような行動をするのは、「あなたとの恋愛を避けたい」という意思表示なのです。

会話が必要最低限

通常好きな人が相手であれば、緊張や恥じらいはあるものの大抵は積極的に会話をしたい、すぐに話を終わらせたくないと思うのが自然です。しかし、質問に対してのYES/NOといった簡潔で必要最低限の返事しか返ってこない場合には、女性があなた自身や、話の内容に興味を持っていないと考えられるでしょう。

相手が緊張していたり、恥ずかしがっている様子は態度がないにも関わらず、質問に対して必要最低限の返答しか得られない場合は脈ナシと考えた方が良いでしょう。

他の男性への好意をストレートに伝える

脈アリの場合、嫉妬や競争心を煽るために他の男性の名前を出すことはあっても、その男性に自分が好意を持っているというような内容は口にしません。これは脈アリの相手には勘違いされては困るという感情が働くためです。

しかし、一方で脈ナシの場合は自分が他の男性に好意を寄せているということをストレートに発言します。この場合、あなたは恋愛対象から外れ、協力者や良き友人という位置付けになっている可能性が高いでしょう。

やんわりと他の男性への好意を伝えている場合は、「あなたに興味がない」ということを察して欲しくて発言している可能性もあるでしょう。

女心は移り変わりやすい

男性はもともと女性と比べ、相手の心理を深く探り、予測するといったことが苦手です。そのため女性の気持ちが理解できなくて困るといったことは誰しもが一度は経験することではないでしょうか?

さらに女心は移り変わりやすいので、脈アリから脈なしへと移り変わることも多いにあります。女心を把握して、意中の相手の気持ちを素早く理解してあげることが成功への秘訣でしょう。

 

最新情報をチェックしよう!