セックスダイエット法!セクササイズでカロリー消費して美ボディを身につける

セックスをしたときに、息が切れてしまったり、汗だくになったり、筋肉痛になったりという経験をしたことはありませんか?

多くの人が愛情表現としてするセックスですが、実は意外とカロリーを消費しているもの。これを利用して、セックスでカロリーを消費することでスリムアップしようというダイエット方法が「セックスダイエット」です。

彼との素敵な時間を過ごしながら、美ボディを目指すことができれば、一石二鳥ですよね!

ですが、セックスをするだけで痩せることなんてできるのでしょうか?

今回は、どうしてセックスで痩せられるのか、消費カロリー、おすすめの体位など、セックスダイエットについてまとめています。

「ダイエットをしたいけど、つらいのは嫌!」と思っている方は、これを参考にして試してみてくださいね。

セックスはダイエットになる?

結論から言えば、セックスでダイエットをすることは可能です!

「セックス+エクササイズ」の造語である、「セクササイズ」という言葉もあるほどで、セックスを運動の一環として行っている人も多いんですね。

とはいえ、だらだらとセックスをしているだけでは、いくらやっても痩せることはできません。
普段から痩せやすいポイントを押さえたセックスを心がけることで、ダイエット効果が期待できるんです!

どうしてセックスで痩せられるの?セックスダイエットのメカニズム

では実際に、どうしてセックスで痩せることが期待できるのか、その理由をひとつずつ見てみましょう。

トレーニング効果で脂肪燃焼と引き締めをかなえる

「久しぶりにセックスをしたら筋肉痛になった」という経験のある方は多いでしょう。セックスは意外にハードな全身運動。

セックス自体は、脂肪を燃焼させる有酸素運動の要素が強いのですが、体位を選ぶことで筋トレのような引き締め効果も期待できます。気になるお腹や二の腕、太ももなどの部分痩せも十分に可能なんです!

ホルモンを利用して痩せ体質を目指せる

相手と手をつないだり、ハグやキスをしたりしている最中、脳内では「オキシトシン」という物質が分泌されます。

オキシトシンは、現在、肥満治療薬に応用するために研究が進められているほど、ダイエット効果が期待できる物質。

体脂肪率の高いマウスにオキシトシンの入った餌を食べさせたところ、15%~20%も体脂肪が減ったという研究結果もあるほどなんです。

オキシトシンには他にもたくさんの効果があり、以下でも解説しています。

関連記事

今回の記事では、オーガズムにより得られる美容効果と幸せ効果についてご紹介します! 美容に重要な要素といえば、例えば、食事・運動・趣味・エステなどありますが、どうしてもこれらから得られない成分があります。 それが「オキシトシン」で[…]

また、セックス中に分泌される「ドーパミン」には、脳を興奮させ、食欲を抑える効果も。脳内のホルモンを上手に利用することで、痩せ体質を目指すことができるんですね。

他のダイエットより続けやすい

きつい運動や食事制限など、ダイエットには我慢がつきもの。
ですがセックスダイエットには、基本的につらいことを我慢する必要がありません。

その理由は、セックス中に脳内で分泌される「βエンドルフィン」という物質。
このホルモンは、脳に強烈な快感をもたらして、「またしたい」という気持ちにさせてくれます。

そのおかげで、他のダイエットに比べて気軽に続けることができ、つらいダイエットにありがちなリバウンドも防ぐことができるんですね。

セックスの消費カロリーはどのくらい?運動と比較してみた

女性が30分間のセックスを1回したときに消費するのは、平均で70~150kcal。
どのくらい激しい動きをするかによって変わりますので、人によっては200kcal以上にもなると言われています。

例えばセックス1回で100kcalを消費したとすると、これはだいたい20分のウォーキングと同じくらいのカロリー消費量。

ほかにも100kcalを消費するには、以下の運動量が必要です。

ランニング 14分
自転車こぎ 16分
その場で足踏み 24分
水泳 16分
ヨガ 30分

だいたいこのくらいの時間、運動をしなくてはなりません。

30分のセックス2回と、ランニング30分が同じくらいのカロリー消費と聞いて、びっくりした方も多いのではないでしょうか。
こうして見てみると、セックスの消費カロリーは意外と多いんですね!

いちばんカロリー消費しやすい体位はこれ!

では、同じセックスでも、最もカロリー消費をしやすい体位はどれなのでしょうか?もう想像がついている方も多いと思いますが、女性が積極的に動く体位といえば騎乗位。

男性が仰向けに寝て、その上に女性が向かい合ってまたがる形で挿入するのが基本で、女性のきれいなバストラインをじっくり見ることができるという点で、男性に人気の体位です。

正常位や後背位などのよく行われる体位の中ではダントツのカロリー消費量で、30分行うと200kcal近くを消費することができるというデータもあるんですよ!

ですが「どう動けばいいのか分からなくて苦手…」という女性も多いのが騎乗位の特徴。

女性が動くということは、自分が気持ちよくなるように動けばいいということでもありますので、実はとても快感を得やすい体位なんです。

気持ちよくなりながらダイエットもできて、彼も喜ぶとなると、ぜひマスターしたい体位ですね!

二の腕痩せには後背位!部分痩せが狙える体位は?

ではここからは、痩せたい部分別に、いつものセックスに取り入れやすいおすすめの体位をご紹介していきます。

お腹痩せ

「ぽにょぽにょしたお腹が気になる」という方には、正常位の中でも、「深山」という体位がおすすめ。
女性が仰向けに寝た状態で脚をVの字に開き、男性が足首をつかんで持ち上げながら挿入する形です。

お腹に力を入れることで、腹筋を鍛えられるほか、中の締まりも良くなる効果が期待できます。

二の腕痩せ

ノースリーブの服を着ると、どうしても二の腕が目立つ…。
そんなときには、後背位(バック)のひとつ、「碁盤攻め」を試してみましょう!

立った状態の女性が、ベッドなどの高さのある部分に手をついて体を前に倒し、男性が後ろから挿入します。

引き締め効果をもっとアップさせたいときは、テーブルなどの硬いところに手をつくのがポイント。
バスタブや洗面台、机など、いろいろな場所でしてみるのは、マンネリ防止にもなりますのでおすすめです。

脚痩せ

他のダイエットではなかなか落としにくい太ももの脂肪にアプローチしてくれるのが騎乗位。最初のうちは、彼に支えてもらいながら、膝をベッドにつけた状態で動いてみましょう。

それだけでも効果がありますが、慣れてきたら足裏をベッドにつけて、M字開脚のような状態で動くようにすると、カロリー消費量を大幅に増やすことができます。

脚全体を引き締めたいなら、立ちバックも効果的。
立った状態の女性に男性が後ろから挿入する体位ですが、脚に力が入ったり、つま先立ちに近い状態になったりすることで、ほっそり脚に近づくことができます。

セックスダイエットの効果をさらに高めるには?

ここまで、セックスがダイエットに効果的だという理由をいろいろな面から見てきましたが、ダイエット効果をもっと高めるためには以下のような方法があります。

  • セックス前にマッサージや入浴などで体温を上げておく
  • 脂肪燃焼、筋肉アップ効果のあるカルニチンやアミノ酸などのサプリメントを摂取する
  • 1回のセックスに時間をかけて、なるべく自分から動くようにする

最後のひとつは、彼の好みもありますのでなかなか難しいかもしれませんが、キスだけでも10~20kcalフェラチオでは30kcal~100kcal程度のカロリーを消費すると言われています。

積み重ねれば大きなカロリー消費になりますので、ダイエットを狙うなら、自分から積極的に動くようにしていきましょう。

また、脂肪燃焼効果の期待できるオキシトシンには、相手を好きであるほど、たくさん分泌されるという性質があります。

大好きな相手と、時間をかけてお互いに気持ち良いセックスをするのが、ダイエットには効果的と言えそうですね。

女性用風俗で性感マッサージを受けるのも効果的!

「そうは言っても相手がいない…」
「気持ちよくなりながら痩せられるって羨ましい」

そんな方は女性用風俗の利用も検討して見てください。ダイエット効果はもちろんですが、たくさん美容効果があります。

以下で性感マッサージの消費カロリーや美容効果を解説していますのでご覧ください。

関連記事

性感マッサージを受けると非常に多くのカロリーを消費します。今回は性感マッサージのダイエット効果と消費カロリーについて解説します。 下記の記事では、美容や若返り効果という観点で解説していますので併せてご覧ください。 [siteca[…]

まとめ

セックスがダイエットに効果的だと聞くと、びっくりしてしまう方も多いかもしれませんが、セックスは実際にダイエットに役立つもの。

快感が得られて続けやすく、なおかつ痩せられる、メリットだらけのダイエット方法です。

他のつらいダイエットに疲れてしまった方や楽に痩せたい方だけでなく、彼との仲を深めたい方も、ぜひセックスダイエットを試してみてくださいね。

以下の記事も併せてご覧ください。

関連記事

プリっと持ち上がったお尻にそこから伸びる綺麗な足。女性なら憧れるスタイルですよね。可愛いと思って買ってみた服、自分が着てみるとなんだかイメージと違う。そんな経験ありませんか? 下半身に悩みをもつ女性は世の中にたくさんいます。でも下半身[…]