私は大学生で彼氏は社会人…そんなカップルが抱える悩みあるあるとその対処法

社会人の彼氏を持つ大学生の女の子は「彼氏はどんな人?」とまわりに聞かれて「社会人だよ」と周りに言うと、「大人な彼氏でかっこよさそう!」「ご飯もおごりでプレゼントもいい物もらえるんでしょ?」なんて羨ましがられた経験はありませんか?

でも、「いいことばかりじゃないんだけどな。」とため息をつくこともしばしばですよね。例えば、

  • 彼が忙しくて会えない
  • 生活のリズムや考え方が違い過ぎて、最近うまくいっていない
  • 社会人の彼に何をプレゼントしていいかわからない

など、そんな悩みが尽きない女の子に、今回は「社会人の彼氏を持つ大学生のお悩みあるある」「その対処法」をお届けします。大好きな彼氏と別れたくない、絶対に長続きさせたい!という方は必見です!

お悩み①会えなくて寂しい

これに悩んでいる人は、かなり多いのではないでしょうか。学生同士であれば毎日のように会えるのに、社会人の彼だと、週に1度しか会えない。彼が忙しい時なんて2週間に1度、1ヶ月に1度。ついには「ごめん、急な残業で今日会えなくなった。」とドタキャンの連絡が…

忙しいのは分かっていても、やっぱり会えないのは寂しいですよね。そんな時、彼に素直に会いたいと言っていいものでしょうか。それともぐっと我慢する方がいいのでしょうか。

対処法「できるだけ彼のペースに合わせる」

色々なことを同時進行できる女性とは違い、男性はひとつのことに集中しがちです。仕事がハードな時は、仕事のことで頭がいっぱいになります。急な接待や残業・休日出勤で、デートがキャンセルになるのは悲しいですよね。

ですが、「先に約束していたのになんで?仕事と私どっちが大事なの?」と怒るのは法度です。彼も望んでドタキャンをしているわけではありません。彼もあなたに会えなくて辛い思いをしているかもしれません。それなのに、彼女から責められるような言葉を浴びせられたらどうでしょうか?

彼は更に疲れてしまい、会うのが苦痛だなと感じてしまいます。仕事熱心なことは喜ばしいこと。少し寂しく感じるかも知れませんが、頑張る彼の姿を応援しましょう。

対処法「たまに寂しいと伝えるのはOK」

そうは言っても、我慢ばっかりしていると、さすがにしんどくなりますよね。そんな時は、寂しいと伝えてみるのもアリです。ですが「たまに」がコツです。彼もあなたが寂しいと感じていることはわかっているはず。

「いつもお疲れ様。寂しいけど、次会えるのを楽しみにしてるね。仕事頑張ってね。」と、労いつつも”寂しい・会えたら嬉しい”というのをさり気なく伝えてみましょう。彼も「理解してくれてるんだな。我慢させている分、会えた時は大切にしよう。」と思ってくれるはずです。

お悩み②連絡が来ない・不安

  • 仕事中は仕方がないけど、終わった時間にも連絡がこない
  • 前は頻繁に電話していたのに、最近頻度が減った

そんな不安な日々を過ごしていませんか?「連絡がつかない間は何してるのかな」「体調崩してないかな」「社会人の女性って大人な感じがする」「魅力的な女性に囲まれて浮気しないかな」と、考え出すと不安がどんどん広がっていきます

社会人の彼の生活をイメージするのはなかなか難しいし、どのように接するのがよいのでしょうか?

対処法「連絡を催促しない」

社会人になると、生活ががらっと変わります。このように、仕事中は自分の携帯を触れないことも多いですし、残業で遅くなったり、帰っても疲れ果てて寝てしまうこともあります。これは社会人の私も経験がありますが、返信せずにそのまま寝落ちしてしまうことは比較的よくありました。

なので、「どんなに忙しくても、連絡ぐらい返せるよね。」は、言わないようにするのがベターです。「状況が落ち着いてから」「少し気力と体力が回復してから」という理由で、返信を先延ばしにていることもあります。

どうしても心配な時は、「返信は不要」と付け加えて、短い文章の気遣いや応援メッセージを送るといいでしょう。返信はできないけど、「気にかけてくれているんだな。」と、心が温まるはずです。一段落したら、きっと連絡をくれるはずですよ。

対処法「自分の時間を充実させる」

彼のことばかり考えているのはしんどくないですか?彼も自分の為だけに彼女が時間を割いているのがわかると、少し重いと感じてしまいます。そういう時は、友達と遊んだりバイトをしたり、自分磨きをしたりと、自分の時間を楽しむのがおすすめです!

大学生って本当に貴重な時間なのです。今しかできないことをして、有意義な時間を過ごしましょう。自分の時間が充実していると、余計なことを考える時間が減り、彼の動向が気にならなくなります。彼もきっと、キラキラしているあなたの姿に魅力を感じてくれますよ。

お悩み③プレゼント選びが難しい

誕生日やクリスマス、彼から素敵なプレゼントがあると嬉しいですよね。そして次は自分の番。「彼に喜んでもらえるプレゼントを贈ろう」と意気込んだものの、結構難しくて決まらないといったことはありませんか?

  • 何をあげたらいいかわからない
  • あまり高価な物は予算オーバー

そんな時の対処法をみてみましょう。

対処法「バイト代をためる」

  • 高価だけど、やっぱりそれなりに良い物をあげたい
  • 渡したいものが明確にあるけど、少し値が張る

そういう時は、バイトをして目標額まで貯めてみるのはいかがでしょうか。納得のいくものがプレゼントできますし、彼女が自分の為に頑張ってプレゼントしてくれことに、彼は嬉しく思うはずです。

対処法「手料理や手作りでおもてなし」

お金をかけなくても、素敵なプレゼントを演出できます。

  • 彼の好きな料理やパーティー料理を作ってみる
  • 思い出の場所で過ごす
  • レザークラフトやハンドメイドでオリジナルの一品を作る

など、心に残る演出やプレゼントもおすすめです。彼は、あなたが学生でお金に余裕がないのも知っているはず。あなたの思いをくみ取り、一生懸命準備してくれたことに、きっと喜んでくれるでしょう。

お悩み④デート代の支払いはどうすればいい?


デートと支払いは切っても切り離せないもの。

  • はじめは彼が支払ってくれたけど、これからどうすればいいの?
  • 完全に割り勘なのが厳しい
  • 学生が割り勘を申し出て、彼に恥をかかせない?

ここでも悩みは尽きません。対処法はどのようなものがあるのでしょうか?

対処法「自分も少し出す」

このように、「社会人が全額支払うのが当然」という人もいれば、「学生でも少しは支払ってほしい」と感じる人がいるのも確かです。これから付き合いが長くなると、毎回おごってもらう訳にはいきませんよね。

「割り勘を申し出て恥をかかせないかな?」と不安な方は、お店を出てからお金を渡すようにすると、お店では彼の顔を立てることができるので是非お試しください。

対処法「場面ごとに分けて支払う」

  • ディナーは出してもらう
  • その後のカフェ、飲み直すためのお酒やコンビニでの支払いは自分が出す

など、状況に合わせて支払いを分けるものアリです。

対処法「しっかりと話し合う」

お金の問題は意外とあなどれません。少しのモヤモヤが積み重なり、その後の付き合いがギクシャクしてしまうこともあります。そうなる前に、「自分も少し払いたい」「テストが多くてバイトに入れないから、完全な割り勘が辛い」など、正直に打ち明けてみましょう

お悩み⑤デートの場所・休日の過ごし方の意見が合わない

久しぶりに彼と過ごす休日。折角なら、ショッピングやテーマパーク、デートスポットに行って楽しみたいと思っていたのに、彼は疲れていてまた今日もおうちデート。外でのデートを提案しても嫌な顔をされた。やっと会えるのにそんな事が続くと、悲しくなりますよね。

デート場所や過ごし方など、二人の意見が合わない時はどうすればよいのでしょうか?

対処法「おうちでまったりデートを楽しむ」

仕事が忙しく、毎日夜遅くまで頑張っている彼が、休日は体力の回復に充てたいと思うのは当然のこと。私も休みが2日あったら1日は休みたい、とよく思います。

彼がしんどそうであれば、家で出来ることを提案すると喜んでくれるかもしれません。

  • 映画を観る
  • お酒や珈琲を飲みながらゆっくり話す
  • 家で高級食材や珍しいデリバリーを楽しむ
  • たこ焼きや流しそうめん、クレープなど、手作りでお祭り気分を味わう
  • ボードゲームやカードゲームを本気でする

などなど。普段と違った楽しみ方はいくらでもできます!

対処法「外で遊びたい時は前もって伝える」

ゆっくりしたいと思っていた彼に、急に思い立って外出をお願いするのは辞めておいた方がいいでしょう。意見が合わずに喧嘩のモトとなりかねません。優しい彼であれば付き合ってくれるかもしれませんが、無理をしてまで来てもらうのは申し訳ないですよね。

あらかじめ行きたい所や日にちを伝えていれば、彼もそのつもりで予定や仕事の調整がしやすいはず。お互い万全の状態で、デートに臨めるよう工夫してみましょう。

まとめ

  • 会えなくて寂しくても、彼をねぎらう言葉をかける
  • 自分の時間を充実させて魅力アップ!彼のことを考えすぎない
  • プレゼントはバイト代を貯めるか、手作りで心をこめて
  • デートのお金は話合いや、それぞれに合った方法を試してみて解決!
  • 休日はまったりデートも楽しんで!出かける予定は前もって!

いかがでしょうか、何かいい解決方法は見つかりましたか?ぜひ実践してみてくださいね。

最新情報をチェックしよう!