クラス替えは告白のチャンス!?好きな人とクラスが離れる時の気持ちを伝えるタイミングは?

大学のクラス替えで好きな人と離れることが分かった時、あなたはどう行動しますか。

自分の気持ちをいち早く伝えて恋人同士になることを目指す人もいれば、クラス替え後により積極的なアプローチを行い、関係の進展を目指す人もいることでしょう。

この記事では、好きな人に気持ちを伝えるおすすめのタイミングと伝え方、クラス替え後でもできる好きな人へのアプローチテクニックを紹介します。

クラスが離れると分かった時は気持ちを伝える良い機会

まず結論ですが、好きな人に気持ちを伝えるタイミングのおすすめは、新しいクラスの発表を受けて、クラス替えの日を待つ期間です。

クラス替えの発表時期や発表方法は学校によって異なりますが、公表されてからクラス移動を行うまでに一定の猶予がある場合、同じクラスにいるうちがチャンスと言えます。

好きな人と離れてしまうことがわかった場合、新しい生活に不安や絶望を感じて悲観してしまいがちですが、こんな時こそ意中の相手に気持ちを伝えるチャンスです!

期日が決まっている分、自分の中でも目標化しやすく気持ちの整理もつけやすいのです。思い切って自分の気持ちを打ち明けてみましょう!

どのような方法で気持ちを伝える?

気持ちを伝える決断を行った次に決めなくてはならないことは、告白の方法です。どのような方法で気持ちを伝えるかによって、告白の成功率が変化します。

告白方法の主な選択肢は、以下3個。好きな人との距離感や自分の性格を勘案し、良い返事をもらえる可能性の高いものを選択しましょう

直接会い、気持ちを伝える

直接会う方法は、表情や声のトーンといった視覚的な要素によるアプローチを行いやすく、真剣な想いを伝えることが可能です。

その反面で、過度な緊張によって告白できないケースもある・好きな人とあまり親しくない場合、二人きりの空間に誘うことすら難しいといったデメリットがありますので「100%正解」とは限りません。

LINEやメール、メッセージで伝える

LINEやメール、メッセージを通じた告白は緊張しにくく、照れ屋の人でも実践しやすい選択肢です。その反面、LINEやメール、メッセージによる告白に対し「真剣味が足りない」「誠意を感じない」といった印象を持つ人もいます。

電話で伝える

直接会う方法、LINEなどで告白する方法の中間に位置する選択肢です。声のトーンで真剣さをアピールできる上、直接会う方法と比較して、緊張しにくい手段と言えます。

しかし、電話による告白に対してもまた、ネガティブを持つ人がいることは事実です。また、緊張によって声が曇ると気持ちがうまく伝わらないため、発信ボタンを押す前に予行練習を行いましょう。

クラス替え前に気持ちを伝えるメリット2点

では、なぜ、同じクラスにいるうちに気持ちを伝える方法が良いのでしょうか。クラス替え前に気持ちを伝える方法のメリットは、以下2点です。

クラス替え後の疎遠リスクを回避できる

一般的に人間は、接触頻度の高い相手に好感を持ちやすいと言われます。この理論に沿って考えると、クラス替え後に接触頻度が減少すれば、心理的な距離感が広まってしまうこと必至。

クラス替え後も同じクラスのライバルに好きな人を奪われて、失恋するリスクもあります。その状況になった時に後悔するくらいであれば、なるべく早い段階で勇気を出し、自分の気持ちを伝えましょう。

デッドラインを決めることで行動力が高まる

「クラス替え前」という明確な期限を決めることは、行動力を高めることに貢献します。いつまでも片想いを引きずり、気持ちを伝えることのできないまま過ごすことは、大変悲しく辛いもの。

「クラス替え前に気持ちを伝える。ダメだった時はすっぱりとあきらめ、新しい恋を探す」と決めてしまえば、心のモヤモヤが軽くなります。

クラスが離れた後でもできるアプローチ方法

「クラス替え前の告白は、どうしても難しい。」という場合、クラスが離れた後でもできるアプローチを継続し、好きな人との距離感を縮めるための努力を行わなくてはなりません。たとえば、以下のようなアプローチを試してみてはいかがでしょうか。

好きな人と同じ組織に属してみる

社会心理学では、同じ組織に属する人を他の組織の人より高く評価し、優遇する心理が働くと言われます。(専門用語では「内集団びいき」という状態です)この理論を活用し、アプローチを行うためには、好きな人と同じサークル・ゼミに加入する方法がおすすめ。

好きな人と同じアルバイトを始めるなど、校外の同じ組織に属する方法でも、同様のアプローチが可能です。同じ組織に属するのみで満足せず、積極的に話し掛けたり分からないことを教えてもらったりすると、より関係が深まります。

「あなたを頼りにしています」という態度を前面に押し出し、関係の進展を目指しましょう

辞書や教科書を貸してもらう

「辞書や教科書を貸してほしい」といったお願いは、クラスが離れた後だからこそ、実践できるアプローチ。物の貸し借りは親しい関係の人同士でしか行わないことだからこそ、「あの子と自分は仲が良い」と自覚させるきっかけとしても機能します。

ある程度まで関係が深まった後であれば、辞書や教科書を返す際に「お礼がしたい」と申し出て、休日デートの約束を取り付けることもできるのではないでしょうか。

カフェに誘い、飲み物をご馳走するなど簡単なお礼で構いませんので、「一定のコストを掛けてでも、成就させたい恋愛」の時に検討できるアプローチの1つと言えます。

好きな人のよくいる場所に行ってみる

休み時間は、クラスが同じ・違うに関わらず、好きな人と一緒に過ごす良いチャンスです。中庭や図書館など好きな人のよくいる場所をリサーチし、自分もそこへ行きましょう。

好きな人と遭遇し、話し掛ける勇気が出ない人は、挨拶を交わすことから始めて下さい。「お疲れ様」「おはよう、今日は良い天気だね」といった挨拶であれば慣れ慣れしい印象を持たれにくく、好きな人とほとんど接したことのない人でも、無理なく挑戦可能です。

告白しても大丈夫?彼との距離感をチェック!

好きな人に告白を考えた時、重要なのは相手との距離感です。「心の距離が縮まった」と感じた時が告白のタイミング!以下では、心の距離を図るためのチェックポイントをご紹介します!

デートに誘ったら彼は来てくれる?

告白前に一度デートに誘ってみましょう!彼はすんなりデートに応じてくれるでしょうか?

相手にとってあなたが気になる存在である、または友達としてでも居心地の良い相手だと認識している場合には、快く応じてくれるはずです。

しかし、何かと理由をつけて断られてしまったり、他の友人を誘うようにほのめかさせる場合には彼はあなたと二人だけでいることに少し抵抗があるのかもしれません。

普段の会話の中から、彼の興味のあることや、行きたいと言っていた場所などを聞き出しておき、いざ告白を考える際には彼との距離感を図るための1つの手段としてお誘いをしてみましょう!

相談事を真剣に聞いてくれる?

男性にとって女性から頼られるのは嬉しいものです。相談事をお願いする場合、男性も「女性から頼りにされている」という感覚を感じるため、基本的に嫌な気はしません。特にそれが気になる相手であれば喜んで応じてくれるでしょう。

その際、彼が話を聞いてくれている態度に注目!携帯をいじりながら聞いていたり、軽いノリで返されてしまったりしている場合、彼は形だけ相談に応じているだけで、真剣に話を聞いてくれてはいません。

きちんとあなたと向き合い、真剣に話を聞いてくれる彼であれば、少なからずあなたのことを「大事にしたい存在」であると感じている可能性が高く、あなたの力になりたいと真剣に思ってくれているかもしれません。

また彼の方から話を聞くよ!と提案してくれるのであれば、あなたに好意を抱いている可能性はかなり高いでしょう。告白の成功率も高いと言えるのではないでしょうか?

見た目の変化に気づいてくれる?

気になる彼に会う前に一度思い切ってイメージチェンジをしてみましょう!髪型を変えてみたり、メイクや服のテイストを変えてみたりと印象を変えてみます。そんな時彼はあなたの変化に気づいて何か声をかけてくれるでしょうか?

男性はもともと女性ほど変化に気づける敏感な感覚を持ち合わせていない傾向があります。そのため「髪を切ったのに気づいてもらえなかった」という事例が発生するわけです。

しかしその対象が気になる相手だった場合、体的に何が変わったのかまではわからないにしても印象が変わったことくらいは気づくもの

彼が「今日はどうしたの?いつもと雰囲気が違うね」などと声をかけてきたら、彼もあなたに興味を持っている=彼との距離も縮まっていると考えていいでしょう!

クラス替えは告白のチャンス!

好きな人とクラスが離れてしまうことが分かり、不安を抱える人のため、気持ちを伝えるタイミングと告白方法、成功率を高めるための方策を紹介しました。

「良い返事がもらえなかった時のことを考えると、なかなか行動に移せない…」恋する女性としてもっともな感情ですが、他の人に先を越されて悔いの残る結果に終わることは避けたいもの。

この記事の内容を参考に今の自分にふさわしい行動を見極めて、前向きな一歩を踏み出しましょう。

最新情報をチェックしよう!