仕草ごとに女性の心理を解説!手を頬に当てるのには意味があった!?

気になる女性がいるけれど、以下のように悩んでいませんか?

「相手が自分に気があるのかわからない…」
「LINEの返信がいつも遅いのはどうして?」
「相手の気持ちが読めないと不安で動けない…」

女性は気持ちとは裏腹な態度をとったり、気持ちを察してほしいとストレートに言葉にしないことも多いので、男性からすると本音がわかりづらく、どうすればいいのか迷うことも多いのではないでしょうか。

そんなあなたは必見!実は、女性がふと見せる仕草は、無意識のうちに気持ちを表しています。

仕草によって脈あり、脈なし、というのがわかれば、気になるあの子の心がわかり、あなたに有利に恋愛を進めることができるかもしれません。

仕草ごとに女性の心理を解説!

今回は、行動心理学をもとに女性が見せる仕草を、「脈ありの仕草」「脈なしの仕草」に分けて解説します。

行動心理学とは、1912年にアメリカの心理学者、ジョン・ワトソンが創始したと言われ、行動から人の心理を探る研究です。

この研究により、「Aという仕草をすれば、Bという心理状態である」ということが明らかになりました。

この行動心理学をもとに、あなたの気になる女性がどちらの仕草が多いのか、ぜひチェックしてみてくださいね。

脈あり!女性があなたに好意を向けているときの仕草

女性が好意を寄せている男性に見せる仕草を、下記に7つ上げます。当てはまるものがあれば、あなたもチャンスありです!

両手を頬に当てる

両手で頬を隠すように手を当てるときは、照れ隠しのサインです。また、可愛らしく見えるので、自分をよく見せたいという心理もあり、好意を向けているといえます。

目がよく合う

気になる相手は無意識のうちに目がいくので、目がよく合います。目が合ったときに、にっこり笑顔になったり、恥ずかしそうに目をそらすときは、あなたに好意があるサインです。

鼻を触る

鼻を触るのは、本心を隠したいときの無意識の行動と言われます。男性の場合は嘘をついていると言われることもありますが、根本は自分の気持ちを隠したい、恥ずかしい、緊張を隠したい、という気持ちのときに表れる仕草です。

より心理を確実に確かめるには、鼻を触るときに下を向いて恥ずかしそうにしている、などその際の目線や表情などにも注目してください。

髪を触る

髪を触る仕草には、触り方によって脈あり、脈なしが変わってきます。
そこで、髪の触り方にプラスして、視線なども合わせてチェックしてみましょう。

前髪を触る

⇒少しでも自分をよく見てほしい(脈あり)

サイドの髪で顔を隠すようにしている

⇒恥ずかしくて表情を隠したい(脈あり)

髪をかき上げる

⇒自分に自信がある場合や、自分をきれに見せたい、または退屈している(場合による)

髪の毛先をクルクルしている

⇒退屈している・イライラしている(脈なし)

声のトーンが高い

女性が好意のある男性と話をするとき、無意識に普段よりも声のトーンが高くなります。声の高さというのは、女性らしさ可愛らしさを表すものでもあるので、本能的に少し高い声を出すのです。グループや他の男性と話しているときの声と比べてみると、あなたへの好意がわかりやすいです。

会話するとき、前のめりで足が自分を向いている

会話の際、あなたに好意があれば、自然と身を乗り出して前傾姿勢になります。また、女性が足を少しゆるめて組んでいたり、自分の方向を向けていればあなたに興味があるサインです。

一緒に食事をしたときに、あまり食べない

女性が好意のある男性と食事をするとき、「自分をよく見せたい」「大食いだと思われたら恥ずかしい」という気持ちが働くので、少ししか食事をしない、ということがあります。

また、人は恋をするとアドレナリンやドーパミンが出るので、それによって食欲がなくなり「恋をすると食事も喉を通らない」というわけです。

脈なし!女性があなたに好意がないときの仕草

足をぎゅっと閉じて座っている

相手へ警戒心があるときや、相手を拒絶しているときは、座った際足をぎゅっと閉じています。また、足の向きは相手への興味関心を表しているので、あなたと違う方向を向いている際は脈なしのサインです。

頬杖をつく

頬杖は今の状態に不満があるときや、退屈だと感じているときに出る態度です。

両腕を組む

両腕を組む姿勢は、「自分を守りたい」「相手に流されたくない」といった自己防衛の心理が働いているので、拒絶反応と言えます。

耳たぶを触る

耳たぶを触るということは、あなたとの時間を退屈に感じているサインです。

貧乏ゆすりをする

貧乏ゆすりは、今の状況に不満を抱いていたり、イライラしているときに表れる仕草です。

視線を横にそらす

相手が視線を横にそらすときは、あなたを拒絶しているサインです。上下にそらす場合は何かを思い出そうとしているときなので、違いが少し難しいのですが、相手の視線も心理を読み解く大切なポイントです。

距離をとる

女性は男性に比べて、パーソナルスペースが狭いと言われています。パーソナルスペースとは他人に立ち入られたくない距離のことで、好意のない男性がこのスペースに入ってくると、距離を保とうと離れるという行動をとります。

逆に、パーソナルスペースに入っても嫌がらなければ、あなたに好意を持っているとも言えます。

なぜ女性の心理は仕草に表れるのか?

女性は、男性に比べて二面性があります。つまり、本心では嫌だと思っていても、表面上は全くそんなそぶりを見せずにうまく立ち振る舞うことができます

このように、本心がわかりにくいのが女性ですが、行動や表情は男性に比べると豊かなので、よく観察することで、本心がわかりやすいとも言えます。

昔から、「目は口ほどにものを言う」と言われるように、口から出る言葉よりも、目線などの仕草に注目してみてください。

なにげない仕草は、よほど計算高い女性でない限りほとんど無意識に行われるので、「仕草=本心の表れ」と考えられます。

女性心理を知って、あなたに有利に恋愛を進めよう!

仕草ごとに女性の心理を解説しましたが、1つの仕草だけにとらわれず、視線や表情など総合的に相手の心理を読み解くことが大切です。

また、恋愛はタイミングも大事です!脈ありの仕草を見つけたら、チャンスを逃さずアタックしましょう。

脈なしの仕草が見られたとしても、グループなどで何度も会うたびに表情や仕草が変化することも十分にあり得ます。

あなたも、女性の仕草の裏にある心理を知って、恋愛を楽しんでくださいね。

最新情報をチェックしよう!