膣萎縮とは?膣萎縮性炎症の対策となってからの対処

膣萎縮という言葉を聞いたことはありますか?

若い方にはあまり馴染みのない言葉かもしれませんが、近年は年配の女性だけなく、様々な年齢層の女性に引き起こされる事がわかっています。

膣萎縮になる前にできる対策と既になってしまった方への対処方を解説してゆきます。

膣萎縮とは?

膣萎縮は萎縮性膣炎とも呼ばれています。

これは膣内に溜まった最近による感染症で、閉経後の女性や、卵巣摘出などをした女性に多いと言われています。

この炎症によって、膣内がヒリヒリしたり、出血を伴ったり、外陰部にかゆみが出たりという症状を引き起こします。

これを膣萎縮と呼んでいます。

膣萎縮が起こる原因とは?

膣収縮が起こる原因として最も多いのがエストロゲンの減少です。

エストロゲンとは女性の乳房や子宮、膣の発達を促す女性ホルモンです。女性らしい丸みを帯びた体はこのエストロゲンの分泌が欠かせません。

このエストロゲンは30歳手前くらいまで増加を続け、少しづつ減少してゆく事がわかっています。

またエストロゲンは生理に向けて増加してゆくので閉経後の女性からは分泌されにくくなります。

これが減少すると膣の膜を生成する事が難しくなり、薄くなってしまいます。更に膣内の分泌液も減少してしまうので、自浄作用が働かず、乾燥した状態になってしまいます。

通常、膣の中は定期的な性行為やパートナーからの愛撫によって潤いが保たれています。

この愛液とも呼ばれる体液は膣内の浄化作用を高めて細菌を外へ排出する効果があります。しかし性行為などが行われないと、細菌が膣内に溜まってしまい、炎症を引き起こします。

萎縮性(老人性)膣炎の症状

萎縮性膣炎になると膣内の膜が薄くなっている為、ちょっとした刺激でも傷や出血が伴う様になります。

下記の様な症状が出た際には萎縮性膣炎を疑った方が良いです。

  • 不明な出血が出る
  • 外陰部や膣に痛み、痒みがある
  • おりものから異臭がする
  • 行為時に出血する
  • 膣内がヒリヒリする

心配な方は婦人科で診察をして貰うのが良いと思います。

萎縮性膣炎を予防する為の対策

定期的に性行為を行う

エストロゲンの減少は年齢によって減少してゆくので避けられないとも言えます。仮に減少したとしても膣内の自浄作用が働けば、細菌が溜まらず炎症にはなりにくいです。

食生活を見直す

エストロゲンは女性ホルモンなので直接食品から摂取する事はできませんが納豆などの発酵食品を取る事で腸内環境を整え、膣内の流動を増やしてゆくという事で間接的に予防できると考えられています。

睡眠をしっかり取る

当たり前の事ですがホルモンはストレスフリーで理想的な生活習慣の中だと、生成されやすくなります。睡眠はもちろんですが、なるべくストレスを溜めず規則正しい生活をする事は大切です。

萎縮性膣炎になってしまったら

もし症状が出た場合は婦人科に行って診察を受けてください。

緊急性は高くないですが、炎症を放置しておくと、細菌が増えてゆく可能性があります。

またパートナーと定期的に関係を持つ事も大切です。もっと言えば膣内を濡らすという事が大切です。

そうする事で自浄作用が働き、細菌が溜まらなくなり、炎症になりにくいと思います。

女性用性感マッサージも検討

パートナーがいないと自分で膣内を濡らしたりというのは難しいです。そうゆう方は是非女性用風俗も検討してみてください。

定期的に誰かから性感マッサージを受ける事で、女性用ホルモンの生成、萎縮性膣炎の予防に繋がると期待できます。実際に膣収縮などの予防目的で通われている女性もいるそうです

他にも女性用風俗にはエストロゲンと別に下記の様なオキシトシンという女性ホルモンを分泌させる効果があります。

こちらは肌のツヤや潤いを促し、若さを保つ上で非常に重要な女性ホルモンです。

関連記事

今回の記事では、オーガズムにより得られる美容効果と幸せ効果についてご紹介します! 美容に重要な要素といえば、例えば、食事・運動・趣味・エステなどありますが、どうしてもこれらから得られない成分があります。 それが「オキシトシン」で[…]

また下記の記事では健康という面から性感マッサージの効果を解説しています。

女性用風俗は以下から予約できます。

カンブリアの予約はこちらからお願い致します。東京・横浜を中心に人気急上昇中の女性用風俗・性感マッサージ・エステ店。イケメ…