「両親への挨拶も済ませたのに…」婚約破棄の慰謝料やよくある原因・対策を解説

両家の顔合わせも無事に終え、職場にも結婚を報告。あとはいよいよ入籍…と思っていたらまさかの婚約破棄なんてことも。

「まさかここまで来て婚約破棄なんて物語の中の話でしょ」と思っていませんか?残念ながら婚約破棄はそんなに珍しいことではありません

お付き合いとは違い結婚となると様々な問題が生じます。その中で婚約破棄に至ってしまうのはどうしてなのでしょうか。

またそうなってしまった場合、慰謝料はもらえるのか、そうならないための対策を解説します。

婚約破棄の慰謝料は請求できる?その場合の相場は?

残念ながら婚約破棄になってしまった場合慰謝料はもらえるのでしょうか。そもそも慰謝料とは相手の言動によって受けた苦痛に対する損害賠償金のことです。相手の非を認められないと慰謝料はもらえません。どんな場合だと請求できるのか見て行きましょう。

慰謝料を請求できる場合

婚約を破棄した側に正当な理由があることが必要になります。不貞や精神的なモラハラ、DV、悪質な前科がある、失業によって極端に収入が低下するなどが挙げられます。正当な理由がないと判断される場合には慰謝料の請求は難しいでしょう。性格が合わない、家風が違う、宗派が違うなどです。

慰謝料の相場は?

一般的に婚約破棄の慰謝料の相場は50万〜200万とされています。ただし理由によっては慰謝料が高額になることもあります。婚約期間が長期にわたっている場合や妊娠中や出産している場合などがこれに当たります。より精神的苦痛が大きいと判断される場合です。

婚約破棄のよくある原因

一生を添い遂げようと思って婚約したのに、それが婚約破棄になってしまうのはどんなことが原因なのでしょうか。ここでは女性から男性に婚約破棄を告げる場合を見て行きましょう。

不貞

残念ながら婚約破棄を切り出す理由の1位は相手の不貞です。婚約をしてからの浮気の発覚は相当ダメージが大きいですね。

「もうここまで来てしまったんだから一回くらい許そうかな…」「二度としないって誓ってくれたから信じたい」」など結婚に向けて期待を膨らませていただけになんとか回避することも考えるようですが「一度あることは二度ある」「浮気ぐせは繰り返す」と決意する方が多いようです。

相手側も「独身最後に少しハメを外そう」と気が緩んでしまったのかもしれません。

DVモラハラ

婚約後に本性を表すことが多いのがモラハラです。それまでは穏やかで優しい彼が、自分のものになったと確信すると、相手の自尊心を傷つけるような発言をし自分から逃れられなくしたり、交友関係や持ち物などに口を出すようになり相手を支配下に置こうとします。

ひどくなると手をあげたりDVに発展する事も。気をつけたいのはモラハラを受けている時は洗脳状態にあるので中々それが異常だと気づけない事です。

犯罪歴や精神疾患がある

言わなければわからないと思いつつも入籍前に「やっぱり…」と犯罪歴がある事を打ち明けられる場合もあります。特に全国に名前が報道された場合などは婚約破棄に繋がる事もあります。

また相手が薬を持ち歩いていた、メンタルクリニックのカードが財布に入っているのが見えたなどふとした事で精神疾患がある事が発覚する事もあります。直ちに婚約破棄にならなくても相手の疾患に寄り添う覚悟があるか熟考する必要がありますね。

性格が合わない・相手の家族と合わない

恋愛期間はある意味非日常です。しかし結婚となると日常の生活の延長です。挨拶を済ませ、婚約期間には二人の生活を始めるために様々なイベントがやって来ます。

例えば新居探しでは何に基準を置いて決めるのか、立地なのか、設備なのか、賃料なのか…それだけでもお互いの価値観を擦り合わせていく作業になり、思わぬ対立が起こる可能性があります

普段目にすることのなかった相手の新しい面を知って「なんだか合わないかも」と冷めてしまう事も考えられます。また挨拶や結婚式の準備などで相手の両親や兄弟と顔を合わす機会も増えますね。「彼のことは好きだけど家族とは価値観が合わない」となってしまう場合もあるかもしれません。

それだけならいいのですが相手の家族が結婚に対して前向きな感情を持っていない場合もあります。やはり結婚は家族との関係が切っても切れないため無視できない要因になりかねません

婚約破棄にならないための対策

結婚は人生の中で大きな転換期のひとつですよね。そんな大きな決断を下す時は普段より慎重にならなくてはいけません。恋人同士の間にチェックしておきたいポイントやプロポーズ後に返事をする、もしくは挨拶に行く前に確認しておきたい所を押えていきましょう。

期間を設けて同棲してみる

結婚前に同棲をしておくの事は婚約破棄にならないための対策としてとても有効です。例えばデートで一日中一緒にいたり旅行で何日間か過ごしたりしてもそれはあくまで非日常です。

本来のお互いのライフスタイルを把握するには同棲が一番です。ここで家事の分担などを決めておくとスムーズに新婚生活に移行できるでしょう。トイレットペーパーはシングルかダブルか?など些細な事から朝食は摂るのか寝室は分けるのかなど、許容できる事とそうでない事をはっきりとさせましょう。

ただしダラダラと同棲期間が長引いてしまうのはよくありません。男性にとって結婚とは嬉しいことの反面、大きな責任を負うことです。入籍しないまま同棲生活が続くと「あれ?別にこのままでもよくない?」と、責任を回避してしまう事もあります。

同棲のゴール、つまり入籍日をしっかり決めてから同棲をスタートさせるのが良いでしょう。

お互いの友人と会う

もし彼が共通のサークルや職場などで知り合った人でなければ、積極的にお互いの友人と会ってみましょう。どんなタイプの友人がいるのかわかるのと同時に普段の様子や学生時代の彼の話が聞けるかもしれません。

彼女に見せる顔は少しムリをして大人っぽく振舞っているかもしれませんが、友人のとの会話では素の彼をチェック出来るいい機会です。それに二人だけの閉じた関係よりもお互いの友人を交えて関係を築いていったほうが彼と健全な関係でいる事が出来ます。

男性は男性社会の中での自分の評価をとても大切にしています。自分本位の行動をとって、それが彼女から自分の友人達に広まることは避けたいはずです。彼がモラハラ化しないようにするためにも有効です。

もちろんそんなことをしなくても大切にしてくれる彼なら問題ないのですが…。人間は多少なりとも人の目を気にする生き物なので相手の友人ともいい関係を築きたいものですね。

興信所を使う

興信所とは依頼により企業や個人の信用状況を調査する所です。プロポーズをされた、二人の中で結婚の話が具体的になってきたなどの段階で興信所を使う事を検討してみてはいかがでしょうか。

特に近年はネットで知り合うケースも増えています。素性がしれない場合にはリスクもありますので調査を依頼しましょう。もちろんプロにお願いするのですから費用がかかります。調べる範囲にもよりますが相場は30万〜50万ほどです。

何かとお金のかかる時期ですが一生のことを考えると安いかもしれません。興信所に依頼すれば生い立ちから経歴、周囲の評判、犯罪歴、家族の様子などありとあらゆることがわかります。婚約してからこんなはずではなかったというリスクをかなり減らすことが出来ます。

ちょっとした違和感を放っておかない

最後にチェックしておきたいポイントは「ちょっとした違和感」です。本当に些細なことでも「あれ?」と思うことを逃さないで観察するべきです。なぜならのちに婚約した後、もしくは晴れて入籍した後でも別れの原因は一番最初に感じたちょっとした違和感であることがとても多いからです。

人は物事を判断するときに感覚や直感で判断する場合と理性や知識で判断する場合があります。直感であれ?と思っても好きな相手なら「もしかしたらこう思ってるのかも」とか「きっと気のせいよね」と頭で無理やり納得させてしまうことがあるのです。

しかし関係が進むにつれて現実の相手をありのままにみることになった時に「直感の方が正しかった!」となりかねません。話が進んでからだと時間もお金も無駄にしてしまうのでちょっとした違和感をよく観察しましょう。

結婚を焦らず相手を見つめ直す期間を作ろう!

実際に婚約破棄になりさらに慰謝料をもらうとなるとかなりの時間と精神的な負担を負うことになります。そこまで関係がこじれてしまったら相手がすんなりとお金を払ってくれることは稀です。

そうならないためにも冷静に相手のことを見つめ直す時間を作ってみましょう。そして上にあげた対策をとれば後悔なく入籍まで進むことができるでしょう。

最新情報をチェックしよう!