興味はあるけど…初心者必見!アナルセックスのやり方と準備、注意点のまとめ

「アナルセックスは普通のセックスと違って少し恥ずかしい」と思っていませんか?

特別なエッチだからこそ高まる刺激的な快感の魅力と、やり方や注意点などをアナルセックス初心者にもわかりやすくご紹介します。

いつもとは違う刺激的なアナルセックスでマンネリを打ち破り、新しい愛の形にチャレンジしてみましょう。

アナルセックスとは肛門に挿入するセックスプレイ

アナルセックスとは肛門にペニスやラブグッズを挿入するセックスプレイで、肛門性交とも呼ばれます。

アナルセックスという名称は広く知られていますが、実際にプレイをした女性は多くないようです。

アナルセックスに興味はあるけど恥ずかしい、やり方がわからないなど、試すには勇気がいるでしょう。アナルセックスの秘められた魅力を初心者にもわかりやすくご案内します。

アナルセックスで快感を得られる理由

「アナルセックスって本当に気持ちがいいの?」アナルセックスが未経験の女性を待ち受けているのは、刺激的で未知なる快感です。

アナルの周辺は神経が集中している

アナルの周辺には神経が集中しています。刺激を与えると神経が敏感に反応し、快感を得られるのです。

気持ちいいポイントにあたりやすい

アナルの奥にある直腸と膣が隣り合っているため、間接的に膣や子宮、女性が深い快感を得るポルチオ性感帯を刺激します。

刺激的なプレイで気持ちが高まる

アナルセックスはいつもと違う特別なエッチ、という気持ちが快感の高まりを増長します。特にアナルセックス初心者や未経験の女性は、普通のエッチではないという背徳感に相反する好奇心が、アブノーマルな快感を呼び覚まし新たな女性の喜びを知るでしょう。

アナルセックスの前にやっておくこと

アナルはとてもデリケートな部分なので、膣に挿入するように準備が必要です。アナルセックスの前にやっておくべきことを確認しましょう。

アナルセックスの前の身だしなみ

アナルは傷が付きやすく不衛生でもあるため、事前に身だしなみを整えることも大切なポイントです。

爪を切る

アナルの奥にある粘膜はとてもデリケートです。粘膜は傷が付きやすいため、アナルセックスの前に爪を切りましょう。爪を切ったあとは切り口が引っかからないか、指でなぞって確かめることも忘れてはいけません。

アナルを洗う

アナルはとても不衛生な場所です。病気にならないように、アナル周辺を洗っておきましょう。しっかりと洗うことで、愛撫中でも気になるニオイをおさえられます。

アナルセックスで用意するもの

アナルセックス初心者が上手なプレイをするために必須のアイテムは2つです。健康と安全のために大切なアイテムなので、忘れずに用意をしましょう。

ローション

アナルの奥はデリケートな粘膜なのでとても傷が付きやすく、無理に挿入をすると出血や痔になる心配もあります。粘膜を保護して安全なアナルセックスをするために、ローションは必須のアイテムです。膣に挿入するときよりも多めに使いましょう。

コンドーム

アナルはもともと不衛生で雑菌が多い場所です。ペニスをそのまま挿入すると健康を害する危険性もあるので、コンドームをつけ忘れてはいけません。性感染症のリスクは、ペニスを挿入する男性だけではなく女性にもあります。

アナルセックスの注意点

アナルセックスは普通のセックスとは違い、友達どうして体験談が話題に出ることもないでしょう。

アナルセックスが未経験の女性にとって、不安は付きものです。女性にリラックスをしてもらうための注意点をご紹介します。

ゆっくりと挿入する

アナルにペニスやラブグッズを挿入するときは、焦らずにゆっくりとしましょう。アナルは産道となる膣ほど伸縮性はありません。強引に挿入すると切れることもあります。ようすを見ながら、ゆっくりと優しく挿入することがたいせつです。

挿入直後はすぐに動かさない

アナルはもともと異物を受け入れる場所ではありません。挿入直後はアナルが馴染んでいないため、すぐに前後運動を始めると傷みを伴うことがあります。収縮性が強いアナルに挿入した直後はすぐに動かず、アナルが馴染むまでようすを見ましょう。

ゆっくりと動かす

アナルがペニスやラブグッズに馴染んできたら、ゆっくりと動かします。膣に挿入したときのように、激しく動かしてはいけません。傷が付きやすい粘膜なので、デリケートに動かすのがポイントです。

ペニスやラブグッズを抜くときはゆっくりと

アナルからペニスやラブグッズを抜くときも、ゆっくりと抜きましょう。アナルが激しい動きに順応するには長い訓練が必要です。アナルセックス初心者のアナルは伸縮性が低いため、強引に抜くと粘膜を傷つけます。

アナルセックスのやり方

アナルセックスの準備と注意点がわかったら、いよいよ本番です。上手なやり方をチェックして、気持ちのいいアナルセックスを楽しみましょう。

①前戯をして羞恥心を抑える

アナルセックスは初心者の女性にとって恥ずかしいプレイです。お尻の穴をじっと見られるだけでも恥ずかしいのに、異物を挿入するのですから当然です。

女性がリラックスするように、羞恥心を煽らない愛撫をしてあげましょう。羞恥心を忘れるくらい、気持ちと快感を高めることがポイントです。

普通のセックスのように愛撫する

アナルセックスをするからといって、アナルに集中することはありません。まずは普通のセックスと同じように、胸やクリトリスなどをしっかりと愛撫しましょう。女性のリラックスと快感を高めることが最優先です。

アナルの周辺を愛撫する

女性の膣が潤って快感が高まってきたら、膣とアナルの間など周辺を愛撫しましょう。この時もまだ、アナルには直接触れません。膣とアナルの間を会陰(えいん)といい、女性の性感帯のひとつです。

会陰の内側には子宮などを支える筋肉があり、セックスの時の締りを左右します。アナルに近い会陰を刺激することで、いきなりアナルに触れられる羞恥心を和らげられます。

②快感が高まってきたらアナルをほぐす

女性の快感が十分に高まり、快楽に身を任せるようになったら、いよいよアナルをほぐします。

アナルに指を1本入れる

アナルに1本の指を第一関節までゆっくりと挿入しましょう。第一関節をピクッと動かしてようすを見ます。女性も同時にピクッと反応したらアナルが敏感な女性です。何度か指を動かしてあげましょう。

アナルに挿入される感じに馴れてきたら、指をゆっくりと根本まで入れます。アナルの中で指の関節を動かしたり前後運動をしたり、優しく刺激を与えていきましょう。収縮しているアナルがほぐれてきます。

アナルがほぐれてきたら指の本数を増やす

アナルがほぐれてきたら挿入する指の本数を2本に増やしましょう。この時もゆっくりと挿入し、ゆっくりと動かすのがたいせつなポイントです。傷みを伴わないように時間をかけて、さらに優しくほぐしていきます。

③アナルに挿入する準備

女性のアナルがしっかりとほぐれて、2~3本の指をスムーズに受け入れるようになったら挿入の準備です。

コンドームをつける

ペニスやラブグッズにコンドームをつけましょう。コンドームは健康を害さないために必須です。

ローションを塗る

アナルと挿入するペニスやラブグッズにローションを塗ります。アナルは愛液が出ず締まりも強いので、膣に挿入するときよりも多く塗りましょう。

アナルセックスのリスク

アナルセックスにはリスクが伴います。リスクを知って事前に回避しましょう。

性感染症

アナルセックスで最も気をつけたいことのひとつが性感染症です。アナルの粘膜を傷つけるなど不適切な行為により、「梅毒」「尖圭コンジローマ」「B型肝炎」「クラミジア」「HIV」「成人T細胞白血病」などに感染するリスクを伴います。

リスクを避けるため、ローションを多めに塗り、ペニスやラブグッズにはコンドームを忘れずに付けましょう。

関連記事

現代では、若い女性にも広がる性病。実際に「性病にかかったかも?」と感じていて、誰にも相談できず、不安な人もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、主な性病と、その症状や移り方など、詳しく解説していきます。正しい知識を知って、対処方法[…]

汚物が付く

アナルは排泄するための器官です。挿入することでペニスやラブグッズに汚物が付くこともあります。コンドームを付けて回避しましょう。

ニオイが付く

アナルは排泄する器官なので、挿入したペニスやラブグッズに匂いが付くことは避けられません。腸内を洗浄すると多少はニオイも和らぎますが、完全に消すことは不可能です。コンドームを付けていると後始末の手間がかかりません。

アナルセックスの刺激でマンネリ打破

いつもと違うアナルセックスは経験したことのない刺激と魅力がいっぱいです。

マンネリしたセックスも、気持ちいいアナルセックスで新鮮な喜びに包まれるでしょう。

アナルセックスの準備、注意点、やり方、リスクを理解し、健康で安全なエッチを楽しみましょう。

最新情報をチェックしよう!