女性はなぜ寝バックが好きなのか?初心者でもできるやり方を解説

実は多くの女性が、最も好きな体位としてあげる“寝バック”。正常位や普通のバックでは得られない快感は、1度知ったらやみつきになる女性も多いんだとか。

そのため、「まだイッたことがない」「中イキを知りたい」という女性に、今最もオススメしたい体位なんです。

なぜ寝バックが女性たちをとりこにするのか…。ここでは寝バックの魅力や、より楽しむ方法について徹底的にご説明します。

そもそも寝バックとは?

寝バックとは、セックス 時にうつぶせになった女性の後ろから男性がペニスを挿入する体位のことを指します。

通常のバックでは四つん這いの体制で足をつくのに対し、寝バックでは女性は足を伸ばした状態でうつぶせ寝をしているような体勢となります。

男性が女性の背中に覆いかぶされば、女性は包み込まれるような幸福感を味わえますし、男性は背中やうなじを愛撫しやすくなるため、精神的にも満たされるラブタイムを過ごせます

そのため寝バックが好き!という女性も多く、人気の体位と言えるでしょう!

寝バックがオススメな3つの理由

男女ともに気持ち良く、愛が深まる究極の体位・寝バック。そのメリットを、さらに詳しく解説します。

余計な力がいらずリラックスできる

通常のバックでは女性が四つん這いになりますが、寝バックはその名の通り寝ているため、余計な力がいりません

また、男性も通常のバックのように腰を落として体勢をキープする必要がなく、女性に覆いかぶさっていれば良いので体力の消耗が比較的少なくて済むのです。

体力的に余裕がある体勢だからこそ、リラックスしてセックスに没頭できます

ポルチオ開発しやすい

寝バックの場合、男性は深くペニスを挿入できます。角度によっては膣内奥にあるポルチオ性感帯を刺激しやすく、いわゆる「奥イキ」を実現しやすい体位です。

ポルチオ開発のコツは、男性がじっくり腰をうごかして子宮口の付近を刺激すること。長ければ数分間にもおよぶ奥イキを知って、やみつきになった女性も多いんだとか。

ポルチオについてはこちらの記事でもご紹介しています▼

関連記事

「私も中イキしてみたいな...」と思ったことのある女性なら1度は聞いたことがあるはずの「ポルチオ(性感帯)」ですが、実際のところどの辺りにあるのか、どうやって開発すればいいのかわからない人も多いと思います。 「ポルチオを開発すると何度[…]

念願の中イキができるかも

クリトリスへの刺激でイッたことはあるけど、膣への刺激でイク経験がない女性は多いと思います。中イキも経験してみたい女性にとって、寝バックは最もオススメです。

そもそもバックは、女性のお腹側に存在するGスポットを刺激できるため、中イキしやすい体位なのです

しかも寝バックの場合は、女性が足を伸ばした体勢なので、通常のバックと比較しても下半身に力が入るため、よりイキやすいと言えるでしょう。

正しい寝バックをするために意識したいポイントとは?

寝バックの魅力がわかったところで、次はお互いが気持ちよくセックスできる正しい寝バックの方法をご説明します。パートナーと試して上手に寝バックを楽しんでくださいね。

寝バックの基本体勢

寝バックにはいくつかのバリエーションがありますが、基本的には、女性が30~45度程度脚を開き、男性は膝を付いて馬乗りになります

女性に体重をかけすぎると負担になるため、手や脚に体重を分散させながら、両脚で女性の太ももをはさみこみましょう。

挿入角度は下30~45度程度。ゆっくりピストンを開始し、膣奥に向かってペニスを押し付け、お互いに気持ちの良い場所を探してください。

寝バックの基本的なやり方やポイントについてこちらのYouTubeでも紹介しています▼

ピストンのスピードに注意

寝バックのときはピストンのスピードに気をつけてください。ペニスを奥まで挿入できるぶん、激しく動かすと女性が性交痛を感じる場合がありますから、かならず最初はゆっくりとした動きで。

また、ペニスと膣の位置や向きには個人差があるため、お互いが気持ちよいと思う角度をじっくり探しましょう。

挿入する際は互いの体感をチェック!

寝バックではきちんと基本に則って行えば、ペニスを奥まで挿入し、互いに大きな快感を得ることが可能です。

しかし一方で、女性のお尻に拒まれれてうまく挿入ができなかったり、無理やりの挿入で女性に性交痛を感じさせてしまったりと挿入を間違えると快感を得られずに終わってしまう可能性があります。

男性側にしっかりと挿入されている体感がある、女性が痛がっていないということであれば、挿入方法は間違っておらず、ピストンを行うことで互いに大きな快感を得ることができます!正しく挿入ができているか体感をチェックするようにしましょう!

膣トレでより気持ちよく

寝バックは正常位などよりも、膣が締まりやすい体位です。このメリットを生かして女性が意識的に膣を締めれば、男女ともに大きな快感を得られます。寝バックを最大限楽しむために、膣トレにチャレンジしてみるのも良いでしょう。

例えば以下のアイテムは膣トレにぴったりです。

ラブスライド&インナーボール ¥4,366

寝バックのバリエーションを楽しもう

寝バックのポイントをマスターしたら、次は応用編。寝バックには男女が体を密着させるスタンダードなかたち以外に、さまざまなバリエーションがあります。

パートナーといろいろな体位を試して、2人にとってのベストを目指しましょう。ここでは3種類の寝バックをご紹介します。

男性が上半身を起こすパターン

男性が女性に覆いかぶさるのではなく、上半身を起こすことによって、膣のより深い位置までペニスを挿入できるようになります。

膣の奥にあるポルチオ性感帯にペニスがと届く、奥イキしやすい体位です。また、ペニスを奥まで挿入することで、男性も強い征服感と興奮を味わえます。

注意点は、勢いよくピストン運動をすると女性のアナルに挿入してしまう危険性があることです。アナルセックス未経験の女性は痛みから寝バックがトラウマになってしまう可能性もあるので、互いに配慮し合い慎重にピストン運動をしましょう

女性がお尻を持ち上げるパターン

女性が上半身をベッドに押し付け、膝をついてお尻だけをグッと上げる体位です。男性が上半身を起こす体位より、さらに深い位置までペニスを挿入できます。膣奥で快感を得やすい女性には最も適したかたちです。

ただ、かなり奥まで挿入できる体位だからこそ、性交通が起きる可能性があります。膣や腹部に痛みを感じたときは、我慢せずに男性に報告しながら、無理せずセックスを楽しんでください。

枕やクッションで補助するパターン

寝バックの体勢が少し苦しい…という女性は、お腹の下に枕やクッションを置くことで負担を軽減できます。力を入れずにお尻の位置を上げられて、骨盤も安定しますので、苦しいときはぜひこの方法を試してみてください。

女性が慣れてきたら、少しずつペニスを奥に突き入れて、さらに気持ちの良い場所を探すのも良いでしょう。

寝バックで心身ともに満足度の高いセックスを!

いかがでしたでしょうか。男女ともに大きな快感と精神的な満足を得られる体位・寝バック。まだ挑戦したことのない方は、ぜひ新たな快感を体験してみてはいかがでしょうか。

これまで話に聞くだけだった中イキ・奥イキを知って、2人の絆が深まるかもしれませんよ!ただ、あくまでも無理は禁物。お互いを思いやりながら、負担を感じないやり方でラブタイムを楽しんでくださいね。

最新情報をチェックしよう!