【女性用風俗体験レポ】一度もイッた事のない私が女性用風俗を使ってみた結果

ふと気が付いたら、女性用風俗という世界に足を踏み入れていたんです。そんな私の初めての女性用風俗体験記を是非読んでほしいと思います。

とても素敵な体験で、今でもあの時勇気を出してよかったと思っています。

気になっている方にはこの記事を読むことで、一歩踏み出して幸せな気分を味わってもらえると嬉しいです!

女性風俗に踏み込んだきっかけは?

女性風俗という言葉を知らなかった私ですが、現在はリピートするほどに女性風俗を活用しています。ここでは女性風俗に踏み込んだきっかけについてご紹介します。

性の悩みを抱えていた

今まで生きてきて、性についての大きな悩みはありませんでした。男性経験はそこそこ豊富だし、SEXもそれなりにたくさんしてきたし、色んな経験をしてきて満足してきたつもりだったけど…。

でもそんな私にも密かに、そしてほんの小さな悩みがあるんです。実は私イッたことがないんです。

それって大きな悩みじゃない?って思われる方もいるかもしれないのですが、気持ちいいんですよSEXは。ちゃんと感じてますよ。愛もたくさん感じてますよ。

でもただイッたことがない。だから今までは大きな悩みとして捉えてなかったんです。

女性風俗についてテレビ番組で知った

でも、イクってどんな感じなんだろう…と一旦気になったら体験したいって思うじゃないですか?だけど、今まで普通に付き合ってきた人とのSEXでイケなかったら無理じゃない?そう思っていたんです。

そんな私の運命を変えることになったのはあるテレビ番組を見た日のこと。女性用風俗店が今増えているということをテレビ番組を経て知ることに

でもすぐに利用する気持ちにはならず、なんとなく気になる存在として私の心に残っていました。利用するのはやっぱり抵抗があったんです。

初めて会う人にイカせて欲しいなんて言えないですよ。さすがの私にも羞恥心や不安はあったので…だけどとても気になる存在の「女性用風俗」という響き。その響きだけが頭の中に残っていました。

女性用風俗に踏み込んだ日

女性用風俗という妖艶な響きだけが頭に残っていた日々が続いていました。そんなある日ふと、誰かに触れてほしい…と強く思った日がありました。そこで、勇気を出して「女性用風俗」というキーワードでネット検索を掛けてみたのです。

予約

「女性用風俗」で検索したらたくさんのお店があり、これだけ需要があることにも驚きました。

ホームページを見るとイケメンだらけ!「本当にこんなイケメンを呼べるの?」そんな不安よりもその時は誰かに触れてほしいという気持ちが勝り、とりあえずWEB予約ページへと進みました。

一度はメールで予約を入れましたが、すでに時間は夜中の1時、しかもメールが届かないこともあるという文言を見て、お店のホームページに記載のあった「今すぐ電話はこちらをクリック!」から思い切って電話をかけてみることにしました。

店員
お電話ありがとうございます。
先ほどメールで連絡した者なのですが…
店員
ご連絡ありがとうございます。いつのご利用になりますか?
これからってお願いできますか?
店員
大丈夫です。気になるセラピストはいますか?
あまり詳しく見ていないので特には…。
店員
今ですとユウキ(仮名)とサトル(仮名)のご案内が可能ですよ。
おススメはどちらですか?
店員
ユウキはランキングも上位でおススメです。
おススメの方でお願いします。
店員
コースはお決まりでしたか?
マッサージでお願いしたいのですが何分がおススメですか?
店員
ゆっくり楽しんでいただけるのは120分ですね。
それでお願いします。
店員
何時からにしますか?
これからすぐってお願いできますか?
店員
大丈夫ですよ。ご自宅とホテルどちらがご希望ですか?
自宅はちょっと…。
店員
ユウキなら車でお迎えに行けます。
そうなんですか?では、迎えに来てもらってもいいでしょうか?
店員
わかりました。ではお迎えに行く住所をメールにてご連絡ください。
わかりました。よろしくお願いします。

ということでユウキさんが家に迎えに来てくれることに。急いで準備をして連絡待っていると、メールに「着きました!」と連絡が!ドキドキしながら家の外へ…

初対面

外に出ると、白い外車が停まっていて「この車?」とドキドキしながらドアを開ける。そうすると運転席には満面の笑みを浮かべたイケメンが!

「こんばんわ―」と爽やかに挨拶される。「乗っていいですか?」とぎこちない私に「どーぞ!」と余裕たっぷりの笑みを浮かべたイケメンさん。

車に乗ってホテルへ。最近ホテルなんて言ってなかったから、イケメンさんにそこはお任せ。

10分ちょっとでホテルに到着。きっと車の中で何か話していた気もするけど正直緊張しすぎて覚えてない…ただ、常に笑顔で優しく微笑んでいてくれるイケメンさんに引き込まれていきました

促されるままにホテルへ。私ってこんなに男性と会うのに緊張するような人間だった?と不安になりながら部屋へと入りました。

幸せすぎた!女性風俗初体験の120 分!

2人きりでカウンセリング

とりあえずソファーに座ってカウンセリングのような簡単な質問をされた気がする。正直緊張のあまりはっきりとは覚えていません…

ただ、笑顔で話しかけてくれるイケメンさんの低く響く声が素敵…そして心地いい…なんて考えていたのは覚えています。

触れるか触れないかの距離感に座った私とイケメンさん。ゆっくりとした口調で話しかけてきてくれ、話をするときは常に私を見つめてくれました。

優しく、妖艶な目線。イケメンさんから漂う優しい雰囲気。そして、包み込んでくれるような懐の大きささえも感じさせてくれます。年下なのに…年の差なんて感じないくらいの雰囲気を作ってくれている。ありがとう…そんな気持ちになっていました。

緊張してるのきっと伝わっているんだろうな…でも、そんなことには触れることなく優しくゆっくりと話しかけてくれます。

  • 触られたら嫌な場所
  • されて嫌なこと

を主に聞かれたような気がします。特に触られたくないところはないし、むしろ触ってほしい…でも恥じらいからそんなことは言えませんでした

「じゃあシャワー浴びようか」とイケメンさんがリードしてくれました。

私より全然年下なのになーしっかりリードされちゃってるよ私と思いながらも、さすがに最初から2人でのシャワーには抵抗があったので1人でシャワーへ。

シャワーを浴びながら「イケメン過ぎて緊張する…ちゃんと顔も見れてないし…」なんて考えながらシャワーを浴び終わってバスローブに着替えます。

シャワーから上がるとイケメンさんが「じゃあ俺もシャワー浴びてくるね。」と颯爽とシャワーへ。

私はソファーに座りながらそわそわ。これからどんなことが始まるんだろう…そんな答えの出ないことを考えながらぼーっとしてるとシャワーから上がったイケメンさんが手を引いてベッドへと私を連れて行ってくれまし

オイルマッサージ

ベッドにうつぶせになる私。後ろから「オイル少し冷たいからごめんね。」と優しく心地よく響く声。オイルマッサージが始まりました

ふくらはぎにオイルを塗られてマッサージされていく。触られてる…ドキドキする…普通に気持ちがいい…エステみたい…そんな風に考えていたらイケメンさんが「左側にいつも体重かけて立ってない?」と声を掛けてきました。

言われればそうかもと思って「そうかも…」と答える私。「左の方が張ってるもんね。痛くない?」と気持ちいいマッサージをしてくれながら声を掛けてくれます。

イケメンセラピストさんは顔は可愛い顔しているのに、声は少し低めでエロい。そんな心地いい声で話しかけてくれながらオイルマッサージの手がどんどん上に…

気持ちいいけどどこまでバスローブ上げていくの?ドキドキするんですけど…なんて声には出せずに一人でドキドキしている私。

そんな私の心を読むようにイケメンさんは「まだ緊張してるの?」とちょっと意地悪そうに声を掛けてきます。

「そんなことない。」と言いながら緊張しまくりの私。なんか恥ずかしすぎ…足から腰までマッサージが終わると、優しくそして少し意地悪な声で「仰向けになって。」と言われ、言われるがまま仰向けに。

顔が見える仰向けはかなり恥ずかしい。部屋の電気は暗めにしてもらっているけど…恥ずかしさは残ったままでした。「緊張してるでしょ?」と意地悪な笑顔をしてるイケメンさん。

「そんなことないもん。」と強がる私。そんな私を見ながらくしゃと笑うイケメンさん。絶対緊張してるの完全にバレてるーと逆に恥ずかしくなっていました。そんな私をよそにイケメンさんはマッサージを続けます。

つま先からふくらはぎ、太ももへ…足の付け根をマッサージされて思わず声が…

性感マッサージへ

「このまま性感に移っていくね。」と優しくささやかれる。そして優しい笑顔のイケメンさん。そんな顔がたまらなく可愛くて思わず「キスして。」と言う私。

チュッと優しく唇を重ねてくれる。そしてやっぱり意地悪な笑顔を浮かべてる。あー恥ずかしい。でも幸せ…気持ちよすぎる…そんな今までに経験したことのないような感覚に陥っていました。

そこからイケメンさんは足のつま先から丁寧に全身リップを始める。全身リップされたことないわけじゃないけど久し振りすぎて気持ち良さに声が出るその声を聞いて「気持ちいい?」と声を掛けてきました。

「うん…。」と答えるのが精いっぱいの私。もう気持ちいいからどうにでもしてって感じになって、とにかく触れられてる場所すべてが感じる状態に…

気持ちいい…幸せ…満たされる…そんな気持ちでいっぱいだったところで一番敏感なところにキスをされて声が出る。

クンニ気持ちよすぎなんですけど…というか濡れ過ぎてるのがわかるから恥ずかしい。だって気持ちいいんだもんしょうがないよね。

声出してもいいんだよね…いっぱい感じていいんだよね…気持ちよすぎ…そんな丁寧にクンニされたら感じるに決まってるじゃん。

そんな考えでぐちゃぐちゃの私の頭の中。そんな私の頭の中の声が聞こえてるんじゃないのってタイミングでイケメンさんが「気持ちよかった?」と顔を上げるそして優しく唇にキス。

気持ちいいに決まってるじゃん!と思いながらもなんか素直に言えない私。「うん…。」とだけ答えます。私の全てを見透かしているような顔でイケメンさんは手マンを始める。だから気持ちいいって。声出ちゃうって。気持ちよすぎる。

誰かに触れてほしいって思って読んだセラピストさんだったけど、満足させられています。触れてほしいを超えて気持ち良すぎ

こんなに気持ちいいのにでもやっぱりイケなかった。イケメンさんにイケないことを話してみることに。「すごく感じるんだけどね、今までイッたことないの。」

そうしたらイケメンさんは「クリトリスと中ならどっちが気持ちいい?」って優しく声を掛けてくれる。

「クリトリスは感じる。」と素直に答える私。初めて会う人なのに聞かれたら答えられる雰囲気を作ってくれる。安心する空気を作ってくれている。そんなイケメンさんに感謝でした。

そうしたらイケメンさんは「バイブ嫌じゃない?嫌じゃないなら使ってみようか?」と。私は嫌じゃないので使ってもらうことに

イケメンさんはすごく悪い顔して「マックスの強さで攻めていい?」と言う。いやいやそれはさすがに無理でしょ。「初めは弱めで…。」とお願いをする。

クンニと手マンで敏感になっているクリトリスをバイブで攻められる。気持ちよすぎて声が出る。恥ずかしい…でも気持ち…もっと攻めて…もっと…

そんな攻められて感じて気持ち良くてたまらない。幸せでたまらない。こんなに心から満たされるのって初めてかも…そんな夢のような世界に連れて行ってくれたイケメンさん。

結局最後までイケなかったけどそんなことより幸せすぎて満足。身体はしっかり満たされて、心もとても満たされいてる。

イケなかったことを謝るとイケメンさんは「普通の人よりクリトリスが小さいから他の人より感じにくいのかもしれないね。だけど、中も感じているから開発してばイケるようになるよ。」とコメントまでもイケメン。

そうなのね私の身体。だからイケなかったのね。それを教えてもらっただけでも満足だし、そもそもイケなくても気持ちよすぎでした。イケメンさんありがとう。私幸せです。って気持ちでいっぱいになりました。

マッサージが終わって

マッサージも終わって心も身体も満たされてる私を優しく抱きしめてくれるイケメンさん。そして優しく「シャワー浴びようか。二人で浴びる?」って聞いてきました。

もう裸見られてるのはわかっているけどなんとなく恥ずかしいから「先に一人で入る。いい?」って聞くと「いいよ。」と優しく答えてくれました。

シャワー浴びながら「幸せすぎー。」と自然につぶやく私。シャワー上がったらやっぱり笑顔のイケメンさん。「俺も浴びてくるね。」と颯爽とシャワーを浴びに行きました。

私はもう幸せな気持ちでいっぱいになってるからぼーっとしてたら、いつの間にかシャワーから上がったイケメンさんが笑顔で近づき「大丈夫?疲れてない?」と。

いやいや疲れてるのはあなたのほうでしょと言いたくなるのを我慢して「大丈夫。幸せ。」と答えるので精一杯。そのままホテルを後にして、車で家まで送ってくれました。本当に至れり尽くせり。ありがとうイケメンさん。

幸せな気持ちでいっぱいだったけどちゃんと伝わったかな?と不安になりながら「ありがとう。」と伝えてお別れしました。

家に帰って

満足。いや、満足すぎでしょ!!今までなんで女性用風俗を使わなかったんだろうと自分を恨む

新しい世界を知ってしまった…でも幸せだからいいことだよね。心も満たされているからいいよね。あー今度はいつ予約しよう。またイケメンさんに会いたい。

そんな幸せな気持ちで家のベッドに入るとスマホに連絡が。なんとイケメンさんからのDM。ここまでしてくれるの?いやいやこれは料金以上でしょ。これはまた呼ぶしかないよね。はい。リピート決定。そんな簡単な思考の私。

だって幸せなんだもん。いっぱい満たされたんだもんまた頼むに決まっているよ。それに開発したらイケるようになるって言われたし。そんな貴重な体験をした日が私の女性用風俗利用初体験です。

また利用したい度120%!興味があるなら勇気を出してぜひ体験を!

女性用風俗って本当に素敵な時間が過ごせるの?呼ぶのに抵抗がある。そんな思いを抱えている方が実は多くいるのではないかと思っています。

ですが安心してください。ホームページがしっかりしている会社であれば安心して利用していただけます。もし、不安が多いのでしたらツイッターで「女性用風俗」と検索して、ユーザーさんの素敵なつぶやきを参考にしてみてください。

少しでも気になっている人は是非素敵な時間を過ごすために一歩進んでみてくださいね。

▼以下の体験記も併せてご覧ください。

関連記事

ここでは34歳の私が初めて女性用風俗を利用した体験談を書きます。 予約の仕方からセラピストと会って解散をする所まで、かなり詳しく書いたので初めての人もこれを見れば全体の流れがわかります。 最近話題の女性用風俗ですが、どうやって予[…]

最新情報をチェックしよう!