“スピ系は怖い” のイメージから脱却!モテるスピ系女子になる為のポイントを解説

スピ系とはスピリチュアル系の略で霊的、精神的なものの様に見えないものを過度に信仰している人を指す言葉です。最近ではオカルト好きなどもこれに含めている様です。

占いや神話はある程度の娯楽として楽しむ分には問題ありませんが、過度に信仰して生活のペースがスピリチュアル中心になると高確率「スピ系」と呼ばれ、煙たがられてしまいます。

風水や宗教などにのめり込むあまり、自分では気が付けていないだけでスピ系女子になってしまっていることはありませんか?

以下ではうざがられてしまうスピ系が嫌われる原因や対処方法、スピ系女子の自分を活かす方法についてご紹介致します。

スピ系は怖いしうざい!?そう思われてしまう理由とは

スピ系は興味のない人から見ると、言動などが怖いしうざいと思われているかもしれません。嫌われるには必ず何らかの原因があります。スピリチュアルの中でも星座占いなどのライトなものは楽しんでいる人も比較的多いでしょう。

しかし本格的にスピリチュアルにのめり込むと、周りの人が距離を取ろうとするのはなぜなのでしょうか?以下では一般人の認識と嫌われる原因について記載しています。

スピ系が嫌われる理由とは?

スピ系が嫌われる原因は怖いというのが一番です。一般人からは理解し難いスピリチュアル用語やグッズを購入してそれを良かれと思って人に勧めてしまっているということはないでしょうか?

スピリチュアルを信じていない人に押し付けても自分が怖いと思われてしまう、またはうざがられて距離を置かれてしまいます。スピリチュアルに関心が無い人の場合、スピリチュアルへの認識はマスメディアから得た情報が大半となります。

テレビや新聞記事などで報道されたスピリチュアル関連の事件などに情報が偏りがちになり、スピリチュアルに対してマイナスイメージが定着してしまうのです。

星座占いなどもスピリチュアルではありますが、一般向けにかなりライトな内容なので普通の人はれっきとしたスピリチュアルとしての認識は薄い様です。

スピリチュアルの危険な部分とは?

スピリチュアルが持つ危険な側面をご存知でしょうか。

  • 洗脳に利用される
  • 組織の金儲けの手段として利用される
  • 現実逃避の理由として利用される

上記のようにスピリチュアルにのめり込む「人の弱み」に付け込んだ犯罪等が多発していることも事実です。詐欺グループがスピリチュアルを利用してセミナーなどを開き、高額な費用を巻き上げる、グッズを売りつけるなどの犯罪なども耳にしたことがあるのではないでしょうか?

これはスピリチュアル自体が悪いのではなく、過去にスピリチュアルを私利私欲のために利用した人がいたために世間にスピリチュアルは危険という認識が少なからず存在しているのです。

もちろん、ただスピリチュアルを楽しむ分には精神的な安定をもたらすこともありますし何の問題もありません。世の中には金儲けのために悪用する人もいるということを頭の片隅に置いておくと自分を守ることにもつながります。

スピ系がよくしてしまうタイプ別の怖い·うざい言動

スピ系にはいくつかのタイプがあり、嫌われる言動もそれぞれ異なります。スピリチュアルにのめり込みすぎる場合、スピリチュアルに無関心の人から見ると恐怖感を覚えたり、うざいと思われてしまったりと、距離を置かれて孤立する可能性もあります。

少しでも当てはまっている部分があれば早急に自分の行動を見直した方が良いでしょう。

私は特別系

「私には特別な力が宿っている。」「私は神の生まれ変わり。」なんて自分には特別な力が宿っていると思っている方。思うだけなら周りには迷惑をかけないので良いのですが、周りに特別な力があると公言していませんか?

自分を特別だと思うのは個人の自由です。しかし、普通の人から見たらとても気味が悪いので、人前では控えた方が良いでしょう。また、このタイプのスピ系は「自分は神だ」という様な思想から自分の意見が絶対であると思い込みがちです。

こういう考えの持ち主は自分の意見を押し付け、人の意見に聞く耳を持たない故に嫌われてどんどん周りから人が去っていってしまうので気を付けましょう。

恐怖心を煽る系

「今すぐにあなた自身のこれまでのカルマを解決しないと、とんでもない災いに襲われるよ!」「この天然石のブレスレットを付けないと不幸があなたを襲うよ。」上記のようにスピリチュアルな言葉で恐怖心を煽ってしまうなんてことはありませんか?

良かれと思ってスピリチュアルなことを信じていない人にこの様なことを言っても怖がられるかうざがられて距離を置かれてしまうことがほとんどです。

例えハマっている占いなどの結果で悪い結果が出たとしても、興味がない人には結果はもちろん、自分なりの対処法なども押し付けない方が良いでしょう。

占いの結果が全て系

「今日は占いの結果が良くないから約束キャンセルで!」「占い的にその色は運気が下がるから着替えた方がいいよ?」占いにハマっているのは構わないけど、実生活でその結果に行動を左右されている人は苦手だという方は多いのではないでしょうか。

自分だけが占いの結果に合わせるのは良いですが、人にまでその結果を強要してしまっていませんか?その行動、占いなどのスピリチュアルなものの結果を真に受けない人からすると、とても迷惑です。

特に約束を破ったり、自分本位に変更をしたりしてしまっている方は今すぐにその行動をやめましょう。占いに全てを左右されていると孤立する原因になりますので、程々に楽しむことをオススメします。

もうスピ系は怖い·うざいとは言わせない!そのために出来ることは?

スピ系女子として距離を置かれるのはもうウンザリ。自分はただただスピリチュアルが好きなだけなのに何がいけないの?もうスピリチュアルが原因で嫌われたくない方は以下を参考にしてみましょう。

無意識にやってしまっていることがあるかもしれません。少し意識して自分の行動を見直すだけでも環境はガラッと変わっていきます。

スピ系が嫌われる原因

「個人の範囲でハマるのは良いが、それを押し付けられるのは嫌だ。」「スピリチュアル臭をプンプンさせられると恥ずかしいから近くにいたくない。」これらはスピリチュアルにハマる友達を持つ方の意見として多く見受けられます。

スピリチュアルに無関心な人からしたらエゴを押し付けられるのは迷惑でしょう。あなたも自分が全く興味ないことなのに知っていることが当たり前、そのルールに従うことは当然であるかの様に押し付けられるのは腹が立ちませんか?

スピ系が嫌われてしまうのにはスピリチュアルに熱心になるあまり、無意識のうちに人に自分のエゴを押し付けてしまっているからかもしれません。

嫌われないためには?

簡単にいうなら自分の中だけでひっそりとスピリチュアルを楽しめば良いのです。実は気づかないうちに、スピ系オーラが全面に出てしまっているのかもしれません。例えばゴリゴリの天然石のブレスレットなどスピリチュアルを連想させるグッズを身につけているという点もその1つです。

小物は意外と見られているのでスピ系が理由で距離を置かれないためには人前でそう言った類のグッズを身につけない方が良いでしょう。もちろん言動の面でもマニアックなスピリチュアル用語を出すのは控えた方が良いでしょう。

どうしても誰かに言いたくてうずうずする…!!という場合は「今日の占い○位だったんだ~!」程度の軽い感じで発する様に心がけましょう。

スピ系を活かしてモテるには?

ここまでは嫌われないための方法をご紹介してきましたが、どうせならスピ系を活かしてモテたら最高ですよね?マニアックなスピリチュアルは引かれてしまいがちだとお伝えしてきましたが、占いや手相は男女の飲み会などでも話題に出来るんです!

では引かれないでスピ系をうまく活用する方法とはどの様なものなのでしょうか。

手相占いは最強?!

手相占いは有名ですよね。実は手相占いが出来る女性は飲み会など男女の場で最強と言えるでしょう。手相を視ることを理由にさりげないボディタッチを仕掛けられちゃいます。男性はボディタッチに弱い生き物なのです。

手相を視る目的なら、露骨すぎず自然に触れることができるので男性をふとした時に意識してドキッとさせることが出来るのです。

スピリチュアルを話題作りに!

男性と話す際に話題がなくて困るということよくありませんか?そんな時こそスピリチュアル好きを活かすチャンスです!しかし、ヘビーなスピリチュアルを持ち出すのはアウトです。

そこでオススメなのは軽い感じでも使える星座占いです。「最近星座占いにハマってるんだけど、〇〇くんって何座?」の様に聞けばそこから自分の知識を使えますし、誕生日などの話題にも持って行きやすいので会話の幅が広がります

手相占いや星座占いは守備範囲外だという方もこれを機に趣味の延長だと思って身に付けてみてはいかがでしょうか?スピ系を外では完全に控えるのではなく、むしろ強みとして使うこともできるでしょう。

もうスピ系女子でも嫌われないために

気が付かないうちにスピ系女子と呼ばれ嫌われてしまっていた方、スピリチュアルにハマっている方、ハマっている趣味があることは素敵なことです。

人に嫌われるからと言ってスピリチュアルの趣味を完全に断つ必要はありません。TPOを弁え、自分の言動を見直すだけでも周りの人との関係は改善されます

スピリチュアルは心を癒してくれます。ですが、のめり込むあまりに本来の自分を見失ってしまわぬ様に注意してくださいね。スピリチュアル好きを上手に利用して今よりももっと好かれる人になりましょう!

最新情報をチェックしよう!