セックスの理想の挿入時間は?100人の女子に聞いた平均値を公開!あなたは長い?短い?

カップルや夫婦によって、さまざまな事情を抱えるセックス。セックスの相性が合わずセックスレスになってしまうと、別れの原因にもつながってしまいます。

セックスといえば、あなたの彼が挿入してから射精するまでの時間が早いのか遅いのか、「挿入時間」が気になるところですよね。

特に、「毎回あっという間に終わる気がする…」と感じる女子は多いようです。そこで今回は、セックスの挿入時間についてまとめました!

女子が理想とするセックスの挿入時間を聞き取ったうえで、実際に多いセックスの挿入時間を調査。また、早漏や遅漏についても取り上げています。

ぜひ、今後のセックスの参考にしてみてください!

女子にとって理想の挿入時間は?

今回、100人の女子に聞き取り調査を行ったところ、約8割の女子は理想の挿入時間を答えてくれました。

残りの2割の女子からは、「時間を意識したことがない」「セックスは時間ではない」といった意見も。

セックスには、時間より質を求める女性が一定数いるということですね。

ただ、理想の挿入時間があると答えた女子も、時間ばかり気にしてセックスをしているわけではありませんし、その時の雰囲気や状況などにも左右されるでしょう。

そのため、あくまでセックスの「目安」として、挿入時間を確認してみてくださいね。

女子100人に聞いた!理想の挿入時間の平均値はズバリ●●分!?

女子が感じるセックスの理想の挿入時間を平均するとズバリ、「約14分」という結果に!

ボリュームゾーンとしては「10~20分」が全体の約6割を占め、次いで約2割の女子が「5~10分」と答えました。

この記事をお読みの方も、理想の挿入時間はこのあたりが多いのではないでしょうか。

意見としては、以下のようなものがありました。

  • 10分くらいの挿入は頑張って欲しい
  • 15分くらいがお互いの身体も疲れないし、ちょうど良い
  • 挿入時間は気にしないけど、前戯を頑張って欲しい

ただし、正解はありませんので、一般的に理想とされる挿入時間を知っておくくらいの気持ちで良いでしょう。また、人によって感じ方は違いますので、あなたの意見を大切にしてください。

ちなみに女性がオーガズムに至るまでの平均時間も以下で解説をしています。

関連記事

女性用風俗で200人以上の女性をオーガズムに導いたトレーナーより『女性がオーガズムになるまでの平均時間』を聞きました。 [outline] オーガズムの定義 中イキの場合 女性は男性と違い、オーガズムになったかどうかが非常にわか[…]

現実は何分?セックスの挿入時間の実態は!

では、実際にセックスの挿入時間はどのくらいが多いのでしょうか。
100人にアンケート調査を行ったところ、下記のような結果が出ました。

  • 5分未満:14人
  • 5~10分未満:63人
  • 10~20分未満:12人
  • 20~30分未満:9人
  • 30分以上:2人

実際にセックスの挿入時間で圧倒的に多いのが、全体の約6割を占める「5~10分」。次に多い「10~20分」と「5分未満」の数はほとんど変わりません。

ただ、「ピンポイントで挿入時間をはかっていない」「正確な数字は分からない」といった理由から、大体の時間を答える女子も多かったです。

そのため、この結果が全てではないものの、参考にはしていただけるのではないでしょうか。

なお、オーストラリアにあるクィーンズランド大学の心理学者、Brendan Zietsch(ブレンダン・ズィエッチ)先生が、興味深い研究結果を発表しています。

ブレンダン先生の研究では500人の男性を対象に、挿入から射精までの時間を計測しました。すると、最短で「33秒」、最長で「44分」、平均値は「5分4秒」という結果が出たのです。

ただ、この研究は主に外国の男性を対象にして行われたと考えられるので、日本人特有の事情があった場合は変わってくるかもしれませんね。

先ほどの女子の理想の挿入時間の平均は「約14分」でした。それに対し、アンケートによる現実的な挿入時間は「5~10分」、オーストラリアの研究における平均値が「5分4秒」。

この結果からして、挿入時間が短いと感じる女子が多いのもうなずけますね。もし、あなたが彼の挿入時間の短さで悩んでいたとしても、それは一般的な挿入時間である可能性があります。

苦手なのは早漏?それとも遅漏?

理想と現実の挿入時間については、ある程度お分かりいただけたのではないでしょうか。次に補足として、苦痛に感じる挿入時間についても調査を行いました。

いわゆる、早漏や遅漏と呼ばれる挿入時間の問題につながるものです。

女子の意見を集約してみると、苦痛に感じるのは「早すぎる」または「遅すぎる」時がほとんどでした。具体的には、挿入時間が「5分未満」または「30分以上」の場合、女子はセックスを苦痛に感じやすいようです。

では、挿入時間が5分未満の早漏と、30分以上の遅漏では、どちらが女子に苦手とされやすいのでしょうか。結果は、「遅漏の方が苦手」が約6割で、「早漏の方が苦手」な女子を上回りました。

参考として、以下のような意見が出ました。

  • 長すぎると渇いてしまうし、疲れてくる
  • 早漏の方が、セックスが気持ちよかったのだと思える
  • 早漏だと物足りなく感じる
  • できるだけ長い時間、彼とつながっていたい

苦痛に感じられるのは早漏も遅漏も大差はなく、人によって異なります。
できれば、早くも遅くもない理想の挿入時間でセックスができると嬉しいですね。

セックスは時間じゃない!それぞれの形で愛情を確かめ合おう

この記事では、セックスの「挿入時間」に着目して一般的な意見をお伝えしました。しかし、セックスには人それぞれ流れや好みがあります。

例えば、挿入に重きをおかず、前戯に時間をかける人もいればピロートークを楽しむ人もいるでしょう。

セックスが時間だけに縛られると、折角愛し合うための行為が楽しくなくなりますし、喧嘩のもとになってしまうかもしれません。

挿入時間はあくまでセックスの「目安」としてとらえ、自分にとって一番大切なパートナーと最も愛し合えるセックスを目指しましょう。