恋愛感情のピークは男女で違いがあった!?彼氏がそっけなくなる時期と理由を解説

恋愛の仕方は人それぞれ違います。特に女性にとっては男性の言動で理解や共感ができないところって、意外とたくさんありますよね。

恋愛の盛り上がりにも男女差は現れやすいものです。彼と付き合って、せっかくふたりの仲を深めようとしているのに「以前よりなんだか彼がそっけない…」と感じたことがある人は少なくないかもしれません。

そっけなくなったのは彼がひどい人間なのではなく、男性の特性でもあるのです。ここでは恋愛感情のピークの男女さからカップルにありがちな問題点と解決策についてご紹介します。男性心理を理解するだけで、穏やかな気持ちで恋愛を楽しめるようになりますよ。

男女で違う!恋に落ちる瞬間と感情のピーク

男女で好きになるタイミングや、スピードが異なるケースがあることを頭に入れておきましょう。恋をする過程で、男性はスピード重視で、女性は質を重視する傾向にあると言われています。

お互いの恋愛のゴールにもズレがあると、恋愛感情の動き方にも差が出てきます。まずは男性と女性の、恋に落ちるタイミングと恋愛感情のピークの違いをご説明します。

男性の恋に落ちるタイミングと恋愛感情のピーク

恋に落ちるタイミング

  • 出会った瞬間であるケースが高い
  • 素敵な女性だと認識すると一気に恋愛スイッチが入る

恋愛のピーク

  • 女性を「いいな!」と認識してから付き合うまでの段階

出会った瞬間から恋をする男性は多くいます。それは、付き合いたいと思う女性を早い段階で判断するからだと言われています。

相手を素敵な女性だと認識すると、その人を彼女にしたくて恋愛のスイッチが入るのです。そして、恋愛を始めてからの目標を、女性を振り向かせるという近い地点に設定する傾向にあります。

相手が振り向いて、結ばれるところをゴール地点にしているのです。つまり、男性の恋愛感情がピークに向かうのは、女性を「いいな」と認識してから好きになってもらうまでの早い段階であることが多いと言えます。

女性の恋に落ちるタイミングと恋愛感情のピーク

恋に落ちるタイミング

  • 外見要素と中身の要素が合格ラインであると判断した時

恋愛のピーク

  • 相手のことを知れば知るほど思いが募りやすい
  • 出会ってから付き合っている間も徐々に更新され続ける

一方で、多くの女性は男性に比べるとゆっくり相手を好きになると言われています。女性は男性を第一印象だけでは決めずに、総合的に評価して合格ラインかどうかを見極める人が多いからとされています。

外見の要素も大事ですが、優しさや、誠実さ、信頼できる人かどうかという内面も、時間を掛けて知りたいと思う方は多いのではないでしょうか?

出会ってから相手のことを知るうちに、思いが募っていくのが女性の特徴です。そのため、恋愛感情は緩やかに上がり、ピークは付き合ってからも続き常に更新され続ける傾向にあります。

恋愛ピークの違いが関係!付き合った後に彼がそっけなく感じる理由とは?

恋愛感情の盛り上がり方のスピードと、タイミングが違うと問題も出てきます。このタイミングの違いにより起こるのがカップルでありがちな「彼がそっけない」「以前より冷たい気がする」といった問題す。

ひとりで悩んだり落ち込んだりする前に、男性の特徴を知って彼の言動について理解しましょう。

恋愛感情が落ち着き、彼女の存在に安心している

恋愛感情のピークという観点から見ると、すでにピークは過ぎ去り落ち着きはじめている彼。そのため彼女という存在ができることで安心してしまう男性は多いようです。

自分を好きになってもらうことが目的だった男性たちは「彼氏」「彼女」という関係になれるとトーンダウンしてしまうのです。

あなたに振り向いて欲しくて、まめに連絡を返して、素敵なレストランを予約してくれたかもしれません。そんな風に頑張っていたのは、あなたを彼女にするという目的を果たすためでもあったのです。

だからこそ、付き合ったあとは徐々に本来の彼の姿に戻ってしまうこともあります。最初の頃に比べると、彼女に時間を割くことができない、となるのもそれが理由のひとつです。

自分に振り向いてくれたことが分かるとそっけなくなるなんて、女性からすると少し悲しいですが、それは彼があなたを信頼している証でもあるのです。

恋愛以外のことにも集中したい

一般的に女性は、マルチタスクが得意であると言われています。同時に複数のことを行うのはお手の物です。電話をしながら、洗濯物を干して、夕食のメニューまで考えられます。けれど、男性はひとつのことを始めると、それだけに集中してしまいがちです。

そのためあなたと付き合うまでは、あなたとの恋愛に集中して頑張ってきていたのです。しかしお付き合いが始まりそれが達成されると、恋愛感情のピークを過ぎ彼は恋愛以外の別のことに集中してしまう傾向があります。

仕事だったり、友達との関係であったり…あなたに興味がなくなったわけではありませんが、あなたとの関係に安心しているため他のことに集中しても大丈夫と考えてしまうのです。

恋愛感情のピークの男女差を上手に乗り越える方法

男女の差が明確になったところで、どのように乗り越えるべきかをお伝えします。彼女側からすると、ただ寂しくて不安な気持ちを彼にぶつけてしまいがちです。

ここは一つ自分ができることを考えてみましょう。大事なのは彼に振り回されずにいることです。

彼の言動に一喜一憂していてはあなたが辛いだけ。ふたりの恋愛感情のピークが違っても、彼と良い関係を築いていくための方法をご紹介します。

連絡の頻度より会っている時間を重視する

彼の連絡の頻度で気持ちを測ろうとしがちですが、人それぞれのスタイルがあります。彼が連絡を返さない、回数が少なくなったからといって、すぐに焦るのは禁物です。

彼は本来、連絡を頻繁に取り合わない性格だけれどもあなたと付き合う前はあなたに合わせて頑張っていたのかもしれません。彼はあなたが彼女になって、お互いの気持ちを確認できているからこそ、こまめに連絡を取り合う必要はないと考えている可能性があります。

連絡が減ったというだけで、気持ちが冷めたと決めつけずに、直接会っているときの彼の行動や態度を重要視するようにしましょう。

改善して欲しいところは冷静に伝える

付き合っていく中でだんだんと彼の態度が変化することもあるでしょう。男性はどうしても交際がスタートするとそっけなくなりがちですが、自分にとってツラいと感じる行動は彼に伝える必要があります。

我慢を重ねて、最終的に爆発させるのではなく、あくまでも冷静に話すことを心掛けてくださいね。感情に任せて自分の気持ちをぶつけるとなかなかうまく伝わりません。

おすすめは、誰かに相談したり、書き出したりして、話す前に自分の気持ちを外に出して整理することです。そうすることで、彼自身もどこを改善する必要があるのか理解できますし、喧嘩ではなく話し合いで解決できますよ。

価値観の違いがあることを意識する

付き合っていると、相手にも同じことを要求しがちです。彼への期待が高ければ高いほど、自分の思い通りにならないと怒りが込み上げてきます。

けれど、あなたと彼は、男女という違いがある前に別々の人間です。あなたの中に正解や基準があるように、彼にもあるのです。自分の価値観で彼を縛りつけようとせずに、彼には彼の価値観があることを意識して、少しだけ歩み寄る努力をしてみてくださいね。

そうすれば、あなた自身が穏やかな気持ちでいることができて彼を受け止められるようになりますよ。

恋愛ピークの違いを乗り越えて素敵なふたりになろう

男性と女性では恋愛感情のピークには差があることをお伝えしました。男女は様々な側面で違いがありますが、多くの男性の傾向や特性を知っていると心構えもできます。

彼の全てを理解しようと思う必要なはいのです。ふたりの関係が、お互いにとって居心地の良いものになるように、彼を思いやる気持ちを持って接してみてく

最新情報をチェックしよう!