パパ活での違法と合法の境界線は?犯罪とならない為の法律やトラブル回避法

経済的に余裕のある男性と健全なデートをして、お手当と呼ばれる報酬を受け取るパパ活。稼げる副業として話題になっているため、「やってみようかな…」と考えている方は多いでしょう。

しかしお金を貰ってデートをするのが犯罪では?と心配があるはず。売春防止法に引っかかっていそうな印象を覚えますよね。

そこで今回はパパ活が犯罪かどうかを解説。さらに巻き込まれやすい犯罪や自分が加害者・容疑者になってしまう行動についても掘り下げます。安全なパパ活で稼げるようになりましょう。

パパ活をするのは犯罪?

男性からお金を貰ってデートをするパパ活。「それって犯罪じゃない?」と考えてしまいますよね。実際に始めるにしても、違法かどうかでモヤモヤしているのは精神的に良くありません。

まずはパパ活をするのが法律的にどうなのかを解説。正しい知識を身に付けましょう

パパ活自体は犯罪とはいえない

結論から述べると、パパ活自体は犯罪とはいえません。法律的にアウトだとすれば、雑誌等のメディアで副業として取り上げられないものです。また、実際に今はパパ活を職業にしているインフルエンサーもいますし、出会いを仲介するマッチングアプリもあります。

第二条 この法律で「売春」とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう。

(引用:G-GOV 法令検索)

法律上では上記のように定められています。世間一般でパパ活と呼ばれる行為は肉体関係がないため、売春とはいえません。よって違法にはならないと考えられます。

肉体関係がある場合は犯罪になる可能性あり

お食事・買い物・アミューズメントなど健全な交友であれば、パパ活は違法になりません。しかし肉体関係がある場合は売春とみなされる可能性があります。逆に売春法の観点から見て、複数パパがいても性行為がなければ問題はありません。

しかしながらパパ活でも性行為を行なっているケースも存在しています。この場合違法では?と思うかもしれませんが、性行為がある=売春という訳ではありません。

例えば、デートの延長で互いに同意があり肉体関係を持った場合は売春とは異なると判断されるのです。もちろんお手当てでもらう金額は性行為への対価ではなく、デート料金としてもらっている解釈になります。

パパが既婚者の場合は慰謝料を請求される可能性がある

肉体関係を持つ際に、注意しなければならないのがパパが既婚かどうか?ということ。

既婚者だと知っていて体の関係を築くと、不貞行為とみなされます。離婚にいたれば相手の配偶者から高い確率で慰謝料請求をされるでしょう。

犯罪であるかどうかという点においては曖昧ですが、慰謝料という形で支払いをしなくてはいけない可能性は十分にありえます。ただし、パパが既婚者であることを知らなかった場合は、慰謝料を請求される事はほとんどないと思われます。

そのためパパ活での肉体関係は非常にリスクが高いのです。

パパ活で犯罪に巻き込まれるリスクも

パパ活が違法でなくても、犯罪に巻き込まれる可能性はあります。ノーリスクでは絶対にできない行為であると覚えておきましょう。

もちろん知識があればある程度は回避できます。しかし巻き込まれて取り返しのつかない事態になるのも珍しくありません。例えばパパに別の恋人がいて、恨みを買って襲撃される…などです。予測できないでしょう。

現在はアプリの発展もあって気軽に始められるパパ活。多くのリスクが潜んでいるのを承知した上で行うようにしましょう。

パパ活で起こる犯罪:女性が加害者のケース

パパ活では女性が加害者・容疑者になってしまうケースがあります。

気が付いたら警察から事情聴取を受けることに…とならないためにも、やってしまいがちな犯罪を覚えておきましょう

ちなみにどれも刑が重いため、絶対に避けるべきです。

公の場で肉体関係を思わせるパパ活募集する

肉体関係を思わせるようなパパ活募集を公の場で行うと、売春防止法第五条に当てはまってしまいます。以下が本分です。

第五条 売春をする目的で、次の各号の一に該当する行為をした者は、六月以下の懲役又は一万円以下の罰金に処する。
一 公衆の目にふれるような方法で、人を売春の相手方となるように勧誘すること。
二 売春の相手方となるように勧誘するため、道路その他公共の場所で、人の身辺に立ちふさがり、又はつきまとうこと。
三 公衆の目にふれるような方法で客待ちをし、又は広告その他これに類似する方法により人を売春の相手方となるように誘引すること。

(引用:G-GOV 法令検索)

多くの目に触れる方法・場所で、売春の勧誘を行うのはダメということです。SNSや出会い系サイトを使った募集もNG。肉体関係を匂わせるような投稿や文章で相手を勧誘するのはやめましょう

パパ活はあくまでも健全なデートです。性行為がない前提で誘わなければいけません。警察もSNSでの売春募集に目を光らせているため注意しましょう。

また、SNSで募集すると性的暴行・詐欺など犯罪を考えている人物に捕まってしまうリスクがあります。パパ活募集は専門マッチングアプリやサイトで行うべきでしょう。

確定申告をせず意図的で悪質な脱税を行う

パパ活は副業として話題になっているため、税務署も目を光らせています。年間20万円以上稼いでいる場合は確定申告が必要です。仮に行わないと所得法に引っかかる可能性があります。

10 故意の申告書不提出によるほ脱犯の創設

確定申告書等をその提出期限までに提出しないことにより所得税を免れた者は、5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金に処し、又はこれを併科することとする。(所得税法第238条関係)

(引用:財務省)

パパ活をするなら確定申告を覚えましょう。知らなかった…では済まされません。

また、パパ活は企業からお金を受け取っていないからバレない、と思うでしょう。しかし税務署はプロです。口座や持ち物・パパから所得隠しを調べて見抜きます。

お手当を多く取ったり脅迫したりする

パパ活でお金を稼げるようになると、調子に乗ってしまいがちです。自分を必要としてくれる存在から多額の報酬が貰えますからね。自己肯定感は高まるでしょう。

しかし自信がつきすぎたことで、高額なお手当を要求したり脅迫をしたりしまえば犯罪となります。例えば「パパ活やっていること会社にバラされたくなかったら〇万払え」などです。

稼ぐほどお金に対して執着するようになるため注意しましょう。お互いにWin-Winの関係なため、パパを下に見るのはNGです。ちなみに脅迫罪は2年以下の懲役・三十万円以下の罰金が処されます。

パパ活で起こる犯罪:女性が被害者のケース

パパ活をしていると被害者になってしまうケースもあります。どのようなリスクがあるのか紹介するので、覚えておいてください。

中にはパパ活女子を狙って悪さをする男性もいます。彼らのカモにならないためにも、知識を身に付けましょう。

お手当をもらえない

パパ活業界の中で問題となっているのが、お手当が支払われないことです。振り込んでもらう約束をしたところ、期日になっても入金されない…などです。

一応お金を払う約束を破っているので詐欺罪に抵触しますが、パパ活では認められない可能性があります。多くは泣き寝入りになっているのが現状です。

さらに「お金を払わないと警察に言う」「会社にバラす」など催促した結果、脅迫罪になってしまうケースもあります。お手当が貰えない事態を避けるためにも、後払いのパパは相手にしないよう心掛けましょう。

性的暴行やわいせつ

パパ活における犯罪において、最も注意しなければいけないのが性的暴行やわいせつです。どうしても男性の方が筋力が高いため、襲われてしまうと逃げられません。被害に遭えば警察は動いてくれますが、しない方が良い体験です。

ホテルへ行こうと誘ってきたり、以前と比べて下心が多く見えたりした場合は距離を取った方が良いでしょう。パパ活をする男性は金銭面に余裕があり、仕事でも結果を出しているような人です。

体を狙う際は頭を使って計画的に来るため、 少しでも怪しいと感じたら注意を払いましょう。隙を見せると連れ込まれてしまいます。

盗撮や盗聴

近年は盗撮・盗聴グッズが発展を遂げています。ペン型のカメラや録画できるメガネなどは、誰でも簡単に購入可能です。

知らないうちに顔を撮られており、脅しの材料に使われることもあります。「パパ活をやっているとバラされなくなかったらホテルへ行こう」、関係を切ろうとしたら「顔をネットに晒してやる」などです。

最悪の場合、アダルトサイトに投稿されてしまうケースもあります。盗撮を行う悪質なパパは一定数いるため、肉体関係を築くのはやめましょう。

パパ活での犯罪を防ぐために覚えたいこと

パパ活で犯罪に巻き込まれることを防ぐには、とにかく知識とケアが大切です。覚えておきたい情報を紹介するので、しっかり頭に入れて対応できるようになりましょう。知っていれば防げるものばかりです。

肉体関係はできる限り持たない

パパ活における肉体関係はトラブルやリスクが非常に高いです。盗撮流失・不貞行為・性的暴行・売春など、犯罪に巻き込まれる要素だらけです。

確かに体の関係アリで多額のお手当が貰えるとなれば、心は揺らぐでしょう。しかし本当に払ってもらえるかも分かりませんし、リスクの方が大きいです。

残念ながらパパ活女子をターゲットにしている悪い男性もいるので、性行為はしないようにしましょう。誘われたら強くハッキリと断り、関係を終わりにしてください。今はパパ活を専門とする弁護士もいるため、話が通じないなら頼りましょう。

関係は1人のパパに留める

安全にパパ活をしたいなら1人に絞った方がトラブルを防げます。関わる人数が多いほど問題の種が増えますし、性行為があれば売春防止法に抵触しますからね。

さらにパパが探偵を使って調査し、別の男性とも関わりがあると分かれば恨みを買います。ストーカーや暴力に発展しかねません。

リスクを下げるためにも、基本的には1人に絞った方が良いです。男性は独占欲が強い傾向にあり、満たされないと暴走を起こす人もいます。パパが多い方が稼げますが、トラブルに巻き込まれてしまっては損でしょう。

パパと個室で2人きりになるのを避ける

パパを信頼しているとはいえ、個室で2人きりになるのは避けましょう。飲食店の部屋ならまだ良いですが、ホテルや相手の自宅はNGです。襲われても助けを呼べませんし、カメラで撮られている可能性があります。相手のテリトリーには入らないようにしましょう。

しかし悪質なパパはどうにかして連れ込もうとします。例えばお酒に酔ったから家まで送って欲しいと言ってきたり、「家にお金あるから来て」と誘ってきたりです。

2人きりになって何もない…なんて可能性は低いので、ついて行かないようにしましょう。.腕を掴まれて強引に連れ込もうとするケースもあるため、路地裏や人気のない所へ行くのも避けた方が良いですね。

お手当は日払い・先払いを提案する

お手当が貰えないとなれば時間を無駄にした…となるでしょう。そんな事態を避けるためにも、後払いは受け付けないようにしてください。「後で振り込む・まとめて渡す」なんて言葉は安易に信じてはいけません。理由をつけて逃げられてしまいます

会った瞬間に貰う、お店に入る前に受け取りましょう。断られてしまったら帰る素振りをして交渉してください。焦って払ってくれるなら良い人です。ここで渋るなら後払いもしないでしょう。

犯罪になる可能性も…法律と身を守ってパパ活をしよう!

パパ活における犯罪についてまとめました。巻き込まれたり自分が容疑者になったりしないためには、どんな法律やリスクがあるのか知っていることが大切です。

記事内でどのような犯罪があるのか詳しく解説したので、1つひとつ覚えてケアできるにしましょう。

特にお手当や性的暴行については、しっかり対策する必要があります。必ず先払いにしたり2人きりになったりしないようにしてください。知識を持って安全なパパ活を行い、お手当で良い生活を送りましょう

安心してパパ活を使いたい方はコレがオススメ

良いパパを見つける為のオススメサイト4選

おすすめのサイトやアプリを4つ紹介します!どれを選べば良いかわからない方は、まず一通り登録してみて、相性の良いパパ達を探してみてください。

以下の4つのサイトはどれも女性は完全無料で利用でき、プライバシーも保護できるようになっています。

 

1. PC MAX

PC MAXは累計会員1500万人以上の国内最大級の出会い系サイトです。気軽な関係を望む男性会員の登録が多くパパ候補の男性も多く存在しますが、若干アダルト要素も多いので気を付けましょう。

注)年齢確認をしないとサイトを使えませんのでご注意ください。

 

2. シュガーダディ

シュガーダディはパパ活専用マッチングサイトで、日本一運営歴が長いパパ活サイトです。

”すぐに会える”ということをコンセプトにしており、通常のマッチングアプリによくあるいいね機能がありません。気になった相手に直接メッセージを送ることができます。

今すぐ登録する

 

3. Jメール

創設2002年という歴史のある出会い系サイトであり、会員数は600万人に登ります。メッセージのやりとりで楽しく会話をしてから直接会うことができるので、慎重派の女性にもおすすめ!

また、30代後半以降の女性にとって穴場のサイトです!

今すぐ登録する

 

4. ユニバース倶楽部

容姿に自信がある方にお勧めなのがユニバース倶楽部!

男性側が女性にデートのオファーをする形なので、女性側が必死になってパパを探す必要はありませんし、パパとのやりとりはマッチングスタッフが請け負ってくれるので、面倒な手間がなく安心してパパ活を楽しむことができます

今すぐ登録する

おすすめサイトのポイント

さて、4つほどサイトを上げさせていただきましたが、全て女性側は無料で登録できます!登録だけならノーリスクでできちゃうので、気になるサイトがあったら是非してみてくださいね!

ちなみにですが、Twitterや掲示板などの誰でも登録が可能なサイトはあまりお勧めできません。”大人”と呼ばれる売春行為や中には闇バイトへ誘ってくる人も少なくないです。

年齢確認や本人確認がされているサイトの方が安全で、太パパにも出会える可能性が高いのですのでそっちを選びましょう