男性が感じる重いLINEの送り方!追われる女性になる為に大切なコミュニケーション

今はLINEが恋愛に欠かせなくなっている時代です。お互いが楽しくLINEできれば、恋愛成就の確立もアップしますよね。

しかし、楽しくLINEのやり取りをしたいと思っていてもこんな風になっていませんか?

「彼から重いと言われてしまう」
「よく未読無視、既読無視される」
「LINEが続かない」
「彼との温度差を感じる」

片思いの相手とせっかくLINEを交換できたのに、楽しくLINEできなきゃ意味がないですよね。そこで今回は男性に重いと思われてしまうLINEの特徴や、重くならないメッセージを送るにするにはどうすればいいのか解説していきます。

重いLINEの特徴

男性はどういう時に重いと感じてしまうのでしょう?重いと感じるLINEの特徴を6つ紹介します。自分のLINEはどうか振り返ってみてください。

長文のLINE

彼は1~2行の文章なのに、画面いっぱいの文章を送ってしまうことはありませんか?基本、男性はLINEを面倒に思っています。

それなのに、長文のメッセージが送られてきたら読む気がなくなるし、ついつい読むのを後回しにしてしまいそのまま忘れられ未読無視、既読無視という結末になる可能性が高いです。

返信を強要する

男性は仕事や趣味、友達も大切にするので忙しいです。彼が返信したいタイミングがあるのに、返信を強要したり急かすと、ペースを崩され不快に思われてしまいます。

返信を強要すると、常に監視されているみたいで怖いと思われてしまいます。緊急の時以外は、彼を信じて返信を待ちましょう

自分の感情をどうにかしてもらおうとする

関係を築いていく中で、誤解をしてしまったり、すれ違いが起こることがあると思います。そして、イライラしてしまうこともあるかと思います。

しかし、彼に自分の感情をなんとかしてもらおうとすると、彼は面倒くさく感じて重い女だと思ってしまいます。自分の感情をLINEに発散しない様に注意しましょう。

連続でメッセージを送る

まだあいてから返信がない状態で、連続でメッセージを送ると、通知が鬱陶しく感じてしまう可能性があるし、「しつこい」と思われる可能性が高くなります。

それを続けると自分が「彼を追いかける側」に定着してしまい「追われる恋」ができないくなるので要注意です。

メッセージの量が釣り合っていない

彼は短文のメッセージなのに、長くダラダラとした文章を送っていませんか?メッセージの量が釣り合っていないと温度差を感じやすくなります。また、読むことがダルいと思われる可能性が高いです。

要望が多い

もっとこうしてほしい」「なんで○○してくれないの?」のようなLINEが多いと不快になりますよね。責められているように思ってしまい、相手を警戒するようになり距離を縮められません。

要望のLINEは時々にしましょう。もっともっとが多いと彼は疲れてしまいます。

重いLINEにならないようにするには

重いLINEの特徴を見ていかがでしょうか?ご自身のLINEのやり方は大丈夫ですか?重いLINEになってしまうのは自分の心の在り方に原因があると思います。

次は彼から重いと思われず、楽しくLINEをするにはどうすればいいか紹介していきます。

相手の文の長さに合わせる

長文だと、読む気がなくなってしまうので短文で送るのがおすすめです。もし彼のLINEが長文なら、長文でもいいと思います。

あとは、彼の文の長さに合わせると「この子と話しやすいな」「この子と合うな」と思ってくれる可能性が高くなります。

自分の時間を充実させる

彼に返信を強要したり急かしたくなる原因は、彼に集中しすぎていて自分の時間に集中できていないからです。または暇だからです。

自分のやりたいことや好きなことをやっていれば、あっという間に時間が過ぎて返信が気になりません。

例えば…

  • 会いたい友達と会う
  • 趣味に集中する
  • 掃除、洗濯をする
  • 料理の腕を上げる
  • 買い物に行く
  • 本を読む
  • ジムに行って体を絞る

他にもたくさんあると思います。自分の時間を楽しんでいる人はキラキラして見えて魅力的です。彼からの返信が気になってしまう人は、自分の時間を楽しみましょう。

感情をLINEにぶつけない

イライラするなど、感情的になっても、感情をぶつけて相手を責めたりコントロールするのではなく、「私はこう思いました」とただ表現するのは良いと思います。LINEはストレスを発散する場所でなく、連絡をする場所です。

優しさや思いやりを受け取る

彼の優しさを受け取ることができないでいると、不満が多くなり「もっとこうして」と要求ばかりになってしまいます。そうすると、彼は疲れてしまい重いと感じてしまいます。

例えば、彼は忙しくてわざわざ時間を作ってLINEを返してくれているのに「もっと早く返信して」なんて言われてしまうと嫌になってしまいますよね。

彼の優しさに気づくことができるよう、相手の立場に立つことを意識しましょう。

LINEの頻度・内容と感情を切り離す

  • LINEの頻度が多いと自分には価値がある(愛されている?)
  • LINEの頻度が少ないと自分には価値がない(愛されていない?)
  • 自分が望む内容のLINEだと自分には価値がある(愛されている?)
  • 自分が望む内容じゃないLINEだと自分には価値がない(愛されていない?)

この様なスタンスだと「もっとこうして」という気持ちがたくさんでてきて、不満ばかりになってお互いが苦しいです。LINEはただの連絡手段です。自分の感情とメッセージを切り離しましょう。

追われる人になる為の小技テクニック☆

時間を空けて返信

いつも即レスするけど、2時間後に返信してみるなど間隔や時間をいつもより長く空ける。

質問をやめる

普段は質問を多くしてしまうなら、質問をやめてみる。質問が多いと、「質問に応えなきゃいけない」と圧迫感を感じさせてしまったり、質問の答えを考えることが億劫だからLINEが嫌になるという可能性があります。

短い文章を送る

相手より普段より短い文章を送る。これらを試してみましょう。そうすると彼は「いつもと違う。どうしたんだろう?」とついついあなたを気にかけてしまうことでしょう。

スタンプのみの返信にする

返信はスタンプだけにしてみる。これで返信が途切れたら2~3日後に改めてメッセージを送りましょう。一回引いて、また近づくことで男性に「女の子らしい可愛い印象」を持たせることができますよ。その間に連絡ができないのは我慢してくださいね。

 まとめ

あなたのLINEを振り返ってみてどうでしたか?

「(こんな私を)彼は好きになってくれるだろうか」
「(こんな私だけど)彼は好きでいてくれるだろうか」
「(こんな私だから)他の女に取られてしまうかも」
「なぜ返信が来ないのだろう。もしかして浮気?」

この様な方はまずは自分自身を満たすことから始めましょう。少し意識するだけで重いLINEを送ってしまうことから卒業できると思います。LINEや彼に振り回されず、自分で自分を幸せにしていきましょう。

最新情報をチェックしよう!