脳イキのやり方を徹底解説!事前準備や脳イキをする感覚を伝授

最近ネット界隈で気になるワードのひとつ、「脳イキ」をご存知ですか?

この記事をご覧になっている方はきっと、「中イキも出来たこともないのに脳イキってなに?」くらいの気持ちから、「新しい快感の領域を突き詰めたい!」など、きっと共通して「もっと気持ち良くなりたい」と言う思いがありますよね。

初心者では難しいとか、訓練が必要と言われる脳イキですが、一体どのような快感を味わえるのか、そしてどうやって体験するのか、やり方を詳しく解説していきます。

脳イキとは一体なに?

脳イキとは、手やバイブも使わずに、性的快感の絶頂に達すること。音声などにより気分を高め、どこにも触れることなくイクことができます。慣れてくると音声さえ必要なく、体一つでおこなえる究極の快楽とも言われています。そんなことできるの?とまずは疑問に思われるでしょう。

でもとても興味をそそられますよね。特に女性が「イク」ため、つまりオーガズムに達するためには、乳房や性感帯などを触られる肉体的な刺激に加え、ロマンチックなムードや優しい声など、精神的に盛り上げられる刺激の方が重要です。

つまり身体だけではなく、「心」が興奮することが大切なのですね。その「心」の興奮を極限まで高め、身体への刺激はなくともイクことができる。

ちょっと神秘的に感じてきませんか?自らの想像力と、その妄想を掻き立てるような音声があれば、あなたも未知の領域である「脳イキ」を体験できるかもしれません。

脳イキのメリット

ただ気持ちいいだけなら、セックスやオナニーでも快感は得られますよね。でももし新しい快感を求める方なら、もちろんそれだけで十分に脳イキを試してみる価値があります。そうでなくとも、脳イキが出来るようになることで得られる数々のメリットとは何でしょうか?

触れなくてもいいので、いつでも出来る。

脳イキでは、クリトリスに触れたり、舐めてもらわなくてもオーガズムを味わうことができるので衛生的にもメリットがあります。もちろん性感染などのリスクも皆無です。

そして相手の声さえ聞くことができればいいので、遠距離恋愛のカップルにもおすすめ。主に女性がイカせてもらう側になりますが、淫らな彼女の様子に彼も大興奮してくれます。会えなくても、いつでも心と体の距離を縮めることができますので、浮気防止にもなりますよ。

性的感度が上がってハッピーに。

脳イキが出来るようになると、まるで身体のいたるところに敏感な性感帯があるように、どこを触ってもイク事が出来るようになります。

そしてその快感は長く、何度も押し寄せてくるというのだから驚きです。更には、普段のセックス感度まで格段に上がるのだとか。

普通のセックスにマンネリを感じてきたカップルへの新しい刺激としても、脳イキをしてみたい!という人が増えているのも納得ですね。

心身ともにリラックスする。

オーガズムに達すると、愛情ホルモンや幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンが分泌されます。そのホルモン効果は、下記のように女性に嬉しいものばかり。

  • 幸福感UP
  • 癒し効果
  •  ストレスや不安の緩和
  •  美肌効果
  •  社会性、学習能力の向上

ぜひ「脳イキ」を眠る前、ベッドに入ってからの習慣にして、1日1回のオーガズムを自分へのご褒美としてみてください。きっと心身ともにリラックスした状態で上質な眠りにつけるはずですよ。

脳イキを始める準備

さて脳イキには、たくさんのメリットがあるとお分かりいただけましたか?「でも実際どうやって試したらいいのかわからない…」と思いますよね。早速トライしてみたいと思ったあなたは、ぜひ下記のステップを参考に準備を始めましょう!

準備といっても何も難しいことはありません。今日にでも始められる簡単なことですので緊張せずに、新しい趣味を見つけて楽しむような気持ちで臨んでみてくださいね。

step1 脳イキの科学を信じる

まず脳イキは出来ると心から信じてください。ここが何より重要です。少しでも「本当にそんな事できる人いるの?」とか、「なんか怪しいんだけど…」と思っていると、その気持ちがストッパーとなり、脳イキはどんどん難しくなってしまいます。

「催眠オナニー」とも言われる脳イキですので、自分自身に暗示をかけて、身をゆだねるような気持ちになってみましょう。

step2 気分が上がる環境を準備!

セックスにおいて「雰囲気づくり」が重要なのと同じように、脳イキにおいても環境づくりが大切です。まず部屋の温度を適温に保ちましょう。そして香りやアロマで嗅覚を通して脳を刺激するのも効果的。部屋を暗くし、さらに目隠しをすると視覚も閉ざされ、想像力が掻き立てられます。

脳イキする時は、イキたい気持ちだけに集中して、他の事は何も考えたくありません。やらなければいけない事などはすべて済ませ、「脳イキ」だけに没頭できるタイミングで行うようにしましょうね。

step3 お気に入りの音声を見つけよう!

ここは脳イキをするために、とても大切なステップ。脳イキには五感を研ぎ澄ますことが必要ですが、その中でも特に「聴覚」つまり「耳」への情報が重要な要素となっています。

脳イキのために録音された「脳イキ音声」や「催眠オナニー音声」が存在するので、まずはフリーでもいいので色々聴いてみましょう。この時の音声は、自分が聴いていて心地よいと感じる声を見つけて。実際のセックスでも同じように、ちょっとでも嫌だなと感じるような相手では、到底気持ちよくなれません。

イヤホンかヘッドホンなどを用意して、音質環境を整えることも脳イキへの第一歩。自分の興奮を高めてくれる声に包まれながら、シチュエーションを思い浮かべ、音声に身を委ねていくのです。

脳イキの感覚、気持ちよさとは

脳イキは気持ちいい!と言われても、一体どのように気持ちいいのでしょうか? もちろん感じ方は人それぞれですので、自分が気持ちいい方向へ、正直に自由に感覚を研ぎ澄ませば、想像以上の快感を得られることでしょう。

セックス以上とも言われるその感覚はどのようなものか、筆者が初めて試してみたときの感覚を含めて、詳しく解説していきます。

理想のセックスをしている気分

まず心地よい声を聞いていると、音声によっては「足を広げて」とか、「息を大きく吸って…」など動きかたを教えてくれます。
言われるままに従うだけで、それはまるで官能小説のようにあなたを快感へ誘ってくれます。

普段のセックスでは、恥ずかしくてお願い出来ないようなことをしてもらっている自分を想像してみて。それだけでアソコがキュッと締め付けられ、ジンジンとした熱い感覚が湧いてきます。職場など、有り得ないシチュエーションを思い描くのも興奮度が高まりそう。

脳イキなら、自分の想像力次第で理想のセックスがいくらでも体験できるのです。

ちょっと触ってみるだけで敏感に。

すでに触らなくても気持ち良くなっていると思いますが、初めての時はここでつい自分で触ってしまうことも。まずは気持ちよくなることが大切なので、それでも大丈夫。いつもより少し、敏感になっている自分に気付くはずです。

ここまできたら、もちろん腰を動かしてもOK。ペニスが挿入されていく感覚をじんわり想像してみましょう。そしてクリトリスや乳首まで、同時に愛撫されているなんて妄想できたら、一気にイってしまいそう。

断続的に何度もイク快感は、中イキを超える

特に女性は男性よりもはるかに想像力があり、何度もイクことができるので、脳イキに向いていると言えます。程よくイっている感覚が波打って訪れ、時に体がビクッとなってしまう。そんな状態が長時間続くので、頭が真っ白になってしまうかもしれません。

その快感は、中イキよりも気持ちがいいので「女に生まれてよかった!」と思ってしまうほどだとか。

脳イキができないときには?

誰もがすぐに出来るわけではない脳イキ。どうしても出来ない場合は、どんなトレーニングをすれば効率よく脳イキを達成できるのでしょうか。

トレーニングと言っても、日常の中でちょっと心がけるだけだったり、自分の気持ちよさを研究することだったりと簡単なこと。脳トレだけでなく、日常生活でも生かせる事が多いので、早速取り入れてみることをおすすめします。

妄想力を鍛える

今まで解説してきたように、脳イキには豊かな想像力が必須です。頭の中に、音声で流れてくるようなシーンを色鮮やかに描くことができる人は、とても柔らかい脳を持っていて脳イキには最適。

そんな柔らかい脳になるために、どうしたらいいのか。一番簡単なのが小説を読むことなのですよ。官能小説を読んでいると、ムラムラしてきちゃった経験ありますよね。その延長線上にあるのが脳イキなのです。

また日常生活でも、電車の中で見かけた人のこと、どんな人なのかなと想像してみたり、ぼんやり考えるだけでも脳イキのためのトレーニングになります。ぜひ実践して妄想力を鍛えましょう。

中イキで感度を上げる

脳イキが出来るようになるために、まずは中イキ出来るように感度を上げるのも手です。普通のオナニーの後に、イッた後でいいので自分の指を入れてみましょう。指の第2関節あたりがGスポットと呼ばれる性感帯で、もっと奥の子宮口辺りにあるのがポルチオです。

特にGスポットは膣の比較的入り口付近、ちょうどクリトリスの裏側にあり、繋がっているとも言われます。外イキ出来る人ならすぐに気持ちいいポイントが見つかるでしょう。

そこでもう一度イクことができれば、中イキ達成です。その感覚をしっかり覚えて、脳イキにも活かすことができます。以下の記事で中イキについて詳しく解説しています。

関連記事

これまで経験がある方はさておき、中イキができずに迷っている方や初めて中イキを経験しようとしている方は多いのではないでしょうか? 今日はまだ中イキを経験したことのない方へ向けて、必ずできる中イキ開発方法を解説してゆきます。 [ou[…]

脳イキをマスターして最高のセックスも手に入れよう

さあこれであなたも、脳イキができるような気がしてきたことと思います。身体的、そして精神的メリットがとても多いので、ぜひご紹介した方法を試してマスターしましょう!

初めてで脳イキの感覚がつかめるようになる人はほとんどいません。少しずつ時間をかけるつもりで、徐々に感覚を覚えていく事。「あ、今日は前より気持ちよくなれたかも…」その積み重ねが、脳イキにつながるのです。

もし感度がどうしても上げられないと悩んでいるなら、女性用風俗を試してみるのもひとつの方法。女性を気持ちよくさせることのプロによるテクニックは、想像以上。思いも寄らないアナタの性感帯を開発してくれるかもしれません。

最新情報をチェックしよう!