男性の目の動きには意味がある!?目線で読み解く男性心理と恋のチャンスを解説

目は口ほどに物を言う」というように、口では言いにくいことも目線をおくり感じ取ってもらえます。

女性が「私を見て」と熱い目線をおくるように、男性が好意のある女性に向ける目線はどのようなものなのでしょう。

今回は人間関係を円滑にするだけでなく、恋のチャンスを逃さないために心理学の観点から男性心理を目線から読み解いてみました。

女性とは異なる男性の目線

表情が変わらなくても本心は目を見ればわかるとも言われるように、目の動きと脳の働きは密接に関係しています。ただ、女性と違って男性は焦点を合わせると、その部分しか認識できません

これは「狩りをするために焦点を合わせる」本能が働いているともいわれ、全体を見るには視線を動かす必要があるのです。

よく「人をジロジロ見る」とか「グラビアを上から下までなめるように見ている」など、男性の視線にはマイナスな印象がありますが、そうではなく動かさないと全体が把握できないのです。

これを念頭において男性心理を目線から見ていきましょう。

「目線を感じる…」これって、どんな男性心理が働いているの?

女性は見られることに敏感なために、目線を感じるとそちらを向いてしまします。それが好きな異性ならドキッとしますし、そうでない場合は「なんだろう」と怪訝になるもの。男性はどんな時に、何を考えているのでしょう。

視線がすれ違う

すれ違いざまに目線が合うことがあります。好きな男性であれば「もしかして」テンションも上がります。すれ違いざまに目線が合うのは、好意があるか相手が気になっているサインです。

ジロジロ見られる

反対にすれ違いざまに目線が合って、ジロジロみられてしまうときは注意が必要です。何かミスをしていて「一言いいたい」気持ちが隠れていることもあるので、その後の相手の行動をしっかりチェックしましょう。

目線の高さを合わせる

子供と話すときに、私たちは無意識に目線の高さを合わせます。これと同じで、対等な立場で話をしたいときに目線の高さを合わせることが多くなります。

もっと仲良くなりたいと思っているのは間違いはないのですが、異性としてというよりも仲間としてわかりあいたい気持ちの方が大きいようです。

じっと見つめる

女性が男性を見つめるのは好意の表れですが、男性の場合には反対に「目をそらすことで悪い印象を与えたくない」時に人をじっと見つめます。プライドが高いのです。

瞬きが増える

瞬きが多くなればなるほどに、気まずさを感じ「この場をどう凌げばいいのか」考えを巡らせます。自分に不利なことを言われたり、聞かれたりするとこのような行動をとりやすくなります。

目線をそらす

「好き避け」などの言葉に代表されるように「恥ずかしい」「目を合わせられない」ために目線をそらしてしまう男性もいます。

目線を斜め下にそらす

相手に好意がある場合には、いつでも相手の顔を見られるように斜め下に目線をそらす傾向があります。本能的に自分の気持ちを落ち着けたい、守りたいと思うと下を向いてしまいますが、目線が少し斜めになっていたら恥ずかしい気持ちが先走っていると考えておいいでしょう。

目線を真下にそらす

目線を相手からそらし、下を向いてしまうのは「興味がない」「見下している」サインかもしれません。また自分が優位に立ちたい、自分の意見を相手に受け入れさせるパフォーマンスでもあります。

また緊張状態が長いと、目線を下にそらして気持ちを落ち着けるようになります。人見知りか、嫌われたくないから気持ちを切り替えることもあるので、会話の内容と合わせて冷静に判断しましょう。

目線を上にそらす

会話の途中で、目線が下から上もしくは目線を合わせるのは自分の意見を相手に聞いて欲しいサインです。

目線を右にそらす

考え事や未来について考える場合には、右脳が働くので目線が右にそれます。

目線を左にそらす

反対に計算したり、理性的に判断をしなければいけない時には左に目線がいきます。

目線を横にそらす

「そっぽを向く」とは顔を左右どちらかに向けること。これと同じように目線が横に向くのは、感情がネガティブになった証拠です。聞きたくないことを言われたり、会話を終わらせたいと思った時に男性の目線は横に向けられます。

ガン見する

ガン見されるのは気持ちが良いとはいえませんが、見られた方は気になって仕方がありません。ある意味「興味を持っている」のですから喜ばしいことではありますが、反対に「露出が大きい」「メイクが濃い」時でもガン見してしまうので、自分の態度や言動、身だしなみもチェックして判断しなくてはいけないのです。

女性に目線を向ける男性心理【本能編】

男性の目線は色んな感情の動きで異なりますが「特に何もないのに目線を向けてしまう」ことも多いようです。知らない男性や親しくない男性からの目線には、こんな男性心理が隠れているかもしれません。

美人やタイプの女性には目線がいってしまう

男性は自分の好みのタイプの女性や美しい女性には目線が向いてしまいます。美しい・自分の理想の立ち振る舞いの女性は好印象を持たれやすいのですが、必ずしも好きになるとは限りません。

セクシーな女性には本能で目線がむけられる

人間の本能として、露出の大きな服装やボディラインがハッキリした服装の女性には「失礼かな」と思いつつも目線が向けられます。特にデコルテや胸元、背中や太ももなど、普段は隠れて見えない部分があらわになると目線がつい向いてしまうのです。

女性に目線を向ける男性心理【恋愛編】

なんだ、あれは本能的に私を見ているだけなんだ…」とがっかりするのはまだ早い。本当に女性に好意を持っている男性は目線だけでなく目が違いますので、さりげなくしっかりとチェックしましょう。

恋をすると瞳孔が開く

人間は興味があるもの、好きなものを見ると瞳孔が開きます。欲しかったおもちゃを手にした時の子供のように「黒目が大きく見える」のが特徴です。自分に向けられた瞳が大きくなっているなら好意を持っていると考えて間違いないでしょう。

目線をそらされる

自分が好意を持っているのを知られたくない天邪鬼な男性は少なくありません。このような方は女性から「好き」と甘えて欲しいので、表立ったアピールをしません。

明らかに男性の視線が自分に向けられており、ふと見たら目が合って目線をそらされた場合はかなりの確率で脈ありです。

見つめていたら目があったけどそらされた場合には、視線を感じて見ただけのケース。視線を直ぐにそらされてしまったら、脈なしとあきらめた方がよさそうです。

熱い視線を向ける

そもそも男性は女性と違って見つめられることが少ないので、女性がアプローチして見つめても気づいていない方が多いです。

そんな男性が女性を見つめるのは「目が合わないなら見ていることに気づかない」と思っているから。

女性が気づいて目線を合わせない限りは、いつまでも見つめています自分をアピールしている行動ですから、間違いなく脈ありでしょう。

男性の目線を観察すると恋が生まれるかも

女性と目線を合わせた時の行動には色んな心理が隠されていることがわかりました。また、女性とは違った心理が働いていることを知れば、本心をそこから感じとることもできます。

相手の心理や気持ちがわかれば、女性からのアプローチもやりやすくなります。好きな男性がいるのなら、今回の記事を参考に熱い目線を向けられるようチャレンジしてください。

最新情報をチェックしよう!