ママ活って何!?Twitterでデート?体の関係は?アプリやお金持ちとの出会い方

最近、よく耳にするようになった「ママ活」という言葉。

ママ活とは簡単に言うと、年上女性が若い男性にデートの対価として金銭の援助を行うことです。

若い男性と年上女性とのママ活は、ここ最近になって急激に知名度を上げ、ママ活専用アプリまでも登場しました。

若い女性が年上男性と金銭の代わりにデートをする関係は、少し前なら「援助交際」、最近なら「パパ活」と話題になり、比較的多くの人がどんな関係を指すのかイメージできますが、「ママ活についてはよく知らない」という方は多いのではないでしょうか。

今回は、ママ活とは何か、どうやってママと出会うのかなどを詳しくご紹介していきます!

ママ活って何?お金持ちの女性ほどハマる理由

ママ活とは、金銭的に余裕のある女性が若い男性とデートや食事をし、その対価として金銭的な援助をする活動です。

ママ活は30代後半〜40代ほどの経済的に豊かな女性が、年下の可愛い男性に癒しと刺激を求めて行う場合が多いです。

一方、ママ活を行う男性は大学生くらいの年齢が多く、年上女性と月に数回デートや食事をするだけで対価がもらえるので、割のいいバイトとして行う人が増えてきています。

ママ活の相場は1時間5,000円ほど。

2時間の食事で1万円や、6時間のデートで3万円くらいをお小遣いとして現金で渡すこともあれば、洋服やアクセサリー、パソコンなど物をプレゼントすることもあります。

ママは夢や目標に向かって頑張っている若い男性を支援することで「必要とされている満足感」を味わえるのがママ活の魅力。

若い男性が甘えてくれたり、擬似母親体験ができたり、時には愚痴や旦那に言えない話を聞いてもらえたりと、ママ活で得られる精神的なメリットも多いです。

また、女性は男性にお金を援助しているので、自分が一回り以上も年上であることの引け目を感じずに、若い男性と遊ぶことができます。

だからこそ裕福なママたちは、ホストやレンタル彼氏などのサービスに対価を支払うよりも、女性としての存在価値と子供を見守る親心のような充実感の両方を求めて、日常と地続きで生活感のある普通の男性とのママ活を選ぶのです。

ママ活に体の関係はある?ない?ズバリ、〇〇!

年上女性が若い男性に金銭の援助を行う関係と聞いて、一番気になるのが「それってセックス込みなの?」という点ですよね。

結論から言うと、ママ活には体の関係はありません。

ママ活をする多くの女性の目的は、肉体的な満足ではなく、寂しさや退屈を埋めるために精神的な満足を求めているからです。

一般的に言われるママ活は、デートや食事だけのプラトニックな関係を指し、セックスは含まれません。

とは言え、元気で若い男性と性欲がピークを迎える30〜40代の女性の間のこと。時には体の関係に発展してしまうケースもあるようです。

金銭的に余裕があるママには美人で会話が面白い人が多く、デートを重ねるうちにお互いその気になってきて、セックスに至るママ活カップルもいます。

大人の個人同士のことなので、セックスをする関係になるのは悪いことではありません。

しかし、あくまでママ活は体の関係がないことを前提としたお付き合いだということを理解しておきましょう。

女性用風俗の利用!?

女性は性的欲求を満たすにはママ活ではなく、女性用風俗を利用する場合が多いようです。

女性用風俗の方が、ママ活でセックスのたびにお小遣いとして数万円を渡すよりも安く、セラピストのテクニックも若い男性よりはるかに優れているので、気持ち良さも段違い。

若い男性とエッチなことがしたいけれど、女性用風俗なら、連絡先が漏洩したり、今後会うときに気まずくなる心配もいらないため、安心して楽しめます。

そのためママたちは、精神的な欲求はママ活で、性的欲求は女性用風俗で満たす、というように目的によって上手に使い分けているんだとか!

お金持ちのママと出会う方法とは!Twitterやアプリで出会う?

お金持ちのママと、ママ活希望の男性はどうやって出会っているのでしょうか。ママ活市場でよく使われているマッチング方法をご紹介します!

方法によってメリット・デメリットもあるので、これからママ活を始めようとしている方は参考にしてみてください。

Twitter

Twitterでは、検索するとママの新規男性募集ツイートをすぐに見つけることができます。

出会いを求めているママを探しやすく、リプライやDMでアプローチするのでお金がかからないという手軽さがTwitterマッチングのメリットです。

ただ、誰でも無料でアカウントを作れるため、偽物や業者がママだと詐称している場合もあり、本物ママには男性からの応募が殺到するので倍率が高くなっています。

相手の身元が保証されないため、アプリや出会い系サイトに比べると出会いにリスクはありますが、ママ活に興味を持ったらフォロワーの多いママをフォローして、ママ活がどのように行われているかTwitterで様子を見てみるのがオススメです。

出会い系サイト

ママも男性も、ママ活のパートナー探しに一番利用しているのが出会い系サイトです。

登録には身分証が必要なサイトもあり、運営サポートも整っていて、経営者や家庭があるママたちも安心して使えるため、裕福なママと出会える確率は高いです!

年齢検索やキーワード検索を使うと、若い男性と出会いたいママは意外とたくさん見つかります。男性はプロフィールで年上女性好きをアピールすると、ママとのマッチング率もアップしますよ!

顔写真を公開しておく方が、相手に安心感を与え、ママの気を惹くのにも効果的です。恋活マッチングアプリだと、本気の恋愛を求めて登録している人も多いため、ママ活にはあまり向いていません。

R18出会い系サイトの方が、金銭支援を前提としたお付き合いを求めているママが多く、体の関係を希望しているママと出会えることも。

これからママ活を始める男性はいくつかの出会い系サイトに登録して、まずは無料ポイントを使って数人のママにアプローチしてみましょう。

バーやホテルのラウンジで出会う

ママ活上級者が、マッチング率が高いと太鼓判を押すのがバーやホテルのラウンジで1人でお酒を飲んでいる女性に話しかける方法です。

深夜にバーやラウンジに1人でいる女性は、何か訳ありだったり退屈を持て余していて、しかも裕福な場合が多いんだとか!

いきなりママ活の話を持ち出すことはせず、女性の悩みや仕事の話をじっくり聞いて、距離を縮めていき、連絡先を交換できたらその日のアプローチは成功と言っていいでしょう。

それから後日、お酒に誘われたり食事を奢ってもらうようになり、自然にママ活がスタートします。

ママの心を支える役割になれると、ママの方から積極的に援助してくれるので、聞き上手な男性やママ活に慣れてきた男性には特にオススメです!

ママ活のプロに聞いた!ママの心を掴むために大事なこと

ママ活で月50万円以上もらったり、車やマンションの一室をプレゼントされるママ活プロの男性も存在します。

そんなママ活のプロに、ママの心を掴むために男性が心がけるべきことを聞いてきました!

夢や目標を追いかけていること

経験豊かで仕事もできるママたちは、ただ貧乏な男性にお金を差し出してくれるほど甘くはありません。ママに「夢や目標に向かって頑張るあなたを応援したい!」と思ってもらえることが、ママ活ではとても大事です。

自立した女性だからこそ、そんな若い男性に頼ってもらえて、男性の夢を一緒に見られて、自分が若い頃に感じていた刺激が再び味わえることに喜びを感じるのです。

男性は、「ママたちの相手をするだけで楽にお金がもらえる」という気持ちではなく、「ママに応援してもらう」という意識を持って、自分の抱いている夢をママにアピールしましょう。

心のこもった接し方やママの好む話題、教養、清潔感のある身だしなみに気を配るのも忘れずに。

ママ活でお金を稼ぐことは簡単ではありませんが、大変な分リターンも大きく、ママにも男性にとってもメリットが多いのが魅力です!

ママの理想の可愛い年下男性になる

清潔感があることは当たり前ですが、ママの好みに合わせた理想の年下男性になることも大事です。

ママは一回り以上も年下の男性に対して「男らしさ」よりも「可愛さ」を求める傾向があります。

特に見た目は、派手すぎず清潔感があり、今ドキのお洒落ボーイよりも、昔から定番のTHE大学生な感じを好むようです。

服装はカーディガンに白シャツ+シンプルなパンツなど、落ち着いたコーディネートがママ活での必勝スタイル。

性格は、人懐こくて素直で優しいタイプがママ受け抜群です。

年上の女性でも気さくに接してくれて、きちんと女性扱いしてくれる男性にキュンとしないママはいないでしょう!

ママ活はママと数回デートしてからが始まり

どんなにお金持ちのママでも、最初のデートから金銭の援助を申し出てくれるわけではなく、数回デートをして男性を見極めます。

たとえ出会い系で新規男性を募集していたママでも、初めはデート代や食事代だけ支払う場合がほとんど。

最初からお金にがっついたり、貧乏アピールをしすぎるのは逆効果です。まずはママに興味があることをアピールして、自分を気に入ってもらえるように努めましょう。

2〜3回のデートでママも自分に興味を持ってくれ、楽しんでくれるようになったら、夢のためにお金が必要なことをさりげなく会話に混ぜていくとママ活の交渉が上手くいく可能性が高いです。

女性としてのトキメキを与える

ママといっても一人の女性なので、女性として大切に扱われることほど嬉しいことはありません。

女性は30〜40代になると、仕事でも家庭でも、誰かに女性として見てもらえることがなくなるため、ちょっとした女性扱いでもとても喜んでもらえます。

たとえば、軽いヤキモチを焼いてみせたり、見た目を褒めてあげたりと、若い男性が同年代の彼女に普通にしているようなことを、ママにもしてあげるといいでしょう。

いつもは高級ディナーやバーでのデートばかりでも、たまには遊園地でデートをしてみるなど、若い頃と同じようなデートに連れ出すのもいいですね。

「女性はいくつになってもお姫様」だということを心に刻み、ママに必要とされる男性になりましょう!

まとめ

ママ活は、女性に精神的な満足を与え、日常を豊かにするという側面があります。男性にとっても夢を応援してもらえて、お互いにメリットばかりです。

ママ活やパパ活は、メディアでは卑しいことのように取り上げられますが、実際にはもっと健全で人の心を豊かにしているのも事実。

ママ活に興味があるけど後ろめたい気持ちから、なかなか手が出せなかったという人は、ママ活のメリットにも目を向けて、一度カフェデートだけでも楽しんでみてはいかがでしょうか。

ママ活パートナーと出会えたら、お互いに思いやりを忘れずに、ママ活ライフを楽しんでくださいね!

最新情報をチェックしよう!