現地在住者が語る!ドイツのマクデブルクで絶対行くべきオススメ観光スポット5選

ドイツの北西部に位置するザクセン=アンハルト州にあるマクデブルク。観光地として有名なドレスデンや首都ベルリンから程近い場所にあるため、この都市を知らない人も多いのではないでしょうか。

他の都市へ行く途中に素通りされがちですが、実はとても歴史があり、見応えのある街なんです。今回は、マクデブルクの歴史や観光スポットについてご紹介します。

宗教の歴史がある街

マクデブルクという名前が歴史的に確認できるのは800年代のカール大帝時代。ドイツの前身でもあり、当時中央ヨーロッパをまとめていた神聖ローマ帝国初代皇帝であるオットー一世が即位以前に過ごした街としても有名です。

また、1524年、宗教改革の際にルター派へと改宗。市内にあるマクデブルク大学はルター派初の大学として設立され、今も多くの学生の学びの場となっています。

マクデブルクの有名人はオットー・フォン・ゲーリケ。彼は三十年戦争で打撃を受けた当時の市長で、街の復興に尽力したことで今でも市民たちに親しまれています。日本人にはあまり馴染みのない名前ですが、真空の実験を行ったことで知られる物理学者でもあります。

マクデブルクはドイツ東西分断時は東側の支配を受けており、当時の名残を見ることもできます。ここではマクデブルクで見ておきたい観光スポットをご紹介いたします。

市街地に現れるピンクの建物「緑の砦」

住所 アクセス
Breiter Weg 8, 39104 Magdeburg, ドイツ マクデブルク中央駅から徒歩20分以下

マクデブルク中央駅から教会に向かって歩いていると、突然目に飛び込んでくるピンク色の建物があります。ファンシーな色味と雰囲気はとても目を引くこの建物の名前は「緑の砦」と言います。

ピンク色なのに、緑の砦と名付けられたのは建物の付近に植物がたくさん植えられているためです。環境保護を訴える目的もあるみたいです。設計したのはオーストリアの画家であり、建築家でもあるフンデルト・ワッサー氏です。

フンデルトは自然との共生をテーマとして大切にしているので、緑の砦のような建築物が建てられているのです。建物自体はアパートとなっており、普通に人が住んでいますが一階などはテナント店が入っていたり、中庭を通り抜けることができます。

お土産屋さんやレストラン、雑貨屋さんなど様々なお店があるので、食事をしたりお土産を見ることもできます。

ゴシック建築の教会「マクデブルク大聖堂」

住所 アクセス
Magdeburg Cathedral Am Dom 1 39104 Magdeburg 緑の砦から徒歩数分

ドイツ国内最古のゴシック様式のプロテスタントの大聖堂です。エルベ川の河畔にあり、大聖堂内の見学もできます。大聖堂内の写真を撮るのは有料ですが、見学自体は無料ですることができます。料金を支払えば大聖堂内の装飾などを説明してくれるツアーにも参加できます。

人類の進化・科学を体験できる「Jahrtausendturm im Elbauenpark」

住所 アクセス
Tessenowstr. 5a, 39114 Magdeburg, Saxony-Anhalt, Germany Magdeburg, Herrenkrug駅から徒歩25分程度

円錐形の不思議な形をした建物で、内部が博物館になっている体験型の施設。人類の誕生から現代まで、6階建てのタワー内に展示があります。各階ごとにテーマとなる時代が決まっていて、料金は大人8€、子ども入場料無料。

1階から見学していくことが可能で、人類の進化や科学技術の発展を一通り学ぶことができます。子供向けの体験型の展示も多くあり、親子でも楽しめる施設です。また、各階から外の螺旋階段に出ることができます。

おすすめは展示を6階まで見てから外に出て降りていくことですが、上から眺める景色は緑と街が広がっており圧巻です。

東ドイツ時代の刑務所「Dokumentationszentrums am Moritzplatz」

住所 アクセス
Moritzpl., 39124 Magdeburg Sバーン利用、Magdeburg-Neustadtから徒歩15分

サイトに日本語のページがないためか、日本語の情報がほとんどない施設です。東ドイツ時代に実際に刑務所で、西側の思想に同調する人々が収容されていました。

観光スポットというよりは、市民や学生の学習施設という側面が強い様ですが、ホームページからバーチャルツアーに申し込むと、施設内を案内してもらえます。

私自身がツアーに参加したときは写真撮影は可能でした。実際に収容していた人々の写真や肉声での証言、使っていた日用品なども展示されており生々しく当時のイメージが再現されています。基本的に治安が良いマクデブルクですが、この施設の周辺は他の施設に比べて治安が悪いようなので注意が必要です。

様々な動物が見学できる「マクデブルク動物園」

住所 アクセス
Zooallee 1, Magdeburg Magdeburg-Eichenweiler駅から徒歩15分程度

マクデブルクにいくつかある動物園の一つです。フラメンコや、ゾウ、ライオン、トラなどの王道の動物たちがたくさんいます。園内はゆっくり歩いて回っても1時間半程度。夏季にはナイトサファリを行なっている日もあるのでお子様づれでも楽しむことができるスポットでしょう。

実は見所がたくさんある街

マクデブルクはかつて、宮殿があるほど栄華を誇った国でもあります。今はドイツの一都市としてあまり名前は知られていない穏やかな地方都市ではありますが、古い街なだけあって栄華の歴史も悲惨な歴史もどちらも見ることができます。

また、今回ご紹介したスポットの他にもオットー・フォン・ゲーリケの博物館や、美術館、平日に開催される市場など様々な見所があります。他の有名な都市に行くために素通りするのではなく、足を止めて観光してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!