デリヘル店長が語る風俗嬢の研修内容とは?実際にあった体験談!

こんばんわ!某デリヘル店店長の覆面店長です!

さて、今回は研修についてです。

風俗の研修ってお店によって実に様々です。

当店では未経験の女の子のみ実践研修を行います。

他店から移籍の女の子は研修を行いません。

理由は、すでに実践経験があるからです。

研修は行いませんが、まずは仕事に就いてもらって様子を見ながらその女の子に合った形のレクチャーをしたり足らない部分をお話しをしたりします。

研修でもギャラ発生

さて、研修に話を戻しますね。

未経験で入店した女の子を研修もなしに、いきなり仕事に就けてしまうと色々と問題が出てしまいます。

なので、まず店長が研修をします。

一通り口頭でのレクチャーをした後に実践研修です。

当店では、研修にギャラが発生します。

要するに入客と同じギャラが出るという意識を女の子に持たせ本番の予行練習の位置づけでの研修をします。

研修といっても、普段お客さんがデリヘルを利用して遊ぶのと、ほぼ同じ内容です。

実際に店長が客として女の子に接するのです。

実際の接客をしながら女の子が疑問に思った質問に答えたり、細々したことの説明と理由などを話しながら進めていきます。

デリバリーヘルスに技術や技は必要ないというのが覆面店長の持論です。

そこが、ソープランドやファッションヘルスと大きく異なる点であるかと考えています。

最近では、ソープランドやファッションヘルスではビデオ研修や有料で人気嬢による研修が主流のようですね。

しかし、デリバリーヘルスは「素人の女の子」が売りなので技術の研修はまったくナンセンスなのです。

研修内容とレクチャー方法

ここからは研修に関するお店の裏話です。

正直、こんな話はいろんな媒体に出ているので、皆同じような内容になってしまいます。

せっかく、覆面店長なので少し掘り下げたお話をします。

経験者はなぜ実践研修をやらない?

一番大きな理由は女の子が嫌がるからです。

今までどんなお店を経験してきたのかはわかりませんが、基本的にお店を転々としている女の子はお店に対して不信感を根深く持っています。

お店側の仕事としては、まず在籍の女の子とお店の間に絶対的な信頼関係を作ること!


安心できる居場所の提供です。

これをすることによって女の子のモチベーションは上がり接客も向上するというポジティブなスパイラルに入り始めるのです。

ですから、女の子に不信感を与えてまで実践研修をやるメリットはお店には無いのです。

むしろ、マイナスに作用するリスクのほうが高いのです。

また、女の子が転籍する理由についてですが、一番の理由が居心地です。

居心地の悪いところには長居しません。

そして、もう1つ大きいのが稼げないという理由です。

なぜ、居心地のほうが稼ぎより上なのか?

実際に居心地が良い場所だと、そこに居続けたいという心理が働きます。

生活に困窮するほど稼げない場合は別ですが、そうでない限り我慢する傾向はあります。

また、ポジティブなスパイラルに入るとすべてに向き合える強さも出てきます。

要するに稼げない原因を考えるようになるのです。

こうなれば、後はお店のウデの見せ所です。

本指名絶対主義

当店は本指名が「0」なのに稼げるお店では決してありません。

努力向上をしない女の子は平気で見捨てます

これは、覆面店長の考える「平等論」なんです。

風俗とは「完全出来高制」の厳しい環境の仕事です。

仕事が1本も就かなければ、12時間待機していても稼ぎは「0円」です。

そんな厳しい仕事なのに、何故女の子は稼げないのはお店が悪いと考えるのか。

初めて風俗業界に入った時、不思議でなりませんでした。

当店では基本的に「お茶」厳禁です。

持ち帰り「0円」は絶対に出さないように心がけています。

ポジティブなスパイラルに入った女の子には徹底的に本指名の価値観を植えつけます。

新規のお客さんが入客して良いお客さんだなと思ったら全力で本指にしなさいと女の子には言います。

本指名のお客さんに囲まれて仕事をする楽しさを想像させるのです。

初回のお客さんに気を使って手探りの接客をするよりも、本指名のお客さんにちやほやされながら楽しく仕事をする方が圧倒的に楽なことを知って欲しいからです。

なので、これを体感で知ってしまった女の子は月間の本指数が増えることはあっても減ることが無いのです。

実際に、本指名「0」→「1」って実はすごく難しいんです。
ですが、本指名「1」→「10」って意外と簡単なんです。

未験者は素顔を見る必要がある

未経験の女の子はすべてにおいて未知数なんです。

逆に移籍してきた女の子は大体想像がついちゃうんです。

ですので移籍の女の子はその想像を目安にカリキュラムが作りやすいんです。

未経験の女の子を面接程度の短い時間で判断するのは非常に危険です。

別の何かが内包しているケースもあるからです。

面接→口頭でのレクチャー→実践研修

この間に女の子を見極めていきます。

面接時はあんまり愛嬌が良くないかな?と思っていた女の子も実践研修が終わった頃には強張っていた顔も少し素の顔に戻る場合がほとんどです。

かなり勇気をもって面接に望んだのであろう事が伺えます。

未経験で入店した女の子は例外無く人気が出ます。

一番は、「素直さ」「初々しさ」でしょう。

ですから、当店では「これはお仕事だから」という言葉は絶対に使いません。

むしろ「客と楽しく遊んでお金を貰える仕事」と言っています。

この時点で、ポジティブなスパイラルに入り込ませることが出来れば大成功です。

逆にこのタイミングでポジティブなスパイラルに入れることが出来なければ失敗です。

余程のことが無い限り風俗で大稼ぎすることは出来ないでしょう

移籍してきた女の子は軌道に乗るのに数ヶ月単位で時間が掛かりますが未経験の女の子は入店から早い子で数日目で本指名が入ってきます。

その勢いに乗って本指名の数はうなぎ登りに増えていきます。

このように、同じ新人ではあっても移籍組と未経験組では全く異なるのです。

当然ながら、お店はそれぞれを区別して別々のカリキュラムを用意する必要があるのです。

18歳の処女が入店した時の話

少し話しがそれますが、以前知っているお店で体験入店がありました。

その女の子の売り出しのコピーが「18年間完全未経験!」でした。

察しのいい人?察しの悪い人でもわかりますよね?

18歳の処女の女の子が入店してきたんです。

そのお店は非常に雑で未経験ですら研修をしないんです。

結果、最初のお客さんに処女膜破られて泣いて帰って行ったそうです。

当たり前かも知れませんが半年くらいで潰れましたけど・・。

未経験の女の子には実践研修は絶対的に必要なんです。

これは女性が研修することではあまり意味がありません。

男だからわかる客視点・客目線というのが絶対的にあるからなんです。

お店の人間である前に男なのです。

なので男の性欲や性癖、客としての要求・要望は理解できるのです。

これは異性にはわかりにくい部分も含まれています。

逆に男は女心がわからなかったり女の生理的欲求や願望がわからなかったり異性間では決して理解出来ない部分も存在するのです。

実践研修での体験談

そういえば、1人だけ印象的なおかしな子が居たので最後にその女の子のお話しをします。

その女の子は18歳で面接に来ました。

少し緊張しているようでしたが、一生懸命愛想を良くしている印象でした。

面接が終わり一通り口頭でレクチャーをして、実践研修です。

女の子は部屋をノックして入室してきました。

いろいろとあたふたしていて見ているだけで可愛らしいと思ってました。

一通り教えて一緒にシャワーに向かい洗い方などを簡単に説明。

そしてベッドへ向かいました。

黒髪で胸は小さくくびれも少ないが太い訳ではない。

なんとも特徴がない女の子だなと思いながら少しお話しをしました。

覆面店長「男性経験はどのくらいかな?」

体入A嬢「ヤリまくっていたので数え切れません!」

なんか、物凄く違和感のある答えだなと感じました。

とりあえず、色々触りながら話しをすることにしました。

感度はかなり良く、少し触るくらいですぐに濡れてきていました。

でも、少しおかしいんです。

普通は、これだけ感度が上がってくると自然に股が開いてくるはずなのですが、一向に開く気配がありません。

とりあえず、股を手で押し広げようとしました。

そうすると、身体が強張っていて開かないんです。

この光景はどっかで見た記憶が・・・。

自分の経験上、処女の女の子とした時、こんな感じだったのです。

覆面店長「え?もしかして処女?」

体入A嬢「いえ違います!ヤリまくってましたから!」

明らかにおかしな事言ってるぞ?しかも動揺してるし・・・。

しょうがないので感度を上げるべく更に愛無していきます。

上半身が紅潮するくらい感度を上げてようやく身体の強張りが抜けていっているようです。

少しづつ無理なく股を広げていきます。

覆面店長「指挿れていいかな?」

体入A嬢「はい!よろしくおねがいします!」

「よろしくお願いします」といわれたのは研修をやっていて初めての経験でした。

指を入れても特に問題なかったし処女では無さそうなので、実技はいったん中止

意外な真実

問題は身体の強張りです。

時間も無いのでまず身体の力を抜いて股を開く練習から始めました。

これは、時間と慣れの問題でしかないのですが、この後すでに予約を数件受けてしまっている以上、最善を尽くすしかありません。

股はなんとか反復練習で開くようにはなりつつあったので、あとは少しレクチャーを追加しました。

お互い裸で向き合って、真面目に話しをします。

想像するとすごく滑稽ですよね。

どうも、話を聞くと風俗嬢は「ヤリマン」じゃないと難しいという話を人に聞いて脳内変換により「ヤリマンじゃないと採用されない」と解釈したらしい。

まぁ聞いてみると可愛い誤解ですよね。

あとは、これから会う初めてのお客さんに対する恐怖心の払拭です。

覆面店長「お客さんは怖くないからね」

体入A嬢「そうですよね。でも初めて会う人は緊張しちゃいます。」

覆面店長「そうだね。だけどお客さんはムラムラしてくるわけだからさ、もしかしたら股を開いてくれるかも!って期待してめっちゃ優しくしてくれるよ」

体入A嬢「なるほど!解りました!それがさっきの練習に繋がるんですね!、頑張って股開きます!そしたら優しくしてくれるし!」

んか違う気もするけど、大丈夫かな?と心配しつつ、この後実践投入です。

結果、5人程入客して枠はほぼ完売。

覆面店長「お仕事やってみてどうだった?」

体入A嬢「みんな優しい人ばかりでちょっと感激しました。」

覆面店長「そっか、それはよかったね。お客さんは基本的にはみんな優しいから。」

体入A嬢「股開くのにこんな効果があると思いませんでした。これからはお風呂上りに柔軟体操して股がもっと開くようにします!」

覆面店長「おーがんばれ!www」

なんかズレてるけど、結果オーライということでいっかと自分を納得させました。

1ヵ月後にはだいぶ本指名も増え半年後には立派な風俗嬢になっていました。

さいごに

どうですか?

皆さんが思っていた研修とは違っていましたか?

お店的にはあくまでも研修は女の子を育てる一環なので、むしろその後どういう方向に伸びていくかという長いスパンでの育成が大事になります。

風俗のお仕事は業務4割の女の子の育成6割といった感じです。

この女の子の育成は決して目に見える部分ではないのですが手を抜くとお店はあっという間に潰れます

非常に大事な部分なのですが、意外と手を抜くお店が多く存在します。

何をもって健全なお店なのかは正直難しいですが、女の子のご機嫌をとってチヤホヤしているだけのお店で良嬢は育ちません。

なかなか表には見えにくい部分だと思いましたので今回書かせていただきました。

以下でも覆面店長が赤裸々に語っています。

関連記事

こんばんわ! 某デリヘル店、店長の覆面店長です。 さて、今回はタイトルの通り風俗嬢が控え室で話す客の噂です。 まず当店の大雑把な客層と嬢の年齢層から。 40代を中心とした客層のお店です。 あまり20代前半の若い[…]

最新情報をチェックしよう!