告白は予行練習をしっかりと!恥ずかしくない告白のセリフ集

大好きな人に想いを伝える時、それはとても緊張し、勇気のいる一瞬です。

いざ告白で気持ちを伝えようとしても思うように言葉が出てこなかったり、恥ずかしくて勇気が出なかったりと、うまくできなかったという経験をした方も多いのではないでしょうか。

この記事では大事な場面で失敗しないために、恥ずかしくない告白のセリフと予行練習の仕方をまとめました。しっかりと気持ちの伝わる素敵な告白で、成功させましょう!

告白にベストなタイミングとは?

 

相手に気持ちを伝えたいと思った時、いつ気持ちを伝えるべきか考えてしまうものです。

簡単にやり直しがきかないからこそ、ベストなタイミングで後悔なく、相手にしっかりと気持ちを伝えたいと思うでしょう。

実は男女どちらからの告白かによって、ベストなタイミングが違うと言われているのです。その内容についてみていきましょう。

 

男性からは出会って3ヶ月以内

男性から女性に告白をする場合は一般的に出会って1〜3ヶ月以内がベストだと言われています。
その理由として女性は本能的に相手が恋愛対象となるかどうか、出会った直後からすぐに判別し始めます。

そしてその判別にはスピード感があります。一度恋愛対象とはなったものの、そのまま男性側が何もアクションを起こさないでいると、自分は相手にとって恋愛対象ではないと判断され、他の人に目を向けてしまう可能性があるのです。

男性側が女性へアプローチ、告白をする場合には出会ってから3ヶ月以内がベストと把握しておくと良いでしょう。

女性からは出会って3ヶ月以降

女性から男性へと告白する場合、出会ってから3ヶ月以降1年以内程度がベストだとされています。
その理由として、男性は自分の気持ちや相手の気持ちに無頓着であり、気付いていないケースも多いのです。
相手との関係性に居心地よさを感じていながらも、自分が相手のことを好きで付き合うということまで考えるのには平均して9ヶ月前後かかるとされているのです。

そのためすぐに告白をしても自分の気持ちに気付いていない男性に混乱を与えてしまう結果となりやすいのです。少し時間をとって3ヶ月〜1年ほど関係性を温めておくと良いでしょう。

 

 

予行練習必須!嬉しい告白セリフ集

では実際にどのようなセリフで告白をされたら相手は嬉しいと感じるでしょうか?

告白はなんどもするものではありませんから、その一瞬が思い出として残ります。できれば告白後も失敗や後悔ではなく、素敵な思い出として残しておきたいものです。

ここでは言われて嬉しい告白のセリフ集についてまとめました。どんな言葉が相手に喜ばれ、気持ちを伝えることができるのかみていきましょう。

好きです

やはり、男女ともにストレートに「好きです」と告白されるのはとても嬉しいでしょう。
恥ずかしさから変にごまかしを入れたりせず、自分に対しての好意を素直にぶつけてくれるところも嬉しいポイントです。

告白をする側にとっては、心の内をそのまま伝えることになるので、とても勇気がいるセリフですが、相手に気持ちを伝えるにはシンプルでもっとも伝わりやすい告白セリフです。

相手のことを想う気持ちを素直に伝えてみてはいかがでしょうか?

 

一緒にいたい

これからも一緒の時間を過ごしたいという素直な気持ちは、自分にとって相手が必要な存在であることを伝えるのにとても良いセリフでしょう。
男性にとっても女性にとっても、相手から必要とされ、求められるのはとても嬉しいものです。

「好き」という気持ちをストレートに伝えるのは恥ずかしいという方でも、「一緒にいたい」というセリフであれば直球すぎず、でもしっかりと相手に気持ちは伝わるセリフなので、取り入れやすいでしょう。

 

付き合ってください

告白とは好きな気持ちを伝えるものですが、やはり気持ちを受け入れてもらえるなら、その後もお付き合いをして今までよりも一歩踏み込んで良好な関係を築いていきたいものです。

「付き合ってください」は自分が今後あなたと交際したいという気持ちをストレートに伝えるセリフです。

相手に好意を持っていることをしっかりと伝えることができ、なおかつ今後の交際を許諾してもらえるかどうか、相手の気持ちを確認することができます。

 

 

言ってはいけない!告白失敗セリフ集

 

告白の場面ではとても緊張するので、無計画でその場の勢いで言ってしまうと相手を不快にさせてしまう可能性があります。

せっかくの告白で相手を不快にさせてしまっては、成立するものもしなくなってしまう可能性があります。

ここでは相手を不快、不安にさせる告白のセリフをみていきます。
恥ずかしさや、照れがあっても以下のセリフは言わないように注意しましょう。

 

付き合ってみる?/じゃあ付き合っちゃう?

「付き合ってください」とストレートに伝えるのが照れ臭くて「付き合ってみる?」「じゃぁ付き合っちゃう?」というような軽いノリで濁した告白は相手にとって失礼に当たります。<

また軽く言われてしまった告白は、気持ちすらも軽く受け止められがちです。

ごまかしたい気持ちを抑えて、ここは付き合って欲しいという気持ちをしっかりと相手に伝えるようにしましょう。

普段はふざけあうような中でも、告白時は真剣に向き合うことで、相手にも気持ちがしっかりと伝わります。

 

好きかも

好きということはわかりますが、「かも?」という不安定な表現は、相手にとって不快感と困惑を与えてしまいます。

また断言をしないことで、「好き」という気持ちに自信がないように捕らえられてしまいます。この場合、気持ちの本気度が伝わらず、相手に誤解を与えてしまう可能性もあるでしょう。

「好きです」と自分の気持ちを言い切るのはとても勇気がいることですが、相手に気持ちを伝えたいのであれば、疑問形などの不安定な表現は避けるようにするべきです。

 

メールでの告白

現在はスマートフォンで直接顔を見なくても気軽に相手とコンタクトを取ることができます。
顔を見て告白するのが恥ずかしいという場合、メールでの告白は敷居が低く感じて、送りやすく感じるでしょう。

しかしメールでの告白は送る側の様子がわからないため、受取手もどのような対応が正しいのか困惑してしまうことにつながります。

からかいや冗談として、本気として受け止められず、流されてしまうことがあってもおかしくありません。

大事なことはメールではなく直接伝えるようにするべきでしょう。

 

 

告白の予行練習でやっておくこと

告白は相手に気持ちを伝える一世一代のイベントです。緊張や恥ずかしさに負けず、自信を持って相手に気持ちを伝えるためには予行練習が必要となるでしょう。

では一体どんな予行練習をしておけば本番で困ることがないのでしょうか。

ここでは告白前に決めておきたい、考えておきたい、予行練習の内容についてみていきましょう。

 

シチュエーションを考える

告白をする際にどんなシチュエーションで告白をするのか決めておくのは重要です。

その場で決めようと行き当たりばったりでは、いざ告白しようとしても良い場所や雰囲気がなく告白をしそびれてしまう、または相手に不快感を持たせるような場所での告白ということにもなりかねません。

まずはどのような場所で、どのように告白まで持っていこうかと大筋のシチュエーションを決めておくと良いでしょう。

あまりガチガチに決めすぎてしまうと、想定外のことが起きた時に困ってしまうので、臨機応変に対応できる範囲で考えておきます。

 

セリフを決めておく

どのようなセリフで相手に気持ちを伝えるのかは、前もってしっかりと決めておく必要があるでしょう。

告白の場となれば誰しも緊張や恥じらいが出てしまうものです。そのような状況の中で言葉を考えていると、態度や言葉が曖昧になってしまい、きちんと気持ちが伝えられない可能性があります。

セリフをしっかりと決めておくことで、迷わず、まっすぐな気持ちが相手にもしっかりと伝わるはずです。

 

イメージトレーニングをする

頭の中で告白に至るまでの一連の流れをイメージトレーニングしておきましょう。当日になってバタバタとしないように何回も連想することで、実際にはスムーズでスマートな対応ができるでしょう。

イメージトレーニングを行う際、告白への緊張や不安でネガティヴなことばかりをイメージしてしまうと自信がなくなり、勇気が出なくなってしまいます。

できる限りポジティブに、ただし予想外のことがあっても慌ててしまわないように、計画通りにいかなかった場合のことも想定してイメージしておくと安心できるでしょう。

 

 

予行練習で自信を!ストレートな告白で想いを伝えよう!

男性にとっても女性にとってもストレートなセリフで好意を表現されると嬉しいものです。

告白の際には恥じらいを捨て、素直な気持ちでストレートに伝えるように意識しておきましょう。緊張や不安はつきものですが、予行練習を行うことで自信にもつながります

一生懸命、相手に向き合った告白は結果がどうであれ、自分にとっても相手にとっても清々しく気持ちの良いものです。

逆に不完全燃焼で気持ちを伝えきれず、うまくいかなかった場合、後悔が残りやすく相手にも不快感を与えてしまう可能性があります。

ストレートなセリフで素敵な告白を目指しましょう!

最新情報をチェックしよう!