喧嘩した彼氏と仲直りしたい!彼氏と円満に仲直りできる方法は?

どんなに仲のいいカップルでも、些細なことで喧嘩をしてしまったり、ときには大きな喧嘩をしてしまったりすることがあるものです。

大好きな彼氏との喧嘩だからこそ、どうしたら早く仲直りできるのか悩んでしまう女性も多いのではないでしょうか。

この記事では、彼氏と喧嘩をしてしまってどうすればいいか悩んでいる女性に向けて、円満に仲直りできる方法とやってはいけないNG行動についてご紹介します。

喧嘩した彼氏と円満に仲直りするための6つの方法

彼氏と喧嘩をしてしまったら、一刻も早く仲直りをしたいと思うもの。しかし、やり方によってはかえって喧嘩がヒートアップしてしまったり、彼氏との関係がこじれてしまったりすることもあります。

では、円満に仲直りするにはどうすればいいのでしょうか?はじめに、喧嘩した彼氏と円満に仲直りするための方法を具体的に6つご紹介したいと思います。

喧嘩した原因が自分の場合は素直に謝る

仲直りの基本は素直に謝ること。喧嘩になった原因が自分のほうにある場合は、悪かったところを素直に認めて謝ることが何より大事なことです。

彼氏にも悪いところがあるのだから…と意地を張って謝ることができなかったり、駆け引きをしようとあえて謝らなかったりすると、仲直りの機会を逃してしまいます。素直に謝ることで彼氏に反省の気持ちが伝われば、きっと許してくれるでしょう。

喧嘩の原因が彼氏にある場合は許す条件を設ける

喧嘩になった原因が彼氏のほうにある場合は、どうしたら自分が彼氏を許すことができるのか、許すための条件を設けることをおすすめします。「もう二度としないでほしい」と忠告したうえで、「〇〇してくれたら許す」というように彼氏に賠償を求めるのです。

彼氏から謝罪されるのと同時に賠償として何かを受け取ることで、彼氏への怒りや苛立ちがやわらぎ、責める気持ちも少なくなっていきます。その結果、円満な仲直りができるようになるのです。

普段どおりの態度で彼氏に接する

彼氏と喧嘩をしている状態が長引けば長引くほど、どんどん仲直りしにくい状態になっていきます。なるべく早く仲直りをしたいなら、普段どおりの態度で彼氏に接するようにしましょう。

喧嘩をした後、まるで何事もなかったかのように接することでギスギスした雰囲気や気まずい空気がなくなり、スムーズに仲直りしやすくなります。

喧嘩の原因となった話を蒸し返さない

喧嘩した彼氏と仲直りしたいと思うのなら、喧嘩の原因となった話を蒸し返すことは避けるべきです。いつまでも気持ちを切り替えられずに何度も過去の話を持ち出してしまうと、それがきっかけとなって新たな喧嘩が勃発してしまう可能性があります。

過去のことはできるだけ流すように心がけ、これからのことに目を向けるようにしましょう。

しばらく冷却期間を置く

喧嘩をした後は自分も彼氏も興奮状態の場合が多いので、物事を冷静に判断することができません。気持ちが高ぶっている状態では落ち着いて話し合うことができないので、冷静になるためにしばらく彼氏と離れて過ごしてみるのもおすすめです。

冷却期間を置くことで自分の悪かったところに気がついたり、彼氏の大切さを改めて実感したりすることができるでしょう。

喧嘩しても好きだという気持ちを彼氏に伝える

彼氏と喧嘩をして怒りや苛立ちの感情が生まれても、時が経てばやっぱり仲直りしたいと思うかもしれません。そのような気持ちになるのは、やはり彼氏のことが好きだからでしょう。仲直りをしたいなら、喧嘩しても好きだという気持ちを彼氏に伝えることが大事です。

男性はプライドが高いので、自分から折れて謝ったり仲直りしたいと伝えたりすることがなかなかできないものです。あなたのほうから仲直りしたいという気持ちをストレートに伝えることで、案外すんなりと仲直りすることができるかもしれません。

彼氏と喧嘩したときにやってはいけないNG言動

彼氏と喧嘩をして気持ちが高ぶってしまい、思わずこんなことを言ってしまった、あんなことをしてしまった…と落ち込んでいる女性もいるのではないでしょうか。

喧嘩をすると頭に血が上って冷静な言動がとれなくなってしまうため、気持ちが落ち着いてから後悔するケースが多いようです。そこでつぎは、彼氏と喧嘩をしたときにやってはいけないNG言動をいくつかご紹介したいと思います。

軽い気持ちで謝る

喧嘩をした彼氏と早く仲直りしたいからといって、軽い気持ちで謝るのはNGです。あなたが悪いわけでもないのにとりあえず謝ったり、あなたが悪い場合でも反省してもいないのに謝ったりするのは良くありません。この場を早くやり過ごすための適当な言動だと彼氏に思われてしまう可能性があるからです。

喧嘩が悪化してしまう可能性もあるので気をつけましょう。

一方的に彼氏を責める

喧嘩の原因が彼氏にあった場合でも、一方的に彼氏を責めることはやめましょう。喧嘩の原因の根底にはあなたが悪かったところもあるのかもしれませんし、何かどうしようもない事情があったのかもしれません。

彼氏には彼氏の言いたいことがあるはずなので、その言い分や事情をしっかり聞いたうえで冷静に話し合いたいものです。

彼氏からのLINEや電話を無視する

喧嘩をした彼氏とは、もう話もしたくないし顔も見たくない!と思ってしまう女性も少なくないでしょう。しかし、彼氏からのLINEや電話などの連絡を無視してしまうのはNGです。

中には彼氏と喧嘩をした後にLINEをブロックしたり電話を着信拒否にしたりする女性もいるようですが、そんなことをしてしまうとあなたに対する彼氏の信用は一瞬でなくなってしまいます。

彼氏がLINEや電話をしてきたのは、もしかしたらあなたと仲直りしたいからなのかもしれません。それなのに連絡を何もかも無視されたのではなす術がないでしょう。無視されたことであなたへの不信感が生まれてしまう可能性もあるのです。

彼氏にしつこく連絡する

喧嘩をしてしまった後、これまで連絡を取り合ってきた彼氏から連絡が途絶えてしまうのはよくあることです。こんなとき、不安や焦りから彼氏にしつこくLINEを送ったり電話をしたりする女性もいるかもしれませんが、この言動は良くありません。

そもそも男性は女性を追いかけたい生き物。世の中の男性のほとんどは追いかけ回されるのが苦手なので、何度もしつこく連絡されるとその状況から逃げ出したくなってしまうのです。

喧嘩に関係のない話を持ち出す

彼氏と喧嘩をしたときに、喧嘩の原因とは直接関係のないことにまで話を広げてしまうのは良くありません。以前から言いたかったことを喧嘩のついでに言ってしまうという女性は多いですが、喧嘩に関係ないことを言われた彼氏のほうは納得がいかないでしょう。

その言動のせいで喧嘩がさらにヒートアップしてしまうことも考えられるのです。

別れるつもりがないのに「別れる」と言う

彼氏と喧嘩をしたときに、思わず勢いに任せて「別れる」と口にしてしまう女性もいるのではないでしょうか。嘘でもそう言えば彼氏が引き止めてくれるだろうと思って、駆け引きのつもりで「別れる」と言ってしまうのです。

ですが、別れるつもりがないのに「別れる」と言うのは、彼氏からしてみれば面倒な言動そのもの。幼稚で浅はかな印象をもたれてしまうので要注意です。振り回されることに嫌気がさしてしまったり、もう付き合いきれないと引かれてしまったりする可能性もあるでしょう。

喧嘩した彼氏と円満に仲直りしよう!

「喧嘩するほど仲が良い」などと言うこともありますが、いくら仲が良いカップルでも一緒にいれば多かれ少なかれ喧嘩をすることもあるでしょう。しかし、喧嘩をしたときこそ2人の真の絆や愛情が試されるときでもあります。

彼氏との喧嘩は、こじらせると取り返しのつかない事態になってしまう可能性もあるので、なるべく早い段階で解決しておきましょう。真摯な態度と冷静な言動で彼氏に歩み寄るようにすれば、きっと反省の気持ちが伝わり円満に仲直りできるでしょう!

最新情報をチェックしよう!