恋愛素人男子必見!女子が喜ぶデート中の自然な手の繋ぎ方とは!?注意点も解説!

恋愛初心者にとっての最初のステップ。それは、デート中にお相手の女性と手を繋ぐことではないでしょうか?

好きな人に触れたいと思うのはごく自然なこと。しかし、いきなり女性の手を握ると嫌われてしまうのではないかと、不安になりますよね。

これからご紹介するポイントを押さえれば、あなたもデートで自然に手を繋ぐことができます。

何回目のデート?手を繋ぐタイミングと女性との関係性

まず、最初に気をつけておきたいのは相手の女性の気持ちです。女性は、パートナー以外の男性と触れ合うこと嫌います。

せっかくいい雰囲気だったのに、いきなり手を繋がれたことによって、一気に気持ちが冷めてしまうなんてことは避けたいですよね?

ここからは、あなたとお相手の女性の関係性に合わせて、手を繋ぐべきタイミングをご紹介します。

片思い中の相手の場合

片思い中は、恋愛の中で最も楽しい時と言われています。相手への気持ちがどんどん高まっていくため、一気に距離を縮めたいと焦ってしまいがち。

しかし、どんなにあなたの気持ちが高まっても、女性の気持ちを考えずにいきなり触れるのはやめましょう。冒頭で述べたように、女性は気持ちから入る生き物です。相手が自分に好意をもっていると確信がもててからでも、遅くはありません

もし、あなたの片思いだった場合は、最初のデートで手を繋ぐのは避けたほうがよいでしょう。女性側の気持ちが分からない場合は、一気に距離を縮めると軽い男だと思われて、次のステップへ進めなくなってしまうなんてことも。

片思い中の女性には、2〜3回目のデートで手を繋ぐのが無難です。最初のデートで関係性を深めた後、2回目以降のデートの約束ができれば、それは女性側からの脈ありのサイン。2〜3回目のデートで手を繋いで、一気に距離を縮めましょう。

友達以上恋人未満の場合

普段からよく遊びに行っていたり、周囲の友人から彼女の気持ちを聞いていたりと、お相手の気持ちに確信がもてた場合。その時は、あなたが彼女との関係性を深めたいと思ったタイミングで、手を繋ぎましょう。

草食男子や無気力男子が増えているとは言え、いつの時代も女性は男性からリードされたいもの。当然、告白やプロポーズのような、2人にとって大切な節目であれば尚のこと。しかし、お酒の席や友人の目があるところで手を繋ぐのは、絶対に避けましょう。酔った勢いで触られたと思われかねません。

きちんとあなたの本気が伝わるように、2人きりで出掛けたデートの時に手を繋ぐのがベストと言えます。そうすれば、その勢いで告白もできるでしょう。

恋人同士の場合

晴れて恋人同士になれたのなら、最初のデートで必ず手を繋ぎましょう。手を繋ぐというのは、周囲の目を気にせず堂々と触れ合える機会であり、恋人同士の最初のステップ。手を繋ぐことで、2人が恋人同士であると実感することができるでしょう。

当然、せっかくのデートなのに、微妙な距離感のまま一切手を繋いでもらえないと、女性も不安になります。手を繋ぐというのは、相手の自分への気持ちを確かめる方法でもあります。

相手の手をぎゅっと握って、彼女を安心させてあげましょう。そして、最初のデートを思う存分楽しんでください。

デート中に手を繋ぐベストなタイミングは?

お相手との関係性を整理できたら、次に悩むのはデートのどのタイミングで手を繋ぐべきかですよね。自然と手を繋ぐ方向へもっていくには、TPOが大切。

ここからは、デートの序盤・中盤・終盤の3つのパターンに分けて、それぞれの時間帯で自然に手を繋ぐ方法をご紹介します。

デートの序盤

恋人同士なら、待ち合わせ場所で合流した時に手を繋いでしまうのがベストです。目的地へむけて「行こう」と声をかけて手をとるのは、とても自然な流れ。男性側としても、デート中最も自然に手を繋ぐことができる絶好のタイミングです。

「目的地へ向かうまでの間は手を繋ぐ」という方式を作ってしまえば、途中で手を離してしまったとしても、その後もスムーズに手を繋ぐことができます。

最初はお互いに照れ臭くて、ぎこちなくなってしまうものです。現在地から目的地へ向かう間に、お互いの気持ちを解しておく意味でも、早々に手を繋いでしまいましょう。

デート中盤

最初の待ち合わせで手を繋ぐことができなかった人もご安心ください。デートの最中にも手を繋ぐチャンスはたくさんあります。しかし、それには「きっかけ」を作ることが大切です。最も有効的な方法は、環境を味方につけることです。

足場が悪くて歩きにくそうにしていたり、人混みを歩く際に逸れないようになど、手を繋がなければ彼女が困る場面があると思います。彼女が困っている時に、スマートに手を差し出せば、自然と手を繋ぐことができます。彼女からもあなたが頼りになる男性であると、アピールすることができるでしょう。

それと同時に、彼女の安全も守ることができます。彼女が安心してデートを楽しむために手を繋ぐのだと考えれば、「きっかけ」に気づくことができるでしょう。

デート終盤

デートの終盤まで手を繋ぐことができなかった場合は、暗闇を利用しましょう。足元が暗くて危ないからという理由で手を繋ぐのもよし、車道側を歩くのは危ないからとさりげなく手を引いて歩道側に寄せるのもよし。使い方はいろいろあります。

解散するタイミングで暗闇を利用できない場合は、彼女の帰りの電車が来るまでの間、手を繋いで一緒に待つというのもよいでしょう。離れがたい気持ちを、彼女に示すことができて、一気にお互いの気持ちが高まります

きっかけをつかもう!デート中に自然と手を繋ぐ方法

今までご紹介したような、環境的要因意外にもきっかけはたくさんあります。ここからは、実際にデート中に起こりうる事例をご紹介。かなりの頻度で起こりうるものを集めたため、自分で見つけることができない人は、このポイントだけでも押さえておきましょう。スマートに手を繋ぐことができますよ。

ネイルなどを褒めるとき

例えばデート中に食事に行ったり、何かの待ち時間などに女性のネイルを褒めてみましょう。ネイルだけでなく「綺麗な手だね」と伝えて、さりげなく手に触れるのも良いでしょう。

他にも手相をみたり、手を使った暇つぶしなどをするのも良いでしょう。「急に手を繋ぐのは抵抗がある」という方は是非この方法を試してみてください。

歩いている時にお互いの手が触れる

デート中に微妙な距離感で歩いていると、お互いの手の甲が触れてしまう時があります。もし彼女が嫌がっていないようなら、それは手を繋ぐ絶好のチャンス。優しく包み込むようにぎゅっと握って、にっこり笑ってあげれば、緊張がほぐれてお互いにリラックスすることができるでしょう。

女性側からボディタッチをされたとき

女性側から腕を触れてくるなどの、さりげないボディタッチが増えた時は、彼女があなたに心を許している合図。

または、なかなか触れてくれないあなたにヤキモキして、きっかけを作ってくれている可能性もあります。彼女のアピールを素直に受け止めて、ぎゅっと手を繋いであげると喜んでもらえるでしょう。

警告表示のある段差を見つけたとき

お店や公園などで、思わぬ場所に段差があったりしますよね? 気づかずに躓いてしまうこともしばしば。そのような場所には「足元注意」の看板やテープが貼ってあります。その警告こそが、絶好のチャンス。「足元気をつけて」と言って、さりげなく手を差し出しましょう。自然な流れで、手を繋ぐことができます。

買い物をした後

ウィンドウショッピングデート中は、彼女の両手が荷物で塞がってしまうことも。これでは手を繋ぐことができない…。そんなときは、荷物を持ってあげるとよいでしょう。その時のポイントは、全ての荷物を持ってあげるのではなく、彼女の片手が空くくらいがベスト

「荷物を持ってもらうなんて気が引ける…」という女性への気遣いとして、喜ばれることでしょう。お互いの荷物を持っていない方の手を繋いで歩くのは、少女漫画ではよくある展開のため、女性には喜ばれます。

デートで手を繋ぐ前に要チェック!気をつけておきたいハンドケア

デートの前日までに、気をつけておきたいこと。それは、ハンドケアです。男性にとっては習慣化されていない人もいるかと思います。しかし、自分の手で大事な女性の手を傷つけることがないようにと考えれば、必要なケアと言えるでしょう。

ここからは、デートの前日までにできる簡単なハンドケアをご紹介します。

ハンドクリームを塗る

男性の中には、普段ハンドクリームを塗らない人も多いのではないでしょうか? 普段からケアをしなければ、環境によって手が荒れ放題なんてことも…。「働く男性の手は逞しくて素敵」と思う女性もいます。それでも、ある程度のケアは必要です。

彼女があなたの手を握った時に不快感を感じないように、「清潔感」を与える手を目指しましょう。

爪を切る

初めて手を繋ぐ時は、緊張して思わず強く握ってしまったり、手が滑ってしまうなんてこともあるかもしれません。そんな時に爪が伸びていたら、彼女の手を傷つけてしまう恐れがあります。デートの前日までには、必ず爪を切っておきましょう。

ハンカチは必ず持っていく

デート中は、食事をしたりお手洗いへ行ったりと、何かと手を洗う場面が増えます。しかし、全てのトイレにハンドドライヤーやペーパータオルがついているとは限りません。びしょびしょのまま彼女と手を繋ぐなんてことがないように、ハンカチは必ず持っていきましょう。

手を繋ぐときには相手への思いやりが大切

「手を繋ぎたい」という独りよがりの気持ちでは、相手を喜ばせることはできません。あなたがこの記事を読んでいるということは、「相手の女性に不快な想いをさせたくない」という、思いやりの心があるということ。

今までご紹介したポイントの全ては、相手への思いやりの心が重要です。その気持ちを大切にしてください。そして、手を繋ぐことは愛情の確認だということをお忘れなく。心を込めて手をぎゅっと握れば、幸せなデートになること間違いなしです!

最新情報をチェックしよう!