元風俗嬢の教える!すべての男性を虜にする秘境の性感帯とは?

筆者は元風俗嬢として多い時には1日に6~7人の男性をイカせていました。突然ですが、もし、すべての男性を虜にする秘境の性感帯があったら知りたいと思いませんか?

性感帯も十人十色。多くの男性をイカせることで、多くの性感帯を見つけることができました。そうです、風俗嬢とは男性の気持ち良いところを常に追求している存在です。

今回はその経験を元に、未だご自分の性感帯をご存知ない男性達を秘境の性感帯で虜にしちゃいましょう。

男性が喜ぶことを追求する風俗嬢

風俗嬢とは時給単価2万円弱の仕事をこなします。つまり男性は、お金をかけて「必ずイケる、気持ちよくなれる」時間を買いに来るのです。

その男性がどんな性感帯を持っていようと、風俗嬢は短時間でそれを見つけ、満足して帰っていただく必要があります。

その為にいかに男性の性感帯を熟知し、本当に気持ちのいい刺激を作り出すことができるかが腕の見せ所になります。

風俗では、ただSEXをして終わり、なんてことはないのです。むしろただSEXだけをする風俗嬢は性感帯の追求をしないため、男性にもすぐに飽きられてしまいます。

しかし、これは普通の恋愛でも同じことがいえるのではないか、と筆者は思うのです。SEXが全てではないですが、昔から「三つの袋を掴むことが大切」と言われているように、性は男女の関係性にとって、外すことのできない大切な要素になり得るのです。

すべての男性に共通する性感帯はない

まず、最初にお伝えしておかなければならないのは、どんな男性にも通じる魔法の性感帯はないということです。

女性もGスポットが気持ち良い方やクリトリスでイく方など様々です。男性も全く一緒です。フェラひとつとってみても男性によって好きな場所は全く違います

  • 裏筋をチロチロされるのが好きな人
  • 鬼頭を優しく撫でられるのが好きな人
  • 全体を湿った口内で舐め回されるのが好きな人
  • 女性が苦しそうに奥までくわえ込んでいる姿に萌える人

ただ、今回は男性の息子の喜ばせ方ではなく、それ以外の部分から秘境の性感帯をご紹介したいと思います。ぜひ、今回ご紹介するポイントを試してみて男性の好きな性感帯を見つけてあげてください。

男性を喜ばせるメリット

ちなみに、なぜ男性を喜ばせると良いのか考えたことありますか?こちらも先に説明しておきます。前述しているように、風俗嬢に関して言うと、イカせられるかどうかということは死活問題です。

ただ、もしあなたが一般の女性にも関わらず、男性の多くの性感帯を知り、喜ばせることができたなら、きっとあなたはとても大切にされるでしょう。

なぜ風俗に来る男性が多いのか、結論普段のSEXに満足していないことが多いのです。(もちろん男性の中には、自分のフェチを満たす為にお金を出す場合もかなりありますが)

つまり、風俗に行かなくとも普段の SEXの中で自分の性感帯を刺激してくれる女性がいたら、男性はきっと虜になってしまうはずです。

虜にしてしまえば、後はあなたの自由。男性に大切にしてもらうでも、たくさん責めてもらうでもなんでもしてもらいましょう。

ようは他の女性がしてくれないことを身につければ良いのです。他の女性にできないと言っても難しい話というわけでもありませんので、心配しないで下さい。

秘境の性感帯

では4つの秘境の性感帯についてお伝えします。性感帯というのは一つではなく、気持ち良さが高ぶってくると次の扉が開くようなもので、どんどんレベルアップしていきます。

それと同時に感度もアップしていくはずですので、一度ではなく、何度もトライしてみてくださいね。

秘境の性感帯その1〜フェザータッチ

秘境というほど場所が限られているわけではないですが、使えるとかなり便利なのが「フェザータッチ」です。

SEXの時に男性を触る時には、最初から最後までだいたいフェザータッチで触れてあげます。最初はくすぐったくてもだんだんと感度が上がってくるはずですよ。

特に二の腕のあたりと股間の周り、玉などをフェザータッチでさわさわするととても気持ち良いようです。

ちなみにフェザータッチとは、文字通り「羽」のように、触れるか触れないかの強さで相手に触れることです。これには練習が必要です。

例えば手を握る時でも、イチャイチャしている時でもこんな感じに触れたら気持ちが良い、これではぞわぞわしすぎる等、試すことが出来ます。

マッサージと同じで、人によってどんな強さが良いと感じるかも違うはずですので、確認しながら使って頂きたいテクニックです。以下でも詳しく述べています。

関連記事

愛撫と聞くとどうしても男性が女性に対して行う事として認識されがちですが、実は男性も愛撫がとっても大好きです。 今日は初めての方でも実践できる男性が喜ぶ愛撫テクニックをご紹介します。 そもそもなぜ愛撫が必要?[…]

秘境の性感帯その2〜耳

耳は性感帯としてもよく知られていますよね。耳を鼻でくすぐられたり、舌で舐められたり、しゃぶられたりするととても気持ち良いものです。

最初はくすぐったく感じていやがられるかもしれませんが、そういう時こそ、少し大げさにペロペロと、えっちに責めてみて下さい。

ちなみに一つ気をつけて欲しいのは鼻息や口の呼吸です。相手の耳を直接刺激しているわけですから、息遣い一つがかなり気になります。

相手が喜んでくれると興奮してしまいますが、そこは冷静に静かに舐めてあげて下さい。

秘境の性感帯その3〜乳首

これは意外かもしれませんが、男性にも乳首だけで達してしまう人がいます。実際に射精をするわけではないですが、女性がクリトリスでイクくらいの衝撃はあるはずです。

男性は女性の乳首や胸を執拗に責めますが、女性だって責めて良いのです。むしろ男性も責めて欲しい人は多いです。責め方は簡単です。

自分がこんな風に舐められたら、気持ちよくて悶えてしまう、という舐め方や触り方を追求すれば良いだけです。どのくらいの時間を乳首に使うかも大切です。

できれば、こんなに長く?と飽きられるくらいに舐めてみましょう。1分も乳首を舐めていたら、その男性が乳首が好きか嫌いかはっきりと分かるはずです。

秘境の性感帯その4〜背中

実は私が一番お勧めするのは背中です。なぜなら私自身が背中にキスされたり舐められたりするのが大好きだからです。笑

というのは、言い過ぎですが、相当な不感症でない限り、背中で感じる人はとても多いです。

しかし逆に、背中を責める方は、男女共に意外に少ないのです。しかも背中の責め方は本当に簡単です。これは利用しない手はありません。

手でフェザータッチするでも、キスや舌で肩や二の腕からお尻の部分まで舐め回すでも良いですし、ぜひ騙されたと思ってやってみて頂きたい性感帯です。

小さな声で耳に愛の言葉を囁きながら、ゆっくりと全身を犯す毒のように、男性を支配していってみてください。

後ろから抱きしめながら、キスの嵐を降らせてあげれば、息子が元気になってしまってお尻が浮き上がってくるはずですよ。

秘境の性感帯その5〜蟻の門渡り

隠語ですが、これは男性の玉の中心あたりから肛門まである線状の性感帯のことです。別名、会陰(えいん)とも呼ばれます。女性にもある部位です。

なかなか知られていない部位ですが、ここをやわやわと優しくさすったり、軽く刺激したりすると、なんとも言い難い気分になるようです。

男性の息子をさわるよりも前に、焦らすように玉を刺激しながら、時々この位置を優しくさすってあげます。

時には舌でツンツンと刺激したりしながら、男性の反応を見てあげて下さい。すごく恥ずかしそうに、早く息子を舐めて欲しいという顔で覗き込んでくるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。全てにおいて言えるのは自分が気持ちいと思える場所を、代わりに責めてあげるという感覚です。

そうすることで「私はここをこうされるのが好き」と、言葉を使わずに伝わります。そして優しくゆっくり、をとことん追求すればだいたい大丈夫です。

こんなにゆっくりで大丈夫なのかな?と心配するくらいで問題ありません。ちなみに私は本気のSEXをする時には4時間くらいかけることもある程です。

男性を気持ち良くさせてあげることは、同時に自分も気持ち良くなることになります。ぜひ秘境の性感帯を試して頂き、新たな境地を開いてみて下さい。

きっと男性達が虜になってしまうはずですよ。

最新情報をチェックしよう!