今まで友達関係だった男女間で恋愛に発展する割合とそのきっかけ10選を紹介

  • 2020年8月11日
  • 2020年12月6日
  • 片思い

一度友達みたいな関係になってしまったら、恋人に発展するのは無理…と思うかもしれませんが、実は友達関係から恋愛に発展するカップルは多いんです。

今回は「友達だった男女間が恋愛に発展するきっかけ10選」をまとめてみました。この記事を読めば、あなたの好きな彼とも恋愛に発展できるかもしれません!

友達関係から恋人関係になるカップルは多い

全国10~60代の既婚・恋人のいる男女1,328名を対象に調査したところ、全体の19.3%が「現在のパートナーは元々友達だった」と回答。

「約2割」の方が「友達から恋人関係になった」と回答していました。また年齢が若い人の方が、友達から恋人関係になる確率は多く、年齢別の調査では以下のような結果が出ています。

(引用:exciteニュース)

20代までの年齢の方は、だいたい「4~5人に1人」が友達から恋人関係になっていますね。きっとあなたの周りでも友達から恋人関係になったカップルがいるはずです。

このようなアンケート結果があると頑張ろうという自信が出てきますね!

ちなみに友達から恋人関係になったカップルは「性格・価値観・趣味」などをもうわかっているので別れにくいという最高のメリットがあります。

友達から恋愛に発展するきっかけ10選

これまで友達だった同士でも何かしらのきっかけがあってこそ初めて友達から恋人への扉は開かれます。ここでは友達から恋愛に発展するのはどんな時なのか、そのきっかけ10選について解説していきます。

これまでの友達関係から一歩踏み出すためにチェックしておきましょう!

相手が自分に恋愛感情を持っていると知った時

相手から好意を寄せられると、それまで気になっていなかった相手でも意識してしまい不思議とその相手のことが気になっていくものです。

相手の好意を知るのは何も直接告白されたということだけではなく、友達から知らされる、急に手を繋ぐなどのアプローチをされるといった場面でも知ることができるでしょう。

友達ということですから、そもそも相手に恋愛ではなくとも好意は持っているでしょう。相手の恋愛感情を知った時が、友達から恋人へのきっかけになる可能性は大いにあります。

これをうまく使えば相手もあなたのことを意識し始めるかもしれません。直接的または間接的に相手に好意を抱いていることをアピールしてみるのもおすすめです。

恋愛相談をしている時

恋愛相談というのは自分の弱い部分やダメな部分など、恋愛に対して深いところまで話す行為です。

2人で恋愛について深く語り合う場と言い換えてもいいでしょう。そこで恋愛に対しての考え方や価値観が似ていると気づくと一気に距離が縮まり、「この人と付き合ったら楽しいかも…」と感じ、恋愛感情が生まれます。

彼氏の相談をしていたつもりがいつの間にか、親身に話を聞いてくれる男友達の方が気になってきてしまったということは友達から恋愛に発展する王道のパターンとも言えるでしょう。

一緒に過ごす時間が長くなってきた時

人は一緒に過ごす時間が長いほど好感や評価が高まっていくという傾向があります。心理学でザイアンス効果(単純接触効果)と呼ばれており、これは恋愛に対しても言えることです。

例えばクラスが同じで毎回席も近い、バイトで同じ時間帯に入る先輩、など共有する時間が同じであるほど相手を意識し恋愛へと発展するケースが多いでしょう。

そのためもし意中の相手がいればこれを利用してカップルのきっかけを掴むのも良いかもしれません。

相手の言動に異性を感じた時

ちゃんとしたきっかけがない場合でも「異性として意識すること」はあります。

普段は友達としてなのに、重い荷物を持ってくれた、車道側を率先して歩いてくれたなど男性としての振る舞いを見たときにふと異性を感じることは多いでしょう。

ちょっとした仕草にドキドキしてしまうようになったら、それは友達ではなく恋愛対象、異性としてみてしまっているでしょう。まるで映画やドラマみたいですが実際に起こりうることと言えるでしょう!

会えなくて寂しさを感じた時

よく会っていたのに急に会わなくなった時に、意識し始めるというのは少なくありません。

  • 卒業してしまい急に疎遠になった
  • 仕事でよく顔を合わせていたけど異動になった

など急に会わなくなることは誰しもあり得ることでしょう。いつも一緒にいた人が急にいなくなると、人は寂しさを覚えます。

寂しいという感情が芽生えた時に初めてその人に対して抱いていた感情が友情なのか、恋愛感情なのか、はたまた尊敬の感情なのか…自分の気持ちに気付きやすい時であると言えるでしょう。

2人だけの秘密ができた時

2人だけの秘密が増えてきた時、相手への信頼を感じ「友情以上、恋愛感情を抱いている!」と気づくこともあるでしょう。

  • 2人だけの秘密を共有しているという特別感
  • 2人だけしかこの秘密を知らないという優越感
  • 他の人にバレてはいけないというドキドキ感
  • 2人だけの秘密を持っているという連帯感

何か自分の秘密を打ち明けたり「2人だけの秘密」を作ると、互いに相手をより信頼し特別感を感じるため、相手の大切さに気付き、恋人へ進むきっかけとなるでしょう。

落ち込んでいる時に慰めてくれた時

人間は弱い時に優しくされたら好意を持つ生き物です。

  • 風邪で寝込んでいる時に看病してくれた
  • 仕事で失敗した時に励ましてくれた
  • メンタルが沈んでいる時にそばにいてくれた

など恋愛に発展するシチュエーションはたくさんあります。自分が弱っている時にそばにいて支えてくれたというのは「恋人になってもっと支えて欲しい」という感情を生みます。なので落ち込んでいる時に近くにいるというのは恋愛感情を生みやすいでしょう。。

イメチェンでギャップを感じた時

急に外見を変えた時にこれまでと違った見方で相手を見るきっかけになります。

  • 急に髪型を変えた
  • いつもと違う服を着てみた

などのイメチェンをした時に、ドキドキとしたときめきを感じてしまう可能性もあるでしょう。友情から恋愛へと戦略的に使うにも効果的なので、イメチェンをする際は女性らしさを演出することがおすすめです。

日頃の感謝を改まって伝えられた時

日頃の感謝を伝えられるのは誰でも嬉しいものです。インターネットが発達してSNSが発達した時代だからこそ、直接感謝を伝える機会というのは減っています

いつもはSNSでお礼はしているという方もぜひ直接改まって「いつもありがとう」など言葉に出して伝えてみましょう!

直接感謝を伝えることで、男性は守っていきたいという本能が動き出し、「この子には自分がついていなきゃいけない」といった思いが芽生え、恋愛感情に発展していきます。

直接感謝を言葉で伝えられたり、手紙を書いて読まれると、意識してしまいますね。

大人の関係になってしまった時

友達としての関係だったけれど、飲んだ勢いやその場の流れで一度大人の関係になってしまうということもあり得るでしょう。このような場合、恋愛に発展する場合と友情すらも破壊されてしまう場合とに別れるでしょう。

これまでと同じ関係を継続することは難しいです。しかし互いに恋愛感情がある、または体の相性が良かったという場合、恋愛に発展するケースも多いに考えられます。

友達から恋愛に発展するきっかけの10パターンを覚えておくと、恋人になれる可能性が高まります。頭にいれておいてきっかけを上手く作っていきましょう。

ポイントは普段と違うこと!相手を意識させて友達から脱却!

この記事では「今まで友達だった男女間で恋愛に発展するきっかけ」というテーマで解説してきました。

友達から恋愛に発展するのに大切なことは「いつもと違う行動をすること」です。友達の壁を取っ払うのはなかなか難しいかもしれませんが、一度異性として意識させることができれば、そこから恋人になるまでは早いです。

また長続きするカップルが多いので、ぜひ最初の壁を取っ払うのを頑張っていきましょう!この記事で紹介したきっかけを作ることができれば、友達から恋人になるのも簡単ですよ…!ぜひ参考にしてみてくださいね。

最新情報をチェックしよう!