失恋の辛さはいつまで続く?男女の違いと失恋直後の辛い気持ちを乗り越える方法を解説!

大好きな人と別れてしまい、悲しい…。こんな悲しい出来事はいつまでも続いてほしくないですよね。この悲しみがいつまでも続くと仕事や勉強にも影響が出かねません。

そこで、男女における失恋後の辛さの感じ方や、うすれば辛い期間を乗り越えられるのかについてご紹介します。早く立ち直りたい方、次の恋愛へ切り替えたい方は必見です!

失恋の辛さはいつまで続く?男女の違いを解説!

失恋をすると誰しも悲しい気持ちになりますが、実は男女でその悲しみの感じ方や整理の仕方に違いがあるのです。ここでは男女別に失恋ごの傾向や過去の恋愛の捉え方についてご紹介します。

失恋後の男性の傾向は?

数年経っても相手への未練やツラさが残りやすい

別れた相手に対して想いを引きずってしまうのは男女ともにある「未練」という感情ですが、これが実は女性より男性の方が長く未練を引きずってしまう傾向があるとされています。

特に男性は女性の心理を察しにくい傾向にあり、彼女が別れを切り出すまでその気持ちに気づかない傾向があります。女性側から別れを切り出され、予測もしていなかった!!という場合にはそのダメージたるや相当なものでしょう。

そのため相手への気持ちになかなか踏ん切りをつけることができないのです。新たな恋が始まっても、失恋から数年たっても、相手への未練をなかなか断ち切れないという傾向があるでしょう。

過去の恋愛はフォルダ分け保存タイプ

男性は初恋の人を忘れられないというように、過去の恋人や初恋の人をすんなり忘れることはありません。たとえ気持ちに整理がついていたとしても、それは過去の思い出として大切にしておく傾向があります。

一般的に男性は過去の恋愛に対して「フォルダ分け保存(どの恋もしまっておく)」という性質があると言われています。男性が初恋の人を忘れられないと言われるのはこの性質のためであると言えるでしょう。

失恋後の女性の傾向は?

新たな恋が始まればあっさり忘れる

女性の場合、もちろん男性同様に相手への気持ちに整理をつけられない場合もあります。しかし女性の特徴として未練があっても新たな恋のスタートにより、その未練はあっさりと忘れられてしまうことが大半です。

また女性は相手の心理に察しやすく、別れを切り出される前に相手の心理について把握していることも多いでしょう。そのため別れる前から気持ちの準備ができていたというケースも多く見受けられます。

早ければ1〜2週間程度でも失恋から立ち直っているケースもあるでしょう。

過去の恋愛は上書き保存タイプ

女性は新しい恋愛に向けて、気持ちの整理とともに過去の恋人のことは忘れてしまうという傾向が強いです。

一般的に過去の恋愛に対し、女性は上書き保存(新しい恋によって過去の恋を忘れる)と言われており、新しい恋が始まることで過去の恋は消え去ってしまう傾向があるでしょう。

そのため振り返ってみると「なんであんな人を好きになったんだろう?」ということが起こり得るのです。

失恋直後の最も辛い時期を乗り越える方法は?

失恋の考え方や過去の恋愛の捉え方は違えど、やはり失恋直後は辛いです。簡単に立ち直ることができなくても、できることなら少しでも早く失恋直後の最も辛い時期を乗り越えたいものです。

ここでは失恋直後の最も辛い時期を乗り越えるための方法をご紹介します。

思いっきり泣く時間を作る

失恋をしたら悲しいのは当たり前です。泣くほど一人の人を好きになったことは決して恥ずかしいことではありません。そのため悲しい気持ちを吐き出すように思いっきり泣く時間を作りましょう!

誰かにそばにいてもらってもいいし、男性など恥ずかしくて泣けないという場合はあえて一人の時間を作って泣くのでもいいです。DVDなどの力を借りて泣くのもおすすめです。

涙を流して傷ついた心を浄化して癒してあげましょう!我慢することなく感情を発散させることで、終わった後には少しだけすっきりとした気持ちを味わうことができます

話を聞いてもらう

心を許せる人がいるならば、心ゆくまで話を聞いてもらいましょう。辛い気持ちや悲しい気持ち、怒りなど…誰かに聞いてもらうことで、話を聞いてくれる相手がいることに改めて感謝したり、温かい気持ちにさせてくれます

特に女性は共感の生き物です。「そうだよね…」「辛かったよね…」など親身になって聞いてくれると、辛く苦しい気持ちもだんだんと温かくなってくるでしょう。

あえて失恋ソングを歌う

思いっきり感情をだす手段の1つとして歌を歌うのもおすすめ。特に感情移入ができる失恋ソングを熱唱することで、悲しい気持ちを押し殺すことなく、出し切ることで心が軽くなるものです。

この時、何も我慢せず思い切り歌って思い切り泣いて、カラオケが終わる頃には「すっきりした!」と思えるように全力投球するのがおすすめ。

人と行くのが恥ずかしい、という場合は一人カラオケをしたり、お風呂など一人のリラックススペースで熱唱するのも良いでしょう。

趣味や仕事に没頭してみる

特に男性におすすめしたいのこちらの方法!男性はマルチタスクの女性脳と比べ、基本的に1つのことに集中すると周りが見えなくなる傾向があります。

そのため何か他の趣味や仕事などに熱中すれば自ずと悲しい気持ちや失恋について考えなくなるでしょう。もちろん男性だけでなく女性にもおすすめの方法です。

自分が没頭することを見つけることで、すっかり忘れることができなくても、集中しているその数時間の間は少なからず失恋のことを考えなくなります

そうしてだんだんと失恋の悲しみを考えない時間が長くなり、自然と消えていくのを感じられるでしょう。

こちらの記事では失恋後の恋愛感情を消し去る気持ちの整理方法についてご紹介しています▼

関連記事

恋愛をしている最中は、ずっと楽しく幸せ!というわけではありません。辛い思いをして、恋愛感情を消し去りたくなってしまうような出来事に直面することもあるでしょう。 しかし、恋愛での辛い思いを割り切れず、1日中恋愛のことばかり考えていては何[…]

失恋は悲しみがつきもの!辛い時期を乗り越えて新たな恋愛にチャレンジしよう!

今回は失恋後の立ち直りについて、男性と女性の違いや、どうすれば辛さを乗り越えられるのかご紹介していきました。

男女で失恋に対しての考え方に違いはありますが、辛い気持ちを乗り越える方法としては「辛い気持ちを吐き出してしまう」ということです。

失恋は悲しみがつきものですが、そこから得た経験はけして無駄ではありません。辛い思いをするほど素敵な相手と巡り会えたことに感謝して、少しでも早く前を向けるように意識していきましょう!

最新情報をチェックしよう!