素人男子必見!プロが教える女子が本当に気持ち良いと感じるおっぱいの揉み方

あなたはおっぱいの揉み方に自信がありますか?

おっぱいは触ると気持ちいい反面、非常にデリケートな部位です。女子の中には、胸を揉まれて「痛い」「不快」と感じたことがある人も多く居るのが現実です。

本当に気持ちいいおっぱいの揉み方が知りたい」「おっぱいを揉むのは大好きだけれど、演技されているのではないか不安」そんな風に思う男子も多いのではないでしょうか。

ここでは女性用風俗で働くプロのセラピストが、本当に気持ちいいと感じるおっぱいの揉み方について手順付きで解説していきます。これを読めばきっと、おっぱいで女子に快感を味わってもらえるようになるでしょう。

おっぱいは9割が脂肪?

男性はセックスの中でも胸を揉むという行為は、とっても興奮しますよね。しかし、実はおっぱい自体の性感帯としての役割は小さいものなのです。

おっぱいは9割が脂肪であり、神経の数は脇と同じくらい少ないと言われています。

そしてその神経のほとんどは乳首にあり、乳房は脂肪で覆われている為、揉まれても女性はほとんど感じないのです。

つまり男性側は脂肪を触り心地よく感じますが、女性にとっては脂肪を揉まれているだけに過ぎないのです。

では揉んでも意味が無いのでは?と思われるかもしれませんが、そんな事はありません。どうしたらおっぱいで気持ちよくなってもらえるのか、見ていきましょう。

おっぱいで感じてもらうために欠かせない事

女子がおっぱいで気持ち良さを感じる為には「肉体的な心地よさ」を感じる事だけではなく「精神的な気持ちよさ」も感じる事がとても大切なのです。

女子は優しくおっぱいを揉んでもらうと、「優しく大切にされている」という気持ちが満たされて、ジワジワと興奮度が高まってゆきます。

決してAVのように、いきなり強く揉みしだいたり乳首を強く摘んだりしないようにしましょう。そのような触り方をされた女子は「痛い」「イライラする」と感じてしまいます。

おっぱいを揉むことで興奮し、更には最高に気持ち良くなって貰えたらとても嬉しいですよね。

おっぱいのGスポットと言われるスペンス乳腺とは

おっぱいの具体的な揉み方は次にお伝えしますが、まずはおっぱいのGスポットについてお伝えします。

先ほど、おっぱいは神経が少なく快感を得にくいと説明しました。しかしそんなおっぱいにもGスポットと呼ばれる場所があるのです。それが「スペンス乳腺」です。

このスペンス乳腺はまだ医学的には解明されていないとの事ですが、AV女優さんや一般女子たちの間で「気持ちいい!」と話題になっているのです。

スペンス乳腺がどこにあるかというと、胸と脇の境界部分、つまり横乳にあります。以下の画像でも解説されています。

貧乳だからスペンス乳腺が無いということはなく、巨乳・貧乳、どんな女性にもあると言われています。「少しくすぐったい、でも気持ち良い」そんな感覚に覆われます。

スペンス乳腺を刺激するときには、最初は指先でスペンス乳腺のラインに沿ってフェザータッチ、その後は、手を大きく動かしてマッサージするように刺激してあげるのがコツです。

「後ろからおっぱいを揉まれるのが好き」という女子も多く居ますが、これは後ろからおっぱいを揉むと手の平が自然とスペンス乳腺に当たるためだと考えられます。

このスペンス乳腺について覚えておくと、女子をさらに気持ちよくしてあげられるでしょう。

おっぱいを揉む順序

さっそく、気持ちのいいおっぱいの揉み方を順番にお伝えします。

①おっぱいを揉む前準備

おっぱいを揉む前に、おっぱいの以外をたっぷりとソフトタッチで愛撫しましょう。いきなりおっぱいを触るのではなく、背中・内太もも・耳などをフェザータッチで焦らしていく事で女性の感度は格段に上がるのです。

男性もいきなり亀頭を強く触られても、得られる快感は少ないのではないでしょうか。女性も同じで、いきなりおっぱいを揉みしだかれたり乳首を摘まれたりしても、あまり気持ちよくないのです。

指が肌に触れるか触れないかの強さで全身をフェザータッチしてゆきます。これを何度も繰り返して、おっぱいを揉む前の準備として女性の気持ちを高めます。

また優しくハグやキスをしてあげることも忘れないでください。女性は更にリラックスでき、エッチな雰囲気になるでしょう。

②乳房の周辺を優しく触る

次はそのままのソフトタッチで乳房へ移動し、外側から乳房に触れていきます。先ほど言ったスペンス乳腺の愛撫も忘れないでください。

丸を描くように、外側から優しく乳房を揉み、徐々に乳首に近付いて行きます。ポイントは、まだ乳首には触らないことです。先程も説明しましたが、焦らしを大切にしましょう。

女子に「次は乳首…?」と期待させたり「早く乳首を触って欲しい…」と思わせて焦らしたりすることが、快感を強くするポイントなのです。

③乳輪に沿ってフェザータッチ

次に乳輪にも少しづつ触れてゆきます。できるだけ乳首には触れないように乳輪に沿ってフェザータッチをしてゆきます。空いている手を使って、脇腹や背中・耳などにも優しく触れましょう。ここでもまだ乳首には触れません。

この段階でのテクニックとして「偶然を装って一瞬だけ乳首に触れる」というのも、女性の〝触って欲しい気持ち”を掻き立てるのに有効です。

④いよいよ乳首を愛撫する

ここまで丁寧に女性のからだを焦らしてきたら、いよいよ乳首を愛撫します。乳首も、まずはソフトに優しく触るのがコツです。また乳首をどの角度から触られるのが気持ち良いかも女性によって異なります。

上から・下から・左右からなど女性の反応を見ながら優しく触れてください。ここでも優しくフェザータッチするのがポイントです。

乳首は胸の中でも神経が集中している、非常にデリケートな場所です。また、生理前などで胸が張っていると痛みが出やすくなります。ですので、いきなりギュッとつねる等はやめておきましょう。

女子の反応を見ながら、指で優しく乳首を優しく指先で触れ、そっと転がすように触ったりしてみましょう。

気持ち良くなってくると乳首が勃起します。だんだん吐息が漏れて声も出てくる事でしょう。そうしたら少しずつ力を入れ、やや強めの刺激を与えて気持ちよくしてあげます。

⑤乳首を舐める

乳首が勃起して気持ち良くなってきたら、今度は揉むことに加えて舌で刺激してあげるのも良いです。舌は指よりも柔らかくて唾で濡れているので、指とは違った快感を与えることができます。

この時も同様に、いきなり乳首の真ん中を舐めるのではなく、乳輪から優しく舐めてあげましょう。乳首の舐め方は2つあります。

  1. 舌全体で乳首の表面をスライドさせる
  2. 舌先で乳首とチロチロ刺激する

舌全体で乳首の表面をスライド

舌の表面で乳首を舐めてください。舌のザラザラした表面が乳首の優しい刺激になって気持ち良いです。

舌先で乳首をチロチロ刺激する

舌の先で乳首のトップを突きます。少しクルクルと舌先で乳輪をなぞってゆくのも気持ちが良いです。

挿入しながらおっぱいを揉む

女子はペニスを挿入されているとき、とても感度が上がっています。挿入中におっぱいを揉まれるのが好きな女子は多いですよね。

ペニスを挿入されながらおっぱいをいじられるとすぐにイッてしまう…という女子も居るほどです。

最もスタンダードな揉み方は、正常位で挿入しながら揉む方法です。また、騎乗位でおっぱいを下から持ち上げるように揉む方法も人気があります。

挿入中ですので、どちらも多少強めに揉みしだいても気持ちよく感じてもらえる傾向が強いです。女子はおっぱいを強めに気持ちよく揉まれると「支配されているようで興奮する」と感じるのです。

しかしあまりに興奮しすぎて、乳首を強くつねってしまったり、おっぱいを強い力で握ってしまったりしては女子に痛い思いをさせてしまうことになりかねません。ですので、女子の反応を見ながら丁度良い強さを見つけてあげてくださいね。

またここでも最初に説明したようにスペンス乳腺の愛撫も忘れないでください。

挿入中の揉み方でもう一つ人気があるのが、対面座位でおっぱいを刺激する方法です。対面座位だと男子の目の前におっぱいが来ますよね。

そのためおっぱいを舐めたり揉んだりしやすいのです。それだけではなくお互いに抱きしめ合う態勢になるので、キスやハグがしやすく女子の精神的満足を得やすい体位なのです。

対面座位でおっぱいを下から持ち上げて大きく動かすのも良いですし、乳首を舐めてあげるのも喜ばれることが多いです。

おっぱいを刺激するグッズ

おっぱいを振動させるグッズも販売されています。人間の手では味わえない感覚がおっぱい全体を包み込むと話題になっています。

あまりおっぱいの揉み方に自信のない方は利用して見ると彼女は喜ぶかもしれません。

 
ピンクラブカップ
2,644(税別)
おっぱいに吸い付く

まとめ

本当に気持ちいいおっぱいの揉み方について、手順付きで解説してみましたが、いかがでしたでしょうか。

女子を気持ちよくさせるためには、ただ欲望に任せて揉むだけではなく、触り方・触る場所・体位も重要であるということがわかりましたね。

また、お伝えした「おっぱいのGスポット」も意識して揉むことで、より一層女子を気持ちよくさせてあげてくださいね。

今回お伝えしたおっぱいの揉み方を、しっかりとイメージトレーニングしたり実践したりして、是非自分のスキルを磨いていってくださいね。

この記事を通してあなたが女子に「もっとおっぱいを触ってほしい」と思ってもらえるようになる事を、心から願っています。

最新情報をチェックしよう!