恋愛は初対面でその後が決まる!気になった男性に好印象を与えるテクニックとは!? 

初対面の男性に恋愛対象としてみてもらうには、出来る限りの好印象を残して、「また会いたい」と思わせなければいけません。

当たり障りのない言動しかできなければ相手の印象には残りませんし、そうなると、他の女性達と変わらない対応しかしてもらえなくなってしまいます。

ここではそんな、初対面の男性に好印象を残し、恋愛対象としてみてもらえるようになるテクニックをまとめていきますね。

初対面の印象を決定づけるの好印象な見た目とは

実は人の第一印象というのは、出会ってからほんの数秒で決まってしまうものだと言われています。しかもそのほとんどが、見た目と喋り始めの会話で決まってしまうのです。なので、初対面の男性と会話をするときには「最初の数秒」に一番気を使わなければいけません。

では最初の数秒で、見た目の好印象を残すには何が大切かというのを説明していきますね。

清潔感のある印象を残す

初対面の男性と会うときには最大限清潔感に気を使い、髪を整え、メイクに気を使い、清潔感のある服装をして、爽やかな香りの香水をつけるなどするといいでしょう。パッとあなたが目に入ったときに「素敵な人だな」と思わせられるか思わせられないかで、第一印象は大きく変わってしまうのです。

表情で好印象を残す

そして、男性に好印象を与えるには、身だしなみの清潔感だけでなく、表情もとっても重要。緊張のせいでムスッとした顔で出会ってしまえば、あなたへの印象は「冷たそうな人」となってしまいます。笑顔で可愛らしい女性をイメージしながら「明るく笑顔が似合う人」を演じましょう。緊張して引きつって終わらぬように、鏡の前で練習を重ねるのも効果ありです。

仕草で好印象を残す

そして、初対面の男性に好印象を与えるには仕草もすごく重要。例えば歩き方だったり、髪を触ったり、飲み物を飲んだり、人は会話の中でも自然と動きが出ますよね。そういう部分には女性としての色気や知性が見えるんです。

これはなかなか練習だけで習得できるものではありませんが、日々自分の仕草を研究して努力していると、女性らしくセクシーな動きができるようになりますよ。

初対面の印象を決定づける好印象な会話の切り出し方とは

もうひとつ、初対面の男性に好印象を残し恋愛対象として見てもらうには会話の始まりの部分がとても重要です。相手を惹きつけ、恋愛感情を彷彿とさせるにはどうすれば良いのか。では、会話の好印象を残すには何が大切かというのを以下に説明していきますね。

声で好印象を残す

初対面の男性と話すときに緊張して低めの声になってしまったり、上ずってしまったりすると、それもまた悪い印象として残ってしまうものです。最初の一声のトーンにはいつもの何倍も気を使ってみましょう。「明るい人」と印象付けるのか「暗い人」と印象付けるのか、最初の一言が重要ですよ。

アイコンタクトで好印象を残す

初対面の男性と話すときにはアイコンタクトで意思疎通を図ることも大切です。全く目を見ないで話すのも、ジッと見つめ続けるのも違和感を感じてしまうのでNG。適度にアイコンタクトしつつ、重要なワードの時だけジッと目を見つめるというのが、その言葉に印象を付けるテクニックです。

距離感で好印象を残す

初対面の男性と話すときには、距離感にも気を付けましょう。お互いの位置が近すぎても不快感を感じますし、遠すぎても印象に残りません。お互いにちょっとドキッとするような絶妙な距離感を探りながら会話できるといいですね。初対面の男性に好印象を残すには、これらのことを重要視してイメージトレーニングをしておくことをおすすめします!

恋愛対象としてみてもらう自然なアピール方法

初対面の男性と会話をするときに好印象を残して、恋愛対象に入れてもらうには、会話の中身がとても大切。あなたの良さを最大限にアピールして「この人が彼女になったら良いかも..」とイメージさせなければいけません。

恋愛対象に見てもらうための自己紹介

初対面の男性に恋愛対象としてみてもらうためには、まずは自分のことを知ってもらわなければいけませんし、相手のことを知る必要がありますね!この時に質問責めにしたり、警戒して自分を語らないのではなく、まずは自分の情報を相手に開示してあげましょう。

自分のことを紹介してから相手に「あなたは?」と聞く。住んでいる場所はどのあたりなのか、その辺りに観光スポットはあるのか、仕事は何をしているのか、休日は何をしてるのか、趣味は何か、など当たり障りのない会話から始めるといいですね。

自分の話を最初に教えてあげることで、相手も自分のことを話しやすくなります。恥ずかしがらずに、まずは自分が心を開いて相手を受け止める準備をしてあげましょう。会話をしていて「この人と話すのは楽」だと思わせられたら、恋愛としての意識も自然と芽生えるはずです。

恋愛対象に見てもらうための共通点探し

初対面の男性に恋愛対象としてみてもらうためには、共通点を見つけることが大切です。例えばお互いに「甘いものが好き」とか「スポーツ観戦が好き」とか「地元が近い」など、会話をしているうちに何か共通点があれば好印象になりやすいです。

共通点があれば印象にも残るし、心が近づいたような気持ちになります。共通点があると、人は仲間意識みたいなものが芽生えますし、それをきっかけに次回のデートにつなげることもできるんです。

「あそこに甘いものが美味しいお店があるので今度一緒にどうですか?」とか「今度一緒に野球を見にいきましょう!」など、共通点から仲を深めて恋愛関係になるカップルはとても多いんですよ。

恋愛対象に見てもらうための相槌テクニック

初対面の男性に恋愛対象としてみてもらうためには、会話をどうスムーズに楽しくするかが重要になってきます。このとき、相手の会話にどう相槌を打つかもすごく大切。

ただ普通にうなずくのではなく「ちゃんと聞いているよ!興味があるよ!」と相槌を打ちながら伝えられると、相手も「話していて楽しい」と感じるようになります。では上手な相槌がどういうものなのかというと、相手の会話を繰り返すこと

「最近○○なことがあって大変だったんだ」と相手が言ったときに「うん」と相槌を打つのではなく「大変だったんですね〜!」と語尾をオウム返しにしたり、「それでそれで?」「すごい!」「え〜それは困りますね!」と興味があるように相槌を打つことです。

話していて楽しい相手というのは十分恋愛対象に入りますし、初対面で好印象を残すことができるでしょう。

まとめ

初対面で知り合った男性に好印象を残し、恋愛対象としてみてもらうには「この人と付き合ったら楽しいかもしれない」と想像させなければいけません。

その為には第一印象をよくする為に、清潔感がある身だしなみをして、明るく見える表情や、色気のある仕草を研究することが大切です。次に、声やアイコンタクトで好印象を掴み、距離感を保って不快な思いをさせないようにすること。

会話の内容では、自己紹介をしてから相手のプロフィールを聞くことや、その会話の中でお互いの共通点を見つけることが好印象を与えるポイントです。相槌を上手に打って「もう一度会いたい」と印象付けましょう。他の女性たちよりも好印象を残して、ぜひデートにつなげてくださいね。

最新情報をチェックしよう!