彼氏が尊敬できない!男女間に尊敬心は必要?今後を判断する5つのポイントを解説!

カップル円満の秘訣の1つとして「互いに尊敬し合う」ということがあげられます。しかし付き合いが長くなるにつれ相手のことを尊敬できなくなってくる事もあるのではないでしょうか?

相手のことを尊敬できなくなってきて別れを考えるという女性も少なくないでしょう。本記事では尊敬できない彼氏と付き合っていくべきかどうか?また判断する5つのポイントについてご紹介します。

彼氏のことは尊敬すべき?

当初は尊敬もしていたけれど最近彼氏のことを尊敬できなくなってきた…嫌なことが目につきもう別れるべきかも…そんな風に悩んでいませんか?彼氏は必ずしも尊敬するべき相手である必要があるのでしょうか?

必ずしも尊敬している必要はない

カップル閻魔の秘訣として「互いに尊敬し合える関係だと長続きする」というのはよく聞きますが、これは何か相手に嫌なところ、不満に思うところがあっても尊敬できるポイントがあれば、それらを払拭しやすいと考えられているからです。

付き合っていれば相手の嫌な部分や不満を抱くことがあるのは自然なこと。つまり、喧嘩やすれ違いを解決する際に効果的としてあげられているのが「尊敬」という感情であり、これはお付き合いをする上で必須条件ではありません

尊敬できない=別れるというのは極論とも言えるでしょう。

尊敬できないと感じる原因が重要

「尊敬できない」という事実よりも、その原因が重要となります。「尊敬できない」と判断するきっかけがあったはずです。おそらく不満が積み重なり、彼氏に対して嫌悪感を感じているのでしょう。

「尊敬できない」と決めつけてしまう前にまずは、彼氏のどういった部分を改善して欲しいと思っているのか?お付き合い当初はどんな部分に尊敬していたのか?など自分自身の気持ちや考えを見つめ直してから、今後のお付き合いの決断をするようにしましょう。

尊敬できない彼氏との今後を判断する5つのポイント

「彼氏のことを必ずしも尊敬している必要はない」と頭でわかっていても、根本となる原因が解決しなければモヤモヤは残ってしまうでしょう。

ここでは彼氏のことを尊敬できないと感じた場合に、今後のお付き合いをどうするのか?を判断するための5つのポイントについてご紹介します。

まずは自分の気持ちを見つめ直す

まずは一番基本的な部分として自分は相手のことをまだ好きなのか?もう気持ちが離れてしまっているのか?見つめ直してみましょう。はっきり白黒つけなくても「ここが直ってくれたら付き合いを継続したい」などの条件を設定するのも良いでしょう。

今後の判断をする上で、自分が今の尊敬できない彼氏でも愛情があるのかどうか?今一度冷静に判断する必要があります

逆にいえば、この段階ですでに「私は彼に気持ちがない」と判断できてしまうのであれば、尊敬云々ではなく、あなたの気持ちが彼からすでに離れてしまっているのでしょう。

彼氏から愛情を感じるか考える

自分の気持ちに正直になったら彼氏の気持ちも考えてみましょう。彼氏からあなたは愛情を感じますか?

愛情を感じる場合は、その愛情に改めて感謝しましょう。何か秀でて尊敬できるポイントはなくても、あなたに対して一生懸命向き合って愛してくれる男性はとても魅力的です。

いつも一緒にいると愛情を持って接してくれるありがたみが薄れてしまいがちですが、改めて見直してみるとその大事さに気づくかもしれません。

また、愛情を感じない場合はもしかしたら「愛情不足」が原因で「尊敬できない」と感じてしまっている可能性があります。先述したように「尊敬できない」という原因を追求することは大切です。

それが彼の愛情不足や、愛情表現の下手さから生まれるものであるのなら、彼にきちんと伝える必要があるでしょう。話し合いをした上で判断するのでも遅くはありません。

彼氏の好きなところを挙げてみる

あなたはなぜ、今の彼とお付き合いを始めたのでしょう?流れでなんとなく、告白されたから……という方もいるかもしれませんね。

そんな方も、お付き合いを始めてから今日まで、彼があなたにしてくれた嬉しいことや、言ってくれた言葉、なんでもいいので思い出してみてください。あなたが彼のことをちょっとでも“いいな”と思った瞬間があるはずです。

一度「尊敬できない」と思い始めると、マイナスなポイントばかり目に見えてくるもの。自分と彼に素直になって、好きなところを挙げてみましょう。あなたが好きだと思う彼のその一面は、まぎれもなく彼氏の人柄です。

好きなところが思い浮かばないという場合、あなたはすでに彼への気持ちがないのではないでしょうか?

自分以外の人といるときの彼氏がどんな人か考える

あなたの彼氏は、あなた以外の人といるとき、どんな人でしょうか?

仕事仲間といるときは頼りがいがあるのに、私といると本当にだらしない…

=癒しをくれる彼女の前でだけ、飾らない自分で安心できる!

友達といるときは決断がはやいのに、私といるといつも優柔不断…

=自分の意見より大好きな彼女の意見を優先したい!

こんな男性も少なくありません。自分以外の人といるときの姿もまた、彼氏の一面。自分といるときの様子だけでなく、いろいろな面を総合的に見て、彼の人柄としてとらえてみましょう

それを踏まえても「尊敬できない」「不満がたまってしまう」ということであれば彼の理想とする形とあなたが理想とする形にズレがあるのかもしれません。

彼に求めすぎていないか自分自身を見直す

あなたは、彼氏のどのような部分を「尊敬できない」と感じていますか?あなたにできることが彼氏にはできない…というように、彼氏にはできるけどあなたにはできない…ということがあるのではないでしょうか?

お互いの弱みを補い合えるのは、カップルとして理想の形。彼氏だけに求めすぎていないか、もう一度自分自身を見直す機会かもしれません。

もしかしたら尊敬できないという不満の原因は「彼氏は尊敬すべきもの」「彼氏に頼りたい」「尊敬できるような彼氏と付き合っていたい」という、あなた自身の欲求の現れの可能性もあります。

自分の弱みを彼氏の責任に転嫁していないか、一度立ち止まって考えてみましょう。自分が求めすぎていた時づければ案外「尊敬」ということに囚われなくなってしまうものです。

こんな人は要注意!即別れるべき尊敬できない彼氏の特徴とは?

「彼氏は尊敬できなくても大丈夫」という考え方で解消される悩みもあれば、そうでないものもあります。次に挙げる3つが「尊敬できない理由」にあたる場合は、要注意!いくらあなたの考え方を変えても、状況が変わる見込みが少ないからです。

  1. 暴言や暴力
  2. 浮気
  3. お金のトラブル

彼の行動によってあなた自身が傷つき、苦しいと感じるのでは、良い関係とは言えません。見過ごしながらなんとなく付き合い続けるのでは、あなたの不安は解消されません。

あなたの身をも滅ぼす可能性があるような彼氏であれば迷わず即別れを選択しましょう。

尊敬できない原因と彼氏との関係を見直して今後を判断しよう!

尊敬という形にとらわれず、彼氏の魅力的なポイントや大切にしたい存在であることを認識することが重要です。尊敬ということは相手を思いやるための1つ要素でしかありません。

2人の弱みはお互いに補い合いながら、前に進んでいけば大丈夫!自分の気持ち、彼との関係を見直して、今後の関係を見直していきましょう!

今すぐ出会いが欲しい人は完全無料(女性側)のおすすめサイト4選

ここで紹介するサイトは女性は完全無料で利用できる上に、すぐに出会えると有名なサイトのみを集めました。

全部登録してみるのもよし、まずは1つ選んでみるのもよしです。皆さんに素敵な出会いが訪れますように。

1. PC MAX

ここまで読んで『実際に出会いが欲しい!』というアナタ!30秒で出会えるPCMAXというサイトがオススメです!

いわゆるマッチングアプリのエロいバージョン。あらゆる出会い系の中でもハイスペックでエロい男が集まり、しかも即出会えると言われています。18歳未満は利用禁止です!

会員登録は、男女問わず無料です!更に、女性は全てのサービスが完全無料!

PCMAXに30秒で無料登録してみる

2. シュガーダディ

シュガーダディは出会えるだけではありません。こちらはパパ活のマッチングサイトで、ハイスペ男子と出会えます。日本一運営歴が長いパパ活サイトです。

”すぐに会える”ということをコンセプトにしており、通常のマッチングアプリによくあるいいね機能がありません。気になった相手に直接メッセージを送ることができます。

今すぐ登録する

 

3. Jメール

創設2002年という歴史のある出会い系サイトであり、会員数は600万人に登ります。メッセージのやりとりで楽しく会話をしてから直接会うことができるので、慎重派の女性にもおすすめ!

また、30代後半以降の女性にとって穴場のサイトです!

今すぐ登録する

 

4. ユニバース倶楽部

容姿に自信がある方にお勧めなのがユニバース倶楽部!

男性側が女性にデートのオファーをする形なので、女性側が必死になってパパを探す必要はありませんし、パパとのやりとりはマッチングスタッフが請け負ってくれるので、面倒な手間がなく安心してパパ活を楽しむことができます

今すぐ登録する

おすすめサイトのポイント

さて、4つほどサイトを上げさせていただきましたが、全て女性側は完全無料で登録できます!登録だけならノーリスクでできちゃうので、気になるサイトがあったら是非してみてくださいね!

皆さんに安心・安全な出会いがありますように。