パパから『写真送って?』と言われた時の上手な断り方は?NGな答え方も紹介

パパ活を始める時は、パパ活アプリなどに登録してパパ候補の男性を探す人が多いと思います。

プロフィールに顔写真を掲載していなくても、メッセージ交換を始めてから「写真を送って」とパパから求められることが多いです。

パパ活女子
会ったことのない男性に、顔写真を送るのはどうしても抵抗がありますよね。もし悪用されたら…と思うと怖いです。

この記事では、どうしても写真を送りたくない場合、どのように断れば良いのか、また写真を送ることでの危険性について解説します。

パパ活でパパが写真を求めてくる心理とは?

女性の立場からすれば、「初対面の男性に写真を送るのは怖い」「パパに自分の写真を保有されるのは嫌」と感じるのは自然なことです。

パパ活アプリで写真を掲載していないと、パパ側から写真を求めてくるケースがほとんど。パパが写真を求めてくる理由は主に以下の2つです。

容姿が好みの女の子かを知りたい

パパが写真を求めてくる1つ目の理由は、容姿が好みの女の子かを知りたいから。パパの本音は「自分好みの女の子と遊びたい」「可愛い女の子を応援したい」です。

顔合わせの際に、目の前に現れた女性が期待とはまったく異なる容姿だったら誰しもガッカリするもの。会う前に写真で様子を確認して、少しでもリスクを下げたいというのが本音なのです。

プロフィールに写真を掲載していても、パパから別の写真を求められることがあります。その場合は、本当に本人の写真なのかを確認したい、加工していない写真をほしいなどの理由が考えられます。

サクラや業者が心配

パパが写真を求めてくる2つ目の理由は、サクラや業者でないことを確認するためです。パパ活アプリに登録している女性は、すべて本物とは限りません。

パパ活アプリや出会い系アプリには、他サイトへ誘導するのが目的の「業者」、男性とのやり取りを引き延ばす役割の「サクラ」が紛れ込んでいる可能性があります。

パパの立場からすれば、サクラや業者に引っ掛かることは避けたいもの。「普段着の写真も送って」「こんな感じのポーズの写真を送って」とお願いすればサクラや業者は対応できないため、すぐに区別がつきます。

パパ活で写真を送る事のリスク

パパ活では会う前に写真を求められることもあれば、パパ活を始めてから「君の写真が欲しい」「一緒に写真を撮ろう」と誘われることもあります。

そのどちらにもリスクがあるため、よく考えてからOKしたほうが良いです。具体的にどのようなリスクがあるのかを解説していきます。

悪用される可能性がある

パパ活アプリや出会い系アプリは、会員登録さえすれば誰でも写真を閲覧できます。それゆえに、悪意を持った誰かに悪用される可能性がゼロではありません。例えば、悪徳の出会い系アプリに写真を転用されることが考えられます。

自分の写真が怪しいサイト・アプリに転用されたら思わぬ被害と被ることも。知らない間に、誰かに恨まれる可能性もあります。

知り合いに見つかる可能性がある

パパ活アプリや出会い系アプリは、18歳以上であれば誰でも登録可能です。あなたの知り合いの男性が登録しているかもしれません。会社の上司や学校の教授が登録している可能性もゼロではないのです。

「もし知り合いにバレたら困る」という人は、プロフィールには顔写真を掲載しないほうが無難。メッセージを開始してから送るか、会うまでは送らないことをおすすめします。

SNSに晒される可能性がある

何かしらの理由でパパの恨みを買ってしまった場合、写真をSNSに晒される危険性があります。プロフィールに掲載していただけでSNSに晒されるケースはまれで、実際にパパとの関係性が始まってから晒されるケースが多いです。パパと仲良くなってからも油断はできません

パパに脅される可能性がある

パパとの関係性がこじれた時、写真をネタに脅される可能性があります。例えば、別れたいと切り出した時、体の関係を断った時に脅されることが多いです。

脅しのネタにされないように、以下のような写真は送らない・撮らせないようにしましょう。

  • 露出が多い服装の写真
  • 裸やそれに近い状態の写真
  • パパとのツーショット写真
  • ホテルでの写真

【シチュエーション別】パパ活での上手な写真の断り方

写真を送ったほうがスムーズに顔合わせに進めますし、関係性が始めってからもパパに求められたら写真に応じたほうが悪い雰囲気になりません。

ただし、解説したようにリスクがあるため、無理に応じる必要はありません。

手を嫌な気分にさせずに、ほぼ確実に写真を断る方法をシチュエーション別に紹介します。

【顔合わせ前の写真の断り方】

「仕事上の理由で写真を送れません」

仕事上の理由で写真を送れないことにすれば、違和感なく断れておすすめです。例えば「会社員なので身バレが心配」「芸能事務所に所属しているので、プライベート写真を送ることを禁止されている」などがおすすめ。

仕事上のことを理由にすれば自然ですし、相手も嫌な気持ちになることはありません。ただし、嘘の職業を理由にする場合は、質問をされても答えられるように最低限の下調べが必要です。

「過去に嫌な思いをしたので」

過去に写真を悪用された経験があるため、実際に会うまでは写真を送りたくないというのも有効です。例えば「プロフィール写真を悪用されて大変な思いをした」「元彼に恨まれて、SNSに写真を晒された」などがおすすめ。

嫌な過去を持っていることを話せばパパも同情しますし、「それならいいよ」と言ってくれる可能性が高いです。無理やり強要してくるパパはそこで切っても良いでしょう。

「会うまでのお楽しみ」

具体的な理由は話さず、「顔合わせまでのお楽しみ」とはぐらかせるのもありです。小悪魔っぽい雰囲気が出て、惹かれるパパもいるかもしれません。「何かしらの事情があるのかな」と察してくれるパパもいるはずです。

【パパ活開始後の写真の断り方】

「パパ活をしていることを知られたくない」

パパ活をしていることを誰にも知られたくないため、その証拠となりかねない写真は送らない・撮らせないことにしているというスタンスを通すのがおすすめ。顔合わせの段階で話すのもありかもしれません。

「パパ活をしていることを絶対に知られたくない人(親や子どもなど)がいる」「パパ活をしていることがバレたら会社をクビになってしまう」などの理由が使えます。

「お互いにとってリスクがあるから」

ツーショット写真を求めた時は、自分だけでなくパパにとってもリスクがあることを伝えると納得してもらえる可能背が高いです。携帯電話の紛失などで、写真が流出する可能性をしてきしましょう。

「会社の人にバレたら大変でしょ」「奥さんにバレたら困るでしょ」など、考えられる具体的なリスクを挙げましょう。写真を取れない代わりに、2人の時間を思いっきり楽しむことを提案します。

「写真を撮るのが恥ずかしい」

デート中にパパが写真を求めてきたり、ツーショット写真と撮ろうと誘ってきたりした時は「恥ずかしい」と断るのがおすすめ。

最初から写真を撮られることがあまり好きではない設定にしておくと、いざという時に断りやすいです。

パパ活で写真を送る・写真撮影は慎重に!

パパ活アプリなどでパパを探す場合、プロフィールに顔写真を載せておく、もしくはパパに求められたらすぐに送ったほうが有利です。

とはいえ、会ったことのない男性に顔写真を送るのには多少のリスクがあります。抵抗がある場合は無理をせず、今回紹介したような断り方をお試しください

顔合わせ前だけでなく、実際にパパとの関係性が始まった後も要注意です。求められるままに自分の写真を送ったり、パパとツーショット写真を撮らないように気をつけましょう。