唇美人になる方法!?プルプル唇のお手入れやメイク方法を解説!

みなさん、唇のケアってどうしていますか?

ここでは男性が思わずキスしたくなってしまうような素敵な唇を手に入れたくないですか?

ここでは魅力的なプルプル唇を手に入れる方法をお伝えします。日頃のケアでできること、メイクでプルプル唇を作る方法の両方を紹介してゆきます。

男性が好きなプルプル唇って?

では、まず男性はどんな唇に惹かれるのでしょう?

2019年にドクターシーラボが31歳~54歳の男性に行ったアンケートによると、「ぷるんとうるおった唇」が第1位、「つるっとシワのない唇」が第2位でした。

引用元:(https://oggi.jp/431285より)

第3位の「厚みのある」は唇の形の問題ですが、第1位と第2位の「うるおっていて」「シワのない」唇は形ではなく、質の問題なので、ケア次第で誰でも手に入れることが出来るものです。そう考えるとちょっと安心しますよね。

また逆に、同アンケートで、好感の持てない唇に対する結果は、第1位が「カサカサした唇」、第2位が「皮むけした唇」でした。

引用元:(https://oggi.jp/431285より)

乾燥してカサカサしていたり、ひび割れたりしている唇はNG!ということですが、これは日々のケアで防ぐことが出来るものです。

乾燥から唇を守ることは、うるおっていてツヤのある唇になることに繋がりますので、要するに、魅力的な唇とはきちんと手入れされている唇のことのようです。

日頃のケアでプルプル唇の作る

リップクリームを頻繁に塗っても、カサカサするという方も多いでしょう。唇は皮膚というよりも粘膜に近いデリケートな部分です。

皮脂腺や汗腺がほとんどないので、乾燥や紫外線などの外からの刺激に対して無防備です。そのため少しの刺激でダメージを受けてしまう部分なのです。

では、正しく唇をケアするためにはどうしたら良いのでしょうか。見てゆきましょう。

リップクリームを正しくつける

リップクリームは女性の必須アイテムですよね。

何個も持っているという方も多いと思います。でも、リップクリームを塗っていても、乾燥することってありませんか?

そういう方はもしかしたら、リップクリームを正しく塗れていないのかもしれません。

リップクリームの種類

まず、リップクリームの種類ですが、昼用と夜用に2種類持つのがおすすめです。昼用は、外の紫外線から唇を守るためにUVカットの効果があるものを選びましょう。

夜は保湿メインですので、寝る前に白色ワセリンなど保湿効果の高いものを塗ってから寝ると翌朝起きたとき乾燥でガサガサなんてことにはなりません。

昼間は外気から守って、夜はそれでも受けてしまったダメージを癒すイメージです。

朝用リップクリーム ¥550

 

夜用リップクリーム ¥815

購入はこちら

塗る頻度を見直す

カサカサしているとどうしても何度も塗ってしまいがちですよね。でも、塗りすぎは唇本来の免疫力を損ねてしまう原因になってしまします。1日に3~5回にとどめましょう。

塗り方に気をつける

リップクリームはただ塗れば良い、というわけではありません。効果的な塗り方というものはあります。

まずは、リップクリームを軽くティッシュなどで拭き取って、唇に雑菌が付かないようにしましょう。

そして、塗り方は、横に塗るのではなく、縦に塗りましょう。こうすることで、唇のシワにまできちんと塗ることが出来ます。

リップパックをする

時間がある時は、リップパックをするのも良いでしょう。

市販で売っているものを使っても良いですし、白色ワセリンや蜂蜜を唇に塗ってからサランラップで覆うことで、家にあるもので手軽にリップパックが出来ます。

特に蜂蜜には保湿力と同時に殺菌効果もあるので、おすすめです。

リップパック ¥620

購入はこちら

リップスクラブをする

最近ではドラッグストアでもリップスクラブが手頃な値段で買えます。

週1回のお手入れに取り入れると、余計な角質が取れてくすみがなくなるので赤ちゃんのような唇になれますよ。

また、蜂蜜に同量の砂糖を加えて自分でもシュガースクラブを作ることも出来ます。

リップスクラブ ¥814

購入はこちら

リップエステに行く

リップエステも最近人気のようです。近年では、専門のエステサロンではなく、歯医者でもやっているところが増えているそうです。

値段も2000~3000円くらいで受けられるので、定期検診などで歯医者さんに行った時は一緒にやってみて貰うのも良いかもしれませんね。プロの技術を味わってみましょう。

唇のターンオーバーは3~4日と言われています。ダメージを受けてもすぐに回復できるチャンスがあると思うとやる気にもなりますよね。

ただし、油断しているとダメージが積み重なって、ターンオーバーの周期が長くなってしまうので注意です。

メイクでプルプル唇の作る

今までは唇のケアの仕方をご紹介してきましたが、メイクはどうしたら良いでしょうか。

せっかくプルプルの唇を手に入れても、メイクで台無しになってしまったらもったいない!そこで、今度は男性の好きな唇の色を見てみましょう。

男性が好きなリップの色は?

2015年に男性2775名に好きな唇の色に関してアンケートを取った結果があります。

出典元:(マイナビニュース https://news.mynavi.jp/article/20150901-a123/より)

これを見ると、全世代の男性の大部分がピンク、ベージュに好感を持っていることが分かります。

つまり、赤やボルドーなどの濃い色ではなく、ナチュラルな色が好まれるようです。

男性は女性の服装に対しても、奇抜さではなくナチュラルさを求めることが多いですから、この結果は当然と言って良いかもしれません。

最近ではブラウンも流行していますし、濃い色のリップが好きな女性も少なくないと思いますが、ここぞと言う時はピンクやベージュのリップを付けてみてはいかがでしょうか。

おすすめのリップ ¥3139

購入はこちら

男性が好きな唇の形は?

男性が好きな唇の芸能人といえば石原さとみさんが有名です。男性は薄い唇よりも厚みのあるぽってりとした唇に惹かれるというアンケート結果もあります。

出典元:(マイナビウーマン https://woman.mynavi.jp/article/190701-17/3/より)

でも元々唇の薄い方もいますよね。そういう方も諦めることはありません。メイクでぽってりとした唇に見せることは出来ます。

美しい唇を手に入れるメイクのコツ

ではどうしたら良いのか、メイクのコツをご紹介します。

(1)リップラインはオーバーにしすぎない

薄い唇の方が唇を厚く見せようとすると、どうしてもリップラインを大きく書いてしまいがちですが、これでは不自然に見えてしまいます。

そこで、上唇の山の部分にはあえてラインを引かず、それ以外のところを少しだけオーバーにリップペンシルで描くのがおすすめです。こうすることで、輪郭に丸みが出て、自然な厚みを演出することが出来ます。

(2)グロスを下唇の中心に入れる

上品なパールやラメの入ったグロスを下唇の中心につけると、唇に質感が出てふっくらして見せることが出来ます。

(3)唇の山の部分にハイライトを入れる

先ほど、上唇の山にリップラインは描かないと言いましたが、その代わりにパールやラメの入ったペンシルで山の部分にハイライトを入れると、立体感を出すことが出来ます。

薄い唇の方は、このようなテクニックを使うことによって唇をふっくらして見せることが出来ます。厚く見せようとするのではなく、立体感や質感を出すことでふっくら見せるようにすることがポイントです。

まとめ

好きな人にキスして貰えるような唇美人になるコツをご紹介しました。

唇美人になる一歩は、日々のケアから!

正しいケアをして、彼が思わずキスしたくなるような魅力的な唇を手に入れましょう。

最新情報をチェックしよう!