【Omiai攻略法】プロフィールの登録方法で成功率が違う!Omiaiで勝ち抜くコツ徹底解説

ここ数年マッチングアプリの普及が目まぐるしく、今や恋活・婚活をしている男女の5人に1人がマッチングアプリを利用して相手探しをしています。

20代から30代がコアユーザーではあるものの、実際には40代、50代の方も多く利用しており、普段の生活では出会い辛い別世代の方とフラットに出会えるのがその魅力です。

また、最近ではプロフィール項目に「結婚歴」や「子供の有無」があるのは当たり前。遊び目的の若い男女が利用するものというイメージが強いマッチングアプリですが、真剣に婚活をしている方も少なくありません。

今回は数あるマッチングアプリの中でも、累計400万人以上の登録者数を誇る「Omiai」攻略方法を伝授していきます。

マッチングアプリ「Omiai」とは

国内で普及しているマッチングアプリは主に15個。その中でも常にトップ3に食い込んでいる、老舗中の老舗である「Omiai」!

その登録者数は、なんと累計400万人以上!20代~30代の男女がメインで利用している、定番のマッチングアプリです。

Facebook連携で知り合い回避!

マッチングアプリを利用しようと思う時、特に心配なのが「知り合いに見つかるのでは」という事だと思います。最近はFacebookとの連携機能がありFacebookで友達登録をしているユーザーには表示されないようになっています。

また、Omiaiでは同性のユーザーのプラットフォームには表示されないので、知り合いの女性に見つかる心配はほぼ皆無なんです。

プロフィール項目の回答率が展開を左右する!?

シンプルなプロフィール項目

マッチングアプリでは、プロフィールの段階でいかに自分をアピールできるかが重要なポイント。

興味関心の項目が無数に存在するアプリが多い中、「Omiai」のプロフィールは項目が非常に少ないのが特徴です。ひとつひとつの内容を充実させるだけで、マッチング率がアップします!

回答率の高さ=安心感を相手に与える

シンプルで項目が少ないプロフィールですので、ひとつひとつの内容を充実させる事はもちろんですが、回答率をあげる事でマッチング率がアップします。

逆の立場だとしても、未回答の項目が多いと不安になりますよね。回答率を100%にして、相手に安心感を与えましょう。

自己紹介文は「狙う層」を明確に

自己紹介文をは長すぎず短すぎず、「どんな相手を求めているか」を明確にすると出会い率がぐんとアップします。

例えば「長女気質で友達も年下が多いので、年下の男性と一緒にいると安心感があります」などと書いてみると、甘えたがりの年下男性の目を引くことでしょう。

あまりだらだらと書きすぎず、要点をまとめ、ご自身の雰囲気が伝わるような文章を心がけてみてください。

デメリットもアピールポイントになる

過去に離婚歴が合ったり、お子さんがいらっしゃる方でも、真剣に相手を探しているのであれば最初からオープンにしてしまいましょう。

プロフィール項目にも離婚歴等の項目がありますが、それだけだと冷たい印象になりがち。できれば自己紹介文の中に、その旨を書いて自分の思いも一緒に相手に伝えてしまいましょう。

引け目を感じて隠してしまうと、後々言い出すのが怖くなってしまったり、相手を裏切ることにもなりかねません。

最近ではバツイチ女性の需要が急増しているというデータや、お子さん好きの男性が増えているというデータもありますので、最初からアピールすてしまうことで理想の相手に一歩近づける筈です。

登録はこちら

プロフィール写真は撮りおろしがおすすめ!

前述した通り、Omiaiはシンプルなプロフィール項目ですので、ひとつひとつの項目に丁寧に対応するのが良い出会いをGETできる秘訣です。

特にプロフィール写真は、アプリ上でのあなたの「顔」です。マッチングが成立しにくい理由の99%が「写真が悪いから」だというデータもあります。

カメラロールから適当に選んだり、顔出しが嫌だからと風景や動物の写真にしたりせず、「Omiai用に撮りおろした」顔写真を利用して、マッチング率をあげましょう!

第一印象は「写真」

マッチングアプリは出会いを求めている異性がごまんといて、今や遅しと運命の相手を待ち構えています。良い出会いを求めているからこそ、相手の事はなるべく知っておきたい。

そのためにはプロフィールをしっかりと読んでもらう事が必要です。ですが、第一印象が良くないと、折角一生懸命書いたプロフィールも読んでもらえずに終わってしまいます。

アプリでも合コンでも第一印象が肝心!プロフィールの写真はこだわって、あなたの雰囲気や良さが伝わる写真を撮影しましょう。

顔がはっきりと映っているアップ画像を用意しよう

遠目で顔がはっきりと分かからなかったり、ごちゃごちゃとしていて、どれがご本人か分からないような写真では、相手の画面に表示されてもスルーされてしまう確率が高いのが現実。

少し面倒かもしれませんが、セルフィーを利用したり、友達に協力を仰いで、バストアップで顔がはっきりと映っている写真を用意しましょう。

また、過度な写真加工はNG!マッチングした後実際に会う約束をした時に幻滅されたりしないように、なるべくナチュラルな加工にしましょう。

深掘りたくなるプロフィール写真

CMや広告などで「続きはwebで」というアピールが多くあるように、マッチングアプリでも素顔が気になるような写真や自己紹介文を作るのは非常に効果的。

特に男性の場合、探究心が旺盛な性分ですので、一気に全部曝け出してしまうより、多少ミステリアスな雰囲気の方が次に繋がりやすいです。

具体例としては、あえて眼鏡をかけたままの写真をプロフィールに設定してみるのも良いかもしれません。眼鏡女子が好きな男性にアピールできるだけでなく、「眼鏡をとったらどんな顔なのかな」という興味を引くこともできます。

また、実際に会う約束をした時には、コンタクトレンズを着用していくだけで「プロフィール写真との違い」が分かりづらくなるのもメリットです。

登録はこちら

待ってるだけなんて勿体無い!「いいね」を押しまくろう!

ここまで準備したら、あとは相手からアピールしてくれるのを寝て待っていればOK!なんてことを言わず、こちらからもアピールしてみましょう。

特に男性ユーザーは、一日に送れるメッセージや「いいね」の数に制限がある場合がありますので、こちらからどんどんアピールすることで、マッチング率がぐんと上がります!

まずは「写真だけ見て」直感でいいねを送りまくる

写真を見て、プロフィールを読み込んで、いいかな?どんな人かな?と熟考するのもいいですが、おすすめは「写真だけ見て直感でいいねを押しまくる」こと。初回の接触率を上げれば、マッチングの数が上がるのは当たり前。とにかく押して押して押しまくるのが秘訣です。

プロフィールを見るのは相手からメッセージが来てからでOK

こちらから「いいね」を押して、相手がいいと思えば「いいね」の返事がきます。更に、お相手が貴方の事を気に入ってくれれば、メッセージを送ってくれる筈です。

ここで初めて相手のプロフィールを見てみましょう。プロフィールを見て違うなと思えば、レスをしなくてもOK。一日に何通ものやり取りをするのが普通の世界ですので、マッチングした後にレスが来なくても気にする人は殆どいません。

プロフィールを見て気に入ったら返信の際に「写真を見ていいねを送った」という事をバラしてみるのも良い方法。見た目を褒められて嫌な気持ちになる人はいませんので、緊張や警戒心が外れて会話が弾むきっかけになります。

メッセージのやり取りや、直接会った時の注意点

直ぐにおうといってきたり、やたらと下ネタを送ってきたり、また「業者っぽい」というメッセージが来ることも往々にしてある世界であることが現実。

ちょっとでも違和感を感じたり、怖いと思ったら直ぐにブロックしましょう。連絡先の交換や、直接会う約束も、相手に流されず慎重に。実際に会う事になった後も警戒心を緩めてはいけません。

身の危険を感じたり、「この人はちょっと違うかな」と思ったら、恐れずにNOと言って逃げても、誰もあなたを責めません。結局最後に自分を守れるのは自分だけ。そのことを忘れずに行動してください!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

前述した通り、今や5人に1人がアプリを利用して相手探しをしている時代ですので、有効活用して良い出会いに結び付けましょう!

きっと理想の相手が見つかるはずです。

最新情報をチェックしよう!