女社会の掟とは?白衣の天使は嘘!?現役看護師が遭遇した怖い看護師との実体験

モテる職業ランキング1位の看護師。正直に言って合コンで看護師というと男性からのウケは抜群にいいです。男性はよく、看護師は「白衣の天使だ」と言いますよね。

ただ、現実に白衣の天使はいません!!ここでは、私が看護師をしていて遭遇した悪魔の看護師との実体験をご紹介し、なぜ白衣の天使がいないのか解説いたします。

「まさか、そんなことない!」と信じていない、あなた。是非この記事を最後まで読んで見てください。

新人サンドバッグ

病院で一番の弱者は誰だと思いますか?そう。新人看護師です。

知識も技術も少ないため、先輩から指導して頂く日々でした。毎日叱られてました(笑)ですが、中には強烈な八つ当たりをしてくる先輩も。

忙しい病棟だったので、業務がいっぱいいっぱい。すると、先輩のストレスも最高潮になるんですね。その発散はどこか?新人看護師です。「本当に今年の新人使えない」「バカなの?」「私○○さんと一緒の勤務嫌」など愚痴合戦。

ある日、新人全員ナースステーションにいなくて、私だけ先にナースステーション到着。しかし、なにやらナースステーションに近づくにつれて、新人の悪口が耳に入ってきました。

「ああ、私たち新人のこと言われているな」と思って気にせず入りました。しかし、普段優しい指導者さんも一緒になって言っていました。もう、これはトラウマですね。誰が味方か分からなくなった瞬間でした。

ただ、何年も看護師をしていて思うのですが、厳しい時代を生き抜いたからこそ、それを下の子にも同じ理不尽さを味合わすのか、優しくなるのかは真っ二つに分かれます。

もし、気になる女性や付き合っている女性が看護師だとしたら「新人の子はどんな感じ?」と聞いてみてください。「使えない。」「とろい」など新人ディスがあったらその女性はやばいかも!?

夜勤で怖いのは幽霊より・・・?

ある日、私は先輩Bさんと一緒の夜勤に入りました。Bさんは日勤のときは患者やスタッフにとても優しく、どんなに忙しくても常に笑顔で「大丈夫?」など声をかけてくれるような先輩です。

シフト表が出てBさんとペアになると分かったとき、とても嬉しかったのですが、私の横にいた先輩が「Bさんと一緒なの?気を付けてね」と言いました。

最初は「何を気を付けるんだ??」と特に気にもしませんでしたが、夜勤になった瞬間わかりました。

夜勤の時「Bさんよろしくお願いします」といっても無視。その後も話しかけても会話することは少なく、私は空気みたいでした。

そのあと、私は仮眠に入ったのですが、仮眠から出るとなにやら大声で叫ぶ声が。近づいてみると「ふっざけんじゃねえぞ」とカルテに向かって暴言を吐く姿が。

思わず「休憩ありがとうございました!」と大声を出して近づくと、そのまま仮眠へBさんは入っていきました。

あの時のBさんは本当にBさんだったのか?そう思うくらいに不思議に思い、先輩に尋ねました。すると、「Bさん夜勤に入ると人が変わるよね。みんなの前ではいい人だけど、人数が少なくなるとそうなるみたい」と。

そう。Bさんは日勤と夜勤で性格がコロッと変わる看護師だったのです。しかし、夜勤でコロッと変わるのは、同期か後輩の前だけだそうです。

Bさんと夜勤に入るのはそれからとても怖かったです。にしても、日勤と夜勤で人格違いすぎてホラーでした。

医師を巡って恋のトライアングル

これは先輩から代々受け継がれている話です。同じ病棟にC先輩とD先輩がいました。2人は他のスタッフにはきつめの性格で、要注意人物の2人でした。

ただ、他のスタッフからは一定の距離を置かれていたのですが、2人は性格が合うようで仲良しでした。

しかし、ある日を境にC先輩とD先輩が全く話すことがなくなりました。しかもお互いの悪口を言い合っていたのです。ある日に何があったのか。

実はその日C先輩が「Dちゃん、報告。昨日○○先生と付き合うことになったの!」とD先輩へ報告。

するとD先輩「え!私1週間前から○○先生と付き合っているよ!」と。なんとお互い付き合っている先生が同じだったのです。先生もどうかと思いますが。(笑)

しかし、C先輩もD先輩も一歩も譲りません。なぜなら2人とも早く結婚したいからです。2人と勤務が被ると空気が重かったそうです。

そして、2人とも以前から他スタッフへきつく当たっていたため2人とも孤立し、立場が弱くなったとか。やはり、同じ病院で恋愛するべきではないですね。

何があるか分からないので。よく、女の友情はハムより薄いと言いますが、男関係が絡むと特に女の仲良しは崩れやすいと思いました。

どこの派閥に入るかで運命が決まる

学生時代にも女子社会には派閥がありましたか?なんと、看護師の世界も派閥があるのです。

病棟では2グループに分かれていました。ボスは何十年も看護師しているお局EさんとFさん。入職して少し経ったときに、グループのボスであるE先輩に「よろしくね。仲良くしましょう」と言われました。「よろしくお願いします」とあいさつし、その日から可愛がられました。

しかし、ある日別グループのボスFさんに「E先輩と仲良くしてるの?」と聞かれ「いろいろ教えてもらってます」というと「ふーん」と言ってどこかに行かれました。その日からボスFさんから冷たい扱いを受けるのです。

しかも、FさんだけでなくFさんの取り巻きからもでした。どうやら派閥があることを他の先輩から聞いて大焦りです(笑)Fさんが異動するまで冷遇は続きました。先にEさんが異動してたらと思うとゾッとします(笑)

いつまで経っても女子のコミュニティにいる限りはボスが存在して、派閥に入るものなのですかね。できることならば中立でいたいですね。

まとめ

看護師は責任感の強く、忙しい職業であり、働くにあたり強くならざる負えないため天使→悪魔になる人もいます

しかし、もともと強すぎる人も多い気がしますね。看護師は男性から人気が高いですが、選ぶときには要注意ですよ。見極めて付き合ってくださいね。ごく稀に天使もいるので。

最新情報をチェックしよう!